第四十五回 日本の歴史文化研究会 「元新聞記者が見た、偏向報道の実態と“ジャーナリスト”の偏狭な使命感」

6月19日
第四十五回 日本の歴史文化研究会
「元新聞記者が見た、偏向報道の実態と“ジャーナリスト”の偏狭な使命感」

主催「平成・美しい日本を護る会」
共催「my日本」
共催「日本教育再生兵庫」

定員になり次第、締め切らさせていただきます。
お早目のお申し込みを。

日本の最大の問題点は何でしょうか。
大東亜戦争敗戦により、歴史を奪われてしまったことにあります。
GHQがでっち上げたアメリカにとって都合のいい歴史が日本に押し付けられました。
国民を洗脳する先兵の役割を果たしたのがマスコミです。
今回は元新聞記者の足立早恵子さんに内側から見たマスコミの実態を語って頂きます。

平成28年6月19日(日)
第四十五回 日本の歴史文化研究会
「元新聞記者が見た、偏向報道の実態と“ジャーナリスト”の偏狭な使命感」
受付14:30 講演会 14:30-17:50
キャンパスプラザ京都 第3演習室
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto
〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町下る
(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側)
TEL 075-353-9111 FAX 075-353-9121
会費 500円(会場室料)

内容
第一部 講演
「元新聞記者が見た、偏向報道の実態と“ジャーナリスト”の偏狭な使命感」
中小企業診断士 足立 早恵子
第二部 フリートーク
質疑応答を含むフリートーク

懇親会 18:30-20:30
和風居酒屋 いろはかるた 京都駅前店
http://r.gnavi.co.jp/k844403/
〒600-8216 京都府京都市下京区塩小路通室町東入ル東塩小路579-16 法華クラブ 京都ホテル内1F
JR京都駅 徒歩3分
TEL 075-365-8881
会費 4,000円 + α

万象繰り合わせの上、是非ご参加ください。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/06/19 06:00
コメント:

管理者のみに表示