本音を吐いた共産党

2806101_convert_20160610134923.jpeg
連日、中共の軍艦が我が国の領海に侵犯しております。選挙中だからと言って好き勝手にやっているにすぎません。
我が国がいい加減黙っているとでも思っているのでしょうか?
国際社会から孤立しつつある中共には自制を求めたいものです。

さて、そのような状態であるにも関わらず自衛隊の予算を人殺し予算とかいう党があります。
「防衛費は人を殺す予算」 共産・藤野政策委員長がNHKで 他党議員は発言取り消しを勧めたが…
 共産党の藤野保史政策委員長は26日出演したNHK番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。
 これに対し、自民党の稲田朋美政調会長は「それは言い過ぎだ。(防衛費は)日本を守るためだ」と即座に反論。公明党の石田祝稔、おおさか維新の会の下地幹郎両政調会長は「人を殺すための予算」の取り消しや訂正を勧めた。
 日本のこころを大切にする党の和田政宗政調会長も「政治家の発言としてまずい。国民の命を守るために国防がある」とたしなめたが、藤野氏が番組中に応じることはなかった。

これが共産党の正体ですね。共産党は自衛隊をなくして戦争をしたがっているとしか思えません。
中共が進行しているさなかにこのような発言をする政治家が我が国にいる、この事実が情けなくて悔しいです。
共産党の志位委員長はこんなことを話したこともあります。
 「自衛隊が憲法違反なのは明瞭だ。(中略)急迫不正の主権侵害、大規模災害など、必要に迫られた場合には、自衛隊を活用するということは当然だ」
 「今問われているのは、自衛隊をなくすかどうかじゃない。自衛隊を海外の戦争に出していいかどうか」

自衛隊員の身を安全にすることを考えずに違憲状態のまま使いたい時だけ利用するという腐った考えです。
これが共産党の本心であり、そのような人間たちと手を結ぼうとしているのが民進党なのです。
このような人間達に政権を任せてよいのでしょうか?
このテレビ討論の際には自民党が反論、創価学会、大阪維新の会が取り消しを求め、日本党が窘めましたが、共産党はその場において応じることがありませんでした。
そんなんが共産党です。こんな政党は当選させてはならないと思います。

そのような人を人として見ない対応を取り続けている共産党に対して安倍総理はこのような反論をしています。
安倍首相「とんでもない侮辱だ」 共産の防衛費は「人殺しの予算」発言に
 安倍晋三首相は26日午後、長野県茅野市のJR茅野駅前で演説し、共産党の藤野保史政策委員長が同日のNHK番組で防衛費に関して「人を殺すための予算」と発言したことについて、「とんでもない侮辱ではないか」と強く非難した。
 また、志位和夫委員長らが、自衛隊を憲法違反とし、将来的な解消を主張していることについて「こんなことが通るわけはない。あまりにも無責任、失礼な発言だ。この共産党と民進党は、まさに一体となってこの選挙区でも戦いを進めている」と批判した。

怒るのも無理ありません。国を守るために軍隊は命を懸けて働いているのです。
その防人を侮辱することは許されません。自衛隊はこのような侮辱をしてくる人間すら守り続けます。個人的なことを言えばそんな人を守る必要はないと思っていますが、守るのです。
東日本大震災の折、多賀駐屯地では震災発生直後から緊急出動のために準備していたそうです。
日本の最後の砦『自衛隊』
彼らの名誉を私たち国民が守らなければなりません。
私たちの命を守ってくださっている自衛隊に対して応援していきましょう。

(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/07/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示