侵略を開始した中共

11150680_482252411926805_6890056548508297088_n.jpg
この写真は沖縄県石垣市尖閣諸島に中共の船が押しかけてきたり、オナガが県民に内緒でちんけな竜柱を作ったことに対する怒りの声を伝えているところです。
青空に日の丸、きれいなものです。
その沖縄への侵略の野望を隠さなくなった中共はどんどん押しかけてくることでしょう。
本日は参議院選挙の投票日です。政府が選挙態勢になっている今、中共が侵略を開始するとの情報が出てきております。

先日はスクランブルで発進した自衛隊機に対して中共の戦闘機がミサイルを発射し、自衛隊機がフレアを出してミサイルを回避したという話が出てきました。
一線超えた中国軍機 尖閣、東シナ海上空の緊張高まる ネットで発表の元空将、改めて警鐘 政府関係者は「前例のない接近だった」と吐露 
 東シナ海の軍事的緊張が、海上のみならず上空でも高まっている。中国軍の戦闘機が今月17日など複数回にわたり、航空自衛隊機に対し、これまでにない攻撃動作を仕掛けたことが判明。政府関係者は29日、「あれだけの距離に接近したのは前例がない」と指摘した。インターネットのニュースサイトで同空域の危険な実態を明らかにした元空自航空支援集団司令官、織田(おりた)邦男元空将は「現場の緊張感は計り知れなかったはずだ」と警鐘を鳴らす。(石鍋圭)
 6月中旬、空自機が那覇空港から緊急発進(スクランブル)した。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の公海上空に中国機が接近したためだ。
 空自と中国空軍の間には「北緯××度」という暗黙の了解がある。従来、中国機はそのラインまで来るときびすを返すように北上し、空自機と遭遇することはなかった。しかし今回、中国機はその一線を初めて越えてきた。
 政府関係者は「珍しい事例」としか説明しないが、実際は現場空域でかつてない緊迫した攻防が繰り広げられていた。
 スクランブルをかけた空自機は中国機の周囲を大きく回り込み、後方から真横につけるポジショニングを試みた。中国機パイロットの顔が見える位置から信号射撃などを行い、退去を呼びかけるためだ。
 しかし、中国機は想定外の行動に出る。大きく回り込もうとする空自機に対し機首を向け、正面から向き合う体勢をとったのだ。織田氏は「これはいつでもミサイルを撃てる戦闘態勢で、事実上の攻撃動作といえる」と指摘する。
 中国機の挑発的行動はなおも続いた。空自機は不測の事態を避けるため同空域からの離脱を図ったが、中国機はこれを追尾。空自機は敵機のレーダー誘導ミサイルなどを撹(かく)乱(らん)する装置を噴射しながら危機を脱した。織田氏によると、こうした事案は6月に入って複数回発生しているという。
 同じ時期、海上では中国軍艦が尖閣周辺の接続水域や口永良部島(鹿児島県)周辺の領海などに相次いで侵入している。

 織田氏はニュースサイトの記事で、中国側の狙いについて次のように分析している。
 「いずれは軍艦を尖閣諸島の領海に居座らせ、空自戦闘機を駆逐して中国戦闘機を自由に領空にとどまらせることにより、実効支配を完結させたいと機会をうかがっていた。今回、その第一歩を踏み出す絶好のチャンスが到来したと判断したのでは」
 東シナ海上空で展開される一触即発の事態を明かした織田氏の記事について、日本政府は表向き否定的な立場をとっている。萩生田光一官房副長官は29日の記者会見で、「17日に中国軍用機が南下し、自衛隊機がスクランブル発進をしたことは事実」とした上で「攻撃動作やミサイル攻撃を受けたというような事実はない」と説明した。
 また、記事に関し「現役(自衛官)の応援の意味も含めての発信だと思うが、国際社会に与える影響も大きい。内容については個人的には遺憾だ」と述べた。
 駐日中国大使館の薛剣(せつけん)・代理報道官も同日の記者会見で、「内容は事実無根だ」と述べた。
 これに対し織田氏は、産経新聞の取材に対し「日本政府に情報はあがっているはずだが、事の深刻さを理解していない」と反論した。さらに、「現場が脅威と感じている事案は即刻公表し、再発防止に向けて毅(き)然(ぜん)とした態度をとるべきだ。そうでなければ、中国軍の活動の既成事実化は止められない」と訴えた。

これは日本政府の事なかれ主義が悪いほうに影響しています。
攻撃されたのは事実でしょう、そして自衛隊機は撃墜する義務がありましたが、政府に止められたということでしょう。
外務省やらには中共の声を代弁する人間が多数います。そのような馬鹿を排除しきれない政府に問題があり、これまでそれを見逃していた歴代の政府に問題があり、そして日本の敵を排除できない日本社会に問題があります。
おそらく中共の戦闘機を撃墜すればマスゴミが騒ぎます。国民に犠牲が出ても殺戮者を糾弾しないで政府の対応に問題があると偏向報道する放送局しかありません。以前NHKに苦情を出したら
独自の見解で報道しているとの回答が来ました。
私は中共が侵略しに来ている事実を流さない理由を教えてほしいと質問しただけです。日本人の知る権利をNHKはなんと心得ているのでしょうか?
いい加減な報道しかしないNHKは公共放送の資格がありません。

政府の対応の不備から世界中に中共の悪事を拡散するタイミングを失いました。
それに託けて中共はこんな子供のような言い訳を言い出しています。
中国「自衛隊機が挑発」と反論 攻撃動作記事めぐり 「フレア使って逃げた」とも
 【北京=西見由章】東シナ海上空で中国軍機が航空自衛隊機に前例のない攻撃動作を仕掛けたとされる問題で、中国国防省は4日、記者の質問に答える形で「空自機が中国軍機に高速で接近して挑発し、レーダーを照射した」と反論する声明を発表した。
 中国国防省によると、6月17日に中国軍のSU30戦闘機2機が「東シナ海の(中国の)防空識別圏を通常通り」巡航していた際、空自のF15戦闘機2機が高速で近づき、レーダーを照射。中国軍機が対応したところ空自機はミサイルなどを攪乱(かくらん)する「フレア」を噴射して逃げたとしている。
 国防省は「空自機の挑発的な行動は空中でのアクシデントを引き起こし、双方の人員に危険をもたらし、地域の安定と平和を破壊する」と主張。不測の事態を回避するための日中の「海上連絡メカニズム」の運用開始に向け、日本側に挑発をやめるよう要求した。
 中国軍機をめぐっては6月28日、織田邦男元空将がインターネット上で、空自機に「攻撃動作を仕掛けた」と指摘。萩生田光一官房副長官は空自機が緊急発進(スクランブル)した事実は認める一方、中国軍機の攻撃動作については否定していた。

中共が攻撃してきた事実を隠ぺいすることは国益を害します。
中共が戦争を吹っかけてきているのにそれを見ないふりをしても仕方がありません。
戦争は自分から行うものではなく、敵が侵略してくるのです。その侵略を見なかったことにすれば戦争がなくなるわけではありません。そのことを自称知識人たちは判っていないのでしょうか?
このようなちゃちな言い訳で自衛隊の人々を悪と断じてよいのでしょうか?
決して良くはありません。自衛隊の方々は身を投じて国を守ってくださっている方々です。
それを安全なところから口出しして言い訳がありません。政府の大失態は今後も尾を引くことでしょう。

それはオナガにも同じことが言えます。今回の中共の侵略について一切の口をつぐむオナガ、もはや県民の命を守る自覚がないとしか思えません。失態の続くオナガ、県民大会と称したかった大会を身内からばらされていたりします。
一部転載します。
安保破棄中央実行委員会と全国革新懇、沖縄県統一連、沖縄革新懇は6月18日、同市で、全国から県民大会に参加する人たちを交えて「沖縄連帯学習交流集会」を開きました。
 全国革新懇代表世話人の牧野富夫日本大学名誉教授は「基地がある限り事件が起きるのは必然。オール日本のたたかいで基地をなくす、安保を廃棄する運動につなげましょう」と呼びかけました。

左翼の全国大会という認識は間違っていませんでしたね。
これでもまだ県民大会というつもりなのでしょうか?自称三万人でしたっけ?参加者は警察は大会会場の周りの人も数えたらしいので、実質は一万ちょいから二万弱とも言われています。
その事実をマスコミ関係者は隠します。これが左翼の実態です。
オナガもその左翼の全国大会に参加し、県民を脅かす中共の侵略について口を閉ざしています。

自衛隊の戦闘機が消息不明になった事件がありました。この犠牲についての報道はほとんどされていません。
ジャーナリストの西村さんが一年前にこのように話しております。
中国に一言も抗議もしない翁長雄志沖縄県知事【西村幸祐】
航空自衛隊の戦闘機が訓練中、行方不明に
 三月十五日に防衛省統合幕僚監部は、日本領空に接近した軍用機などに対する航空自衛隊機の緊急発進が平成二十六年度、何と九百四十三回だったと発表した。一日に平均約二・六回になる。これは、冷戦時代の昭和五十九年度に記録した過去最多(九百四十四回)に匹敵する回数で、国別の統計を取り始めた平成十三年度以降、シナ軍機に対するスクランブルは過去最多を更新した。
 ちょうど前日に那覇基地でスクランブル訓練を報道陣に公開していた時、防空識別圏に国籍不明機の侵入があり、訓練ではない本物のスクランブルを報道陣は目の当たりにした。それだけ領空侵犯の可能性が頻繁に起きているのは、何よりも今回発表されたデータが物語っている。つまり、日本がシナとの冷戦時代に突入したということである。
 四年前の平成二十三年七月五日、東シナ海で訓練中の航空自衛隊那覇基地所属のF15J戦闘機が訓練中に行方不明になった。那覇の北西約百八十キロの東シナ海上空で墜落したのである。操縦していたのは、川久保裕二三等空佐(空軍少佐)で、飛行時間一千七百時間の熟練パイロットで編隊長だった。

事故直後に沖縄県職員が
 当時の報道によれば、川久保機から訓練中止を伝える連絡があり、別のF15Jが緊急事態発生を伝えている。遭難信号は出していたが、緊急脱出した形跡はなかった。懸命の捜索で尾翼の一部が回収されたが、機体と川久保少佐の遺体は確認できないままである。
 当時、航空自衛隊は、沖縄方面の防衛を担当する南西航空団の主力機で、もはや完全に旧式になったF4をF15Jへ切り替えていた。少ない予算と限られた時間を何とかやり繰りするなかで、わが空軍の戦闘機は度重なるスクランブルの激務を遂行し、さらに、激しい戦闘訓練を行っているのである。
 川久保少佐の不運な事故の一因に、そのような空自に降りかかる艱難辛苦(かんなんしんく)があったと想像に難くない。川久保少佐はこの日、二機ずつ四機で訓練に赴き、9Gもの重力が掛かる宇宙飛行士並みの苛酷さのなかで戦闘訓練を行っていた。
 しかも、東日本大震災の四カ月後であり、菅直人首相(当時)が自衛隊員の約半数にあたる十万人を震災救助に動員していた。そのしわ寄せも大変だったが、震災救援により抑止力が著しく低下しても、彼らの厳しい訓練が辛うじて力の均衡を保っていたのである。
 そんな状況下にもかかわらず、事故直後に沖縄県職員が、航空機事故は一歩間違えば、県民の生命、財産にかかわる重大な事故に繋がりかねない、墜落という重大な事故が発生したことはまことに遺憾で、事故が再発しないよう徹底した原因究明と、県に結果を提供するよう求めたという話が伝わっている。さらに、翁長雄志那覇市長(当時、現知事)や宜保晴毅豊見城市長が那覇基地を訪れ、川久保少佐の安否を気遣うどころか、F15の飛行の安全を確保しろと抗議したのである。

翁長氏の政治音痴ぶり
 四年後に沖縄県知事になった翁長氏は河野洋平氏とシナを訪れ、三月十四日に李克強首相と会談した。
 福建省と沖縄との歴史的繋がりに触れ、「琉球王国はアジアの懸け橋となった」と説明、福建省の自由貿易経済試験特区と連携する沖縄の経済特区設立への熱意を語り、交流促進や那覇市と福州市の定期便も願っていると話している。しかし、中国共産党の尖閣への侵略意図や度重なる領空・領海侵犯への抗議は一言もなかった。
 四年前の川久保少佐の墜落事故の時、那覇基地に抗議した翁長氏は、このように自分が誰に守られているかも解らない政治音痴で、ほとんどのメディアも同罪である。
 私が主宰する勉強会に参加する空自某佐官は川久保少佐を指導した経験があり、いまでも七月になれば川久保少佐の快活な人柄と笑顔を思い出し、涙がこぼれるという。

何度も事故を起こしている韓国のアシアナ航空
 航空機事故といえば、三月十五日に広島空港で着陸に失敗したアシアナ航空機が、あわや大惨事の事故を起こした。しかし、アシアナ航空が韓国の航空会社でこれまで何度も事故を起こし、二年前にはサンフランシスコでパイロットの操縦ミスにより、着陸に失敗して多くの死傷者を出したことはあまり報じられない。当時は韓国側が空港の管制ミスのせいにしたが、今回はテレ朝の報ステや朝日新聞が空港や日本の航空行政や天候のせいにしている。

唖然とするしかありません。
国防によって国民が安全になるよりも一部の人間が栄えることを優先しているとしか思えません。
そのような人間は日本には必要ありません。

先日の侵略について報道できない放送期間は公共放送ではありません。
きちんとした情報を求めていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2016/07/10 06:00
コメント:
No title
これはどうなんでしょうかね?

https://twitter.com/i/web/status/817160861861064704
>天下の読売様が断定で書いてるんだから「ドッグファイト」が有ったのは間違い無さそうだ。
>しかし、自衛隊も一方的にやられっぱしで無かったのだなw<3対5
Re: No title
怪しすぎてわからないですね。

管理者のみに表示