自民党東京都議連 旧自民党の闇

CnLiyADVYAQVKlA.jpg
東京都知事選挙、自民党が推薦した舛添が最悪な都政を行い辞任した結果、新しい知事を選ばなければなりません。
その為に野党は統一候補として鳥越を選んだようです。
昭和15年生まれで、終戦時20歳だったそうでして戦争反対の急先鋒のようです。
計算が合いませんが丁度その時『日米新安保条約調印』だったと思いますので安保闘争が鳥越のいう戦争だったのかもしれません。
どちらにせよ日本憎しの考えに染まった人物のようです。
その結果、共産党や民進党に圧力をかけられ光市母子殺害事件の代表弁護士であり、反日日弁連の元会長である宇都宮は立候補を取りやめたようです。

自民党の小池氏も立候補を行うようですが、東京都自民党都議連はこれを拒否、増田とかいう実績がほとんどなく韓国よりの人間を公認候補にするとの話になったそうです。
これにはびっくりですね。しかも北朝鮮のように親族一同公認候補に投票を強制するという暴挙にまで出ています。
共産党の事を笑えませんね。
自民都連、小池氏応援なら除名対象 
 東京都知事選に元総務相の増田寛也氏(64)を擁立した自民党東京都連は12日までに、党が推薦していない候補者を応援した場合、「除名などの処分対象になる」との文書を所属する国会議員や地方議員に配布した。議員本人だけでなく親族による応援も禁じる内容。
 元防衛相の小池百合子衆院議員(63)を念頭に、組織を引き締めて分裂選挙の影響を抑える狙いがあるとみられる。
 文書は11日付で「都知事選挙における党紀の保持について」と題され、都連会長の石原伸晃経済再生担当相、幹事長の内田茂都議らの連名。「都知事選は東京五輪・パラリンピックを控えた都政のかじ取り役を決める極めて重要な戦い」とし、
(1)党公認・推薦候補者以外の者の応援
(2)党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為
(3)反対党の候補者の応援-を禁じている

申し訳ないのですが安倍総理は応援しておりますが、石原伸晃や東京の内田とかいうのは応援できません。
このような人間こそ既得権益を守ろうとするダニなのでしょうね。
マスコミはこのことを公にあげるのでしょうか?
非常に気になるところですね。

この件について猪瀬元知事がこのような話をあげております。
いま何が起きているか。メディアが触れない真相について。
都議会のドン内田茂氏について書きました。もう一人のドン森喜朗氏については機会をあらためます。
小泉元首相の「最近は女も度胸がある」との発言の真意が伝えられていないようなので解説しておきたい。小泉元首相は既得権益への斬り込みを小池氏に期待しているのだ。
内田茂自民党都連幹事長は既得権益の権化として都議会に10数年君臨してきた。区長会や自民党都議団幹事長が出馬を要請したりしているが、これは制度的にはどうでもよい組織で、都連幹事長とは違う。都議団幹事長は軽量でいつでも首を差し替えることができる。名称が似ているが非なるもの。内田茂都連幹事長は正式に増田氏に出馬を要請していない。勝ち馬に乗るために慎重に様子を伺っているためだ。同時に増田氏を立てて小池降ろしを画策している。自民党都連会長は石原伸晃だが、会長は帽子で国会議員や都議会議員の公認権は都連幹事長の内田が握っている。
内田は石原慎太郎知事に対しても牙を剥いた。僕が副知事に就任にあたり議会承認が必要だったがラインを渡さない無任所とされた。いわば松下電器の副社長になったら副社長室しかなく事業本部がないと同じ。ラインは役人の副知事が握っていた。そこで僕は課題ごとにプロジェクトチームをつくり優秀な人材をラインから集めて改革に着手した。副知事就任の直後に千代田区に建設が予定されていた参議院議員宿舎を潰した。千代田区基盤の内田は激昂した。そのため僕が都知事に出馬した際、ポスター2万枚が送り返されてきた。貼ってやらないというのである。そこで徳洲会に応援を頼んだが、最後は連合が貼ってくれることになり徳洲会からの借金は使わずに済んだ。ちなみに僕は自民党の「推薦」ではない。舛添氏は「推薦」の傀儡政権だった。
問題はメディアである。都庁記者クラブは社会部で若い記者の通過場所で深堀がない。都庁の人事情報などを入手するため内田詣が慣例となっている。
おそらくメディアはこれから小池氏のあら探しを始めるだろう。内田の思う壺になることもわからずに。

これでは自民党を応援することは出来ませんね。
猪瀬さんの都政は私は好きでしたが辞任に追いやられた理由はただ単なる私怨だったみたいですし、それに乗るマスコミもひどいものですね。

真実の追求を辞めたマスコミにはもはや興味がありませんが、応援している自民党がこんな体たらくではどうしようもありませんね。
まあ、赤池先生の件で自民党の旧体質が相当腐っているのは知っておりましたが、これでは何のために政治をしているのか全く分かりません。
国民のために政治を行えない人間は政治家にならないでいただきたいものです。

今回の都議選、誰を応援したらよいのでしょうね。
じっくりと考えてみたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/07/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示