沖縄県民は先住民ではありません

12046971_416770075184830_258865207917599996_n.jpg
沖縄県の県民に対して戦勝国連合が県民に確認せずに勝手に先住民認定にした記憶は新しいと思います。
先住民という意識を持っているのは反日の共産党シンパくらいで普通に暮らしている人々にはそんな先住民とかいう認識はなく、沖縄県民であるという誇りを持ち合わせています。
その感覚がよくわかる昔話として久松五勇士の話があります。
本当に宮古島の人々に対して大日本帝国が植民地支配をしているのであれば、このようにして命を懸けて伝えることはなかったはずです。しかし、彼らは故郷の使命を果たすため、命がけで連絡しました。
当時、日露戦争中ロシア艦隊を先に見つけることは戦略上非常に重要なことでした。
それを見つけた人々がその情報を届けるために荒波にもまれながらも小舟で石垣島の八重山郵便局へと行く話です。
憎んでいる住民が政府のために命がけで働くのでしょうか?敵対していればそのような情報は伝えません。
琉球王朝の支配は残虐であり、日本政府の廃藩置県によって地元の住民は助かったと考えるほうが自然です。
時々歴史を知らない人が琉球王朝は廃藩置県でなくなったのではなく、琉球処分でなくなったという人がいますが、それは歴史の後付けにすぎません。薩摩藩の特別統治区であった琉球は支那と交易するために王朝を名乗っていたにすぎません。
出島のような特殊な役割を担っていたのです。
その証拠に日本国で黒船を一番最初に発見した情報を江戸幕府に伝えたのは薩摩藩です。
沖縄は薩摩藩の施政下にあったということを忘れてはなりませんね。

さて、このような歴史があるにも関わらず戦勝国連合は馬鹿げたことを平気でのたまいます。
それに対して県民の反論がようやく出てきました。
【沖縄が危ない】国連による「沖縄先住民」勧告の愚 “反基地運動”にほかならない
 沖縄県民が先住民族であることを日本政府に認めるよう求めた国連の勧告を撤回させるため、同県豊見城市の宜保安孝(ぎぼ・やすたか)市議ら県民の派遣団が6月20日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部に乗り込んだ。
 「先住民族」という概念は本来、政府の人権弾圧などに苦しむ少数民族を保護するためにある。それが、沖縄から米軍を追い出すための便利なツールとして悪用されているのだ。沖縄県民が先住民族を名乗るのは、「真の」先住民族に対して失礼だ。
 国連は2008年から14年まで過去4回、沖縄県民は先住民族だという勧告を出した。沖縄対策本部代表で、ジャーナリストの仲村覚氏によると、本土出身者が主要メンバーのNGO(非政府組織)が運動したという。
 県民が先住民族とされることで、土地や資源に対する権利の保護が求められる。米軍の駐留は県民の権利侵害とされる。県民を先住民族に認定させる運動とは、反基地運動にほかならない。
 国連勧告によって、沖縄県民が日本人とは違う人種だと世界的に誤解される恐れもある。これに対し、豊見城市議会と石垣市議会は、勧告の撤回を求める決議を行っている。
 宜保市議は国連人権理事会で2分間の演説を行い、翌21日には国連内でシンポジウムを開いて「沖縄県民は日本人だ」と1日も早い勧告撤回を訴えた。
 シンポジウムの傍聴者には、南米チリ政府の弾圧と戦い、土地回復運動を続けているマプチェ族の男性(67)がいた。「先住民族の概念はマイノリティーを守るためのものであるべきだ。それが政治的なイデオロギーに利用されているとは…」と語った。
 インドやパキスタンの国境付近に住むカシミール人の女性も会場を訪れた。「インドではカシミール人の人権が抑圧され、大勢の人たちが殺害されたり、行方不明になっている。私たちは、人権抑圧をインド政府に抗議することもできない」と、真剣なまなざしで世界が関心を持つよう求めた。
 沖縄では、世界の先住民族のように、県民が政府または米軍に組織的な人権弾圧を受けている事実はない。昨年9月、国連で演説した沖縄県民の我那覇真子(がなは・まさこ)さんは「県民は世界で最高水準の人権を享受している」と指摘した。
 カシミール人の女性に、沖縄県民が先住民族とされている問題をどう思うか聞くと「火のない所に煙を立てようとしているようだ」と批判した。
 人権が保障された日本国民である県民が先住民族扱いされるのは、世界の先住民族問題の解決にもマイナスだ。日本国内の問題だけにとどまらず、世界に迷惑を掛けることになりかねないのだ。
 
先住民でもないのに先住民としての権利を得ようとするのは正直あり得ません。
戦勝国でもないのに戦勝国顔していた国の国民がいましたし、植民地支配を受けてないのに植民地だったと騒ぐ民族と同じ匂いがしますね。
人類平等が大切ですが、それは義務と責任を果たすことから守られるものであって、権利と自由を振りかざして得るものではありません。その感覚がおかしいのではないでしょうか?
私はそのように思います。
左翼は出ていけ!反日活動を行い暴力をふるう活動家は出ていけ!
これが沖縄県民の声のようです。


沖縄は日本国の一部であり、歴史的にも7世紀から日本国の一員です。
その事実を捏造国家中華人民共和国に伝え、沖縄から声を上げていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/07/20 06:00
コメント:

管理者のみに表示