東京都知事選挙 野党統一候補鳥越

d62cdbfb.jpg
こちら鳥越の第一声に集まった国民の様子です。
皆、同じプラカードを掲げております。このプラカードは鳥越陣営が用意したのでしょうか?
それであれば以前問題になった団扇を渡したとして公職選挙法違反に問われた自民党と同じ轍を踏んでいるといわれても伏木ではありません。追求していた共産党陣営は自分たちが問題視していた問題を忘れたのでしょうか?
少し気になるところですね。

さて、鳥越の選挙公約です
鳥越俊太郎氏が都知事選の出馬を正式表明時代の流れを少し変えたい
 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が12日午後2時から記者会見を行い、14日に告示される東京都知事選への出馬を正式に表明した。
 鳥越氏は、野党4党の「統一候補」として立候補する見通しで、「統一候補」には元官僚の古賀茂明氏や今回で3度目の挑戦となる弁護士の宇都宮健児氏も擁立する候補として挙がっていた。

鳥越氏は、毎日新聞社に入社しサンデー毎日編集長を経て、テレビ番組のキャスターを務めた経歴がある。
納税者意識をしっかりと胸に受け止めて仕事をしていきたい

司会:本日はお集まりいただきまして、ありがとうございました。ただ今より、鳥越俊太郎さんの東京都知事選出馬会見を行わせていただきます。本日、司会をさせていただきます、鳥越さんの友人のフリーアナウンサー、柴山延子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。それでは鳥越さん、よろしくお願いいたします。

鳥越:はい。今日はお忙しい中をたくさんお集まりいただきまして、ありがとうございます。それではこれから東京都知事選の出馬に関する私のごあいさつをさせていただきます。
 私、鳥越俊太郎、生まれは九州でございまして、東京都民ではございませんが、ちょっと今でも九州のなまりが消えない東京都民でございます。30年ぐらいは住んでますので一応、東京都民の資格は持っているつもりでございますが、今日はそんなに長い時間はかけませんので、だいたい3つぐらいのことを申し上げたいと思います。
 まず第一にやはり、東京都政は猪瀬さん、舛添さんという2人の知事の時代に、残念ながら政治と金という、よくある話ですけれども、なぜか二代続けてお金の問題で任期を全うすることができなかったという、こういう事態があります。そのことによって東京都政が大変な混乱に陥ったということは皆さんご存じのとおりですけれども、そのことについてやはり私はちゃんと受け止めて、どこに問題があって、私がもし幸いにして皆さんに選んでいただいて、その任に当たることになったときは、何に気を付けなければいけないのか、何を心に留めておかなきゃいけないのかということについて、まずお話をしたいと思います。
 皆さんもご存じのとおり、近代市民社会というのは基本的に何で成り立っているか。これは私たち国民、東京都の場合は東京都民が汗水流して働いて収める税金で成り立っています。税金で東京都、都庁、もしくは東京都議会といった行政府、立法府の役所が運営をされている。そのことをまずしっかりと確認しなきゃいけない。この税金という問題は、日本ではともすれば忘れられがちになってしまう。これは何も金を使う側のお役人(※判別できず)とか、議会の先生方だけではなく、納めたほうも、自分たちが納めたということの意識が希薄になる。その結果として権利の行使である投票率がいまひとつ上がらない。選挙の投票には行かない。つまりこれは税金を納めていることの権利として投票という権利が生じているわけですけども、それをなかなか行使しない人が多い。
 そして、特には舛添さんの場合に典型的に見られるのは、私たちが、私も皆さんもそうだと思いますけどね、相当、都税、区民税って払ってるでしょう。僕も本当に、うわー、こんなに払ってるのかって思いますよ。この都税をね、やっぱり使うときに、舛添さんがね、東京都民が汗水流して働いて納めた税金を使ってるという意識がどっかもう飛んでた。だからこそ外国行くときはファーストクラス。で、スイートルームに泊まるというとんでもない税金の使い方をされてた。こういうことはやっぱり納税者意識と、それから税金で付託を受けているという、その意識がどっか希薄になっている、その結果としてそういうことが起きている。
 だからこれは、よく政治と金という言い方をしますけど、政治と金という問題では言い尽くされない、もっと深く言えば税金をどう使うか。そのことをどれだけ意識してちゃんと仕事で、行政なら行政、立法なら立法の仕事に当たってるかということが問われてるんだと思うんですね。そのことを私はしっかりと。
 私は大学で歴史を学んできた人間として、やはり歴史的に税金、納税、英語で言うとタックスペイヤーということですけども、この納税者意識ということをしっかりと私は胸に受け止めて、もし、これは結果を見ないと分かりませんけれども、そういう場に私が立つことになった場合は、そのことを十分心に留めて仕事をしていきたいなと思います。これはおそらく今後もずっと続いていく問題ですから、大変重大な問題だと思います。

 私は現在、皆さんもご存じのように76歳になります。友人に言わせると76にはとても見えないと言ってもらえますけども、実際の実年齢は76歳です。ということは、残りの人生は、そんなにもうね、何十年もあるわけではないと思っています。残り時間はそんなにあるわけではないと思います。私の残りの人生の何分の1かを使って、もしそういう任務を与えていただける、そういうチャンスを与えていただけたら誠心誠意、力を込めて自分の力を東京都、住んでよし、働いてよし、環境によしという、この3つのよしを持つ東京都のために、私の全力をささげたいというふうに心から思っております。これがまず第1に申し上げることです。

待機児童、少子高齢化、介護などの問題にお金を使い経済の活性化をめざす
 2番目には東京都というのはちょっとした国の、一国の予算規模と同じぐらいの、だいたい今、6兆6000億ぐらいの予算を組んでおります。その中の税収は4兆なにがしかですけども、それだけある意味では日本一豊かな、都道府県の中では最も豊かであることは間違えないと思います。それだけ大きなチャンスも転がっているし、輝かしい可能性を秘めた東京都であるというふうに僕は固く信じております。

 その中で東京オリンピック・パラリンピックというのがやがて4年後にやってきます。この東京オリンピック・パラリンピックは、こうした可能性を秘めた東京都として全力を挙げて私はその任に当たりたいというふうに今は思ってます。もしそういうことをやれということを有権者の皆さんにご指示をいただいたら、それは東京オリンピック・パラリンピックは全力を挙げて、輝かしい日本の、東京の存在を世界中に発信できるよう、やりたいと思っております。
 ただ、これだけの可能性を秘めた東京都ですけども、一方、しかし、そうは言いながらさまざまな問題が転がっていることも事実です。例えば一時期問題になりました保育所、待機児童の問題がまだ未解決のまま残っています。どの知事かが手を付けて解決するだろうと思われながら、ずっとこの問題は続いております。こうした問題。それから、貧困率というのは16%程度になっています。就学支援でも、区によっては、東京都内の区によっては50%ほどの就学支援を受けなければいけないというような区もあります。そういう意味では東京都は輝かしい一面、光を放っている半面、格差が進行して、やはり恵まれない方々がいることも事実です。
 それは一方、ちょっと見方を変えますと、少子高齢化にも通じているわけですね。日本全体が少子高齢化が進んでいますけれども、東京都では若干、出生率はほかのところよりは高いといわれてますけれども、それでも当然まだ1.4、出生率1.4前後です。これではとても人口を保っていくわけにはいきませんので、やっぱり子供を、結婚して子供を産んで、育てられると。そういう環境をぜひつくり上げたいなと。これはそんなに、そんなにですね、その気になればそんなに難しいことではないと思うんですね。だからこれは政策のどこに重点を置くかという、重点の置き方で変わってくると思います。
 私はかねがね、これは国の問題でもありますけれども、もう公共事業というのはそろそろ、もういっぱいだと。もう公共事業で経済を良くするなんていうことはやめようよと。やはり今、必要になっている少子高齢化の問題であるとか、待機児童の問題であるとか、介護の問題であるとか、日本の目の前に横たわっている問題にお金を使って、そこで経済を活性化していくと。そういうことをかねがね思っておりますけれども、東京都でも同じことが言えますので、ぜひその点は輝かしい、もっと、さらに可能性を発展させる東京都にしていきたいなと心から思っております。

 以上が2つ、だいたい私の。きのうまた、出馬するというのはきのうの夕方ごろ決めたことなので、時間たっておりませんので、まだちゃんとした公約とかいうのはまだできておりませんので、私は今ここで、自分の頭で考えて話をしているわけですけれども、いずれ皆さんにはちゃんと選挙公約という形でお配りすることになると思いますが、取りあえず3つ目ですね。

東京都から時代の流れを元に戻すような力になりたい
 3つ目は、これはあえてということですね。あえて付け加えるなら、という表現になると思いますが、これは私、なぜ東京都知事選に出ようかなと思ったのは、これはもちろん参議院選挙というのが前提にありまして、参議院選挙の開票状況を見ておりまして、ああ、日本も戦後70年間、平和な時代をずっと過ごしてきたのに、時代の流れがちょっと変わり始めたなということを参議院選挙のときに感じました。これは日本全体の問題でもありますけども、もちろん東京都の、首都である東京都の問題でもあるわけですね。
 で、そのためにはちょっと、国全体がそういう流れを変え始めてる、かじを切ってるというところに少し私は自分なりに、流れを少し変える、元に戻すような力になれば。で、それを東京都というところから発信できれば素晴らしいなというふうに思いました。これはもうあえて付け加えさせていただいております。

 私は昭和15年の生まれです。終戦のとき20歳(※編集部注:5歳)でした。もちろん空襲も覚えています。防空壕に逃げ込んだこともよく記憶しております。従って、戦争を知る最後の世代として、そして戦後、昭和21年に小学校へ入りましたんで、戦後第1期生として、戦後の平和と民主主義の教育の中で育ってきた第1期生として、やはり今、申し上げたようなことは、あえて言いませんでしたけども、あえてここで戻って言いますと、憲法改正ということが射程に入ってきてるということが、参議院選挙の中で分かりました。
 これはもちろん日本全体の問題ですから、国政の問題です。だから東京都政の問題とそれは関係ないだろうという方もいらっしゃるかもしれませんが、東京都は日本の国の首都ですから、当然、東京都も大いに関係があるわけですから、そういうことで私は私なりに戦争を知る時代の端くれとして、そのことを申し上げて、東京都民の皆さまにもそういうことを訴えて、ちょっと参議院選挙とは違う結果が出れば、大変うれしいなというのが私の気持ちです。
 だいたい予定の時間になりましたので、一応、私から申し上げることはこれくらいにして、皆さんのご質問を受けたいと思います。以上です。ありがとうございました。

だそうです。
こんなのに都政を任せてよろしいでしょうか?
都政で具体的にどのような事をするのかを話しておりませんね。
東京知事選はそれなりに時間が経過している様ですが、街頭演説をほとんど行っていないようです。
この前、東京都知事選の公開討論会が開催される予定でしたが鳥越が欠席するから番組がなくなったらしいですね。
テレビは同じ穴のムナジである鳥越を全力で応援しているそうです。
公平を義務付けられている公共放送にあるまじき行為だと思います。

さて、鳥越には野党野合連合が後ろについているらしくて、今までも菅直人や有田ヨシフなどが応援演説をしているみたいですね。昨日もこのような報道がありました。
鳥越俊太郎氏の街頭演説に花 蓮舫氏と吉良氏が応援
 マドンナ議員2人が、鳥越俊太郎氏(76)の街頭演説に花を添えた。民進党の蓮舫代表代行(48)と共産党の吉良佳子参院議員(33)が17日、東京都知事選(31日投開票)候補の鳥越氏の応援弁士を都内のJR町田駅前で務めた。
参院選東京選挙区で1週間前に3選を決めたばかりの蓮舫氏は「今日は前座です。さっさと終わろうと思います。主役は鳥越候補です」と言いながら、約9分半の熱弁を披露。対立候補の小池百合子氏と増田寛也氏を痛烈に批判した。
 「小池さんは何を最初に約束したか。都議会冒頭解散。できるわけないじゃないですか。都知事の権限を図り違えている。都議会から不信任を受けて、また50億円をドブに捨てる気ですか。こんな乱暴なやり方に私は賛同しません」と力説した。
 増田氏については「地方自治に明るい。この国の人口減少を誰よりも分かって、安倍政権に警鐘を鳴らした立派な方だけど、彼の持論は地方創生。東京一極勝ちをやめようと言ってきた人が、都知事で何をするんですか。ぜひ地方で頑張っていただきたい」と、都知事向きでないという見方を強調した。
 吉良氏は「2代続けて政治と金の問題で都知事が辞職するなんて、前代未聞の出来事。そういう不祥事続きの都政をクリーンな都政に切り替える。これが何よりも必要。その仕事を出来るのは、鳥越さんしかいません」と声を上げた。
 2人の後に登壇した鳥越氏は「マイクが重たい。マイク何本あるんだ? 9本もある」と注目度に驚いた様子。拡声器の調子が悪く、何度も声が途切れ、「いろいろとマイクの不具合があって申し訳ありませんが、私が不具合じゃないですよ」と笑いを誘った。
 都内の選挙事務所を引き継ぐなど、蓮舫氏とは縁がある。「私は月曜日に出馬を決めてから、1週間近く都政について勉強してきた。蓮舫さんにも厳しく言われたし(笑い)、多くの方からいろいろと教えられている。今回はまさに受験勉強」と苦笑い。蓮舫氏の猛特訓を受けていることを示唆した。

よく野党は勉強せずに議員になることを糾弾しておりますが、野党が出る際には黙認だそうですね。
ジャーナリストとしても失格だそうですね。
経歴を見てみましょう
1940年3月   福岡県吉井町(現うきは市)生まれ
58年3月   久留米大附設高校卒
65年3月   京都大学文学部(国史学専攻)卒
4月   毎日新聞社入社
新潟支局、大阪社会部、東京社会部、サンデー毎日編集部
82年~83年 アメリカ・ペンシルバニア州クエーカー タウンフリープレス紙に職場留学 
帰国後、外信部(テヘラン特派員)を経て
88年4月   サンデー毎日編集長
89年8月   毎日新聞社退社
89年10月~ テレビ朝日系列「ザ・スクープ」キャスター
95年10月~ 「サンデージャングル」  
2002年10月~テレビ朝日系列「ザ・スクープスペシャル」キャスター
2002年10月~2011年3月  「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)月~木曜日コメンテーター            
2002年10月~2005年3月  TBSラジオ「CUBE」
2003年4月~2005年3月  関西大学社会学部教授(マスコミ専攻)
2005年4月~2007年3月 関西大学客員教授   
2004年4月~2005年3月 「僕らの音楽」(フジテレビ系列)   
2005年4月~ TBS ラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」(月曜日スーパートーク)
2008年4月~ BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!」
ものの見事に真っ赤な人物ですね。
朝日、毎日にTBS、BS朝日素晴らしい経歴です(笑)
最低な人物が候補になったみたいですね。
これでは辞退した宇都宮がかわいそうです(棒)
13680356_1657421274578969_4205784017268522565_o.jpg

しかも鳥越は北朝鮮を擁護する発言を繰り返していました。
拉致被害者が日本に帰ってきた際に北朝鮮に返せと言っていた人物の一人です。
流石は菅直人の仲間ですね。
こんな発言もあります。
 2014年8月に放送されたNHKスペシャル「シリーズ日本新生 『戦後69年 日本の平和を考える』」では、日本を取り巻く東アジアの安全保障情勢について、次のように語った。
 「(日本は)安全でなくなったとか、日本の国が攻められるような感じになってきたという声がある(中略)。みなさん、日本の平和が侵されるような状況になっているという大前提でお話になっているが、そんなことは虚構です。そんなの、ありませんよ。どこの国が攻めるんですか」
 「確かに空気として、尖閣諸島(沖縄県)が何となく危ないなとか、中国が近くまで来ているとか、北朝鮮がミサイル打っているというのはあります。しかし、それはすぐ、日本がそれで攻められるのか。日本の国民の命が危ないのか。そんなことはないですよ」


こんな認識の人間を都知事してよいのでしょうか?良いはずはありません。
東京都民の皆さん、しっかりと候補者を見極めましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/07/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示