晩節を汚している鳥越

d0044584_14582095.jpg
東京都知事選挙の候補者である鳥越が女性強姦の容疑があると週刊文春で記事にされました。
文春といえばNHKと同様飛ばし記事がわんさかある週刊誌ですね。
先日の参議院選挙でも青山さんがどうでもいい昔の話を選挙期間中にでっち上げられ、即時自分の言葉で否定!選挙後には告訴にまで踏み切ったことがあります。
言われても後ろめたいことがない人はすぐに否定するものですね。
しかし、鳥越は最悪の手に出たようでして、記者からの質問には一切答えることがなかったそうです。
東京都知事選 鳥越氏に「淫行」疑惑報道 報道陣の問いかけには答えず
 東京都知事選(31日投開票)に立候補しているジャーナリスト、鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=に関し、「『女子大生淫行』疑惑」と題する記事が、21日発売の「週刊文春」(7月28日号)に掲載されることがわかった。
 鳥越氏は20日、東京都内の視察先で報道陣から「週刊誌で報道が出るようだが、事実関係はどうなんですか」と問われると、問いかけには答えず、足早に移動用の車に乗り込んだ。「一言だけでも」との声も飛んだが、車はそのまま発車した。残った鳥越氏陣営の関係者は、「報道を見ていないので答えようがない」と話した。

これがジャーナリストの代表です。マスコミがマスゴミと言われてしまっている元凶ですね。
いつもは盛んに政治家を理由もないのに糾弾、必要な理由を捏造することもいとわずにテレビで偏向報道していた鳥越の回答のようです。
コメンテーターとして何時も自民党を叩いていた鳥越の仲間の自称ジャーナリストはこの対応をみてどう思うのでしょうか?
私としては自らの責任において否定しますね。何のことかわからないということはないでしょう。それとも相手が誰か思い出せないくらい同じような事をしていたのでしょうか?疑惑が尽きませんね。

最悪の手に出た鳥越ですが、もっと最悪な事を自ら引き起こしていることに気が付かないのでしょうか?
鳥越俊太郎事務所 文春を刑事告訴へ
 鳥越俊太郎都知事候補を誹謗する週刊文春の記事に対して、鳥越俊太郎さんの弁護団が別紙の抗議文書を週刊文春に送付し、東京地検への選挙妨害および名誉棄損罪での刑事告訴の準備に入った。
 なお、この件に対しての問合わせなどは、弁護団が一元的に対応することとしている。

 以下が抗議文。
 「疑惑」で記事にしてしまうのであれば、選挙妨害としか思えない。
※抗議文は民進党議員へ送られてきたもの

抗議文
週刊文春編集部 御中
 東京都知事候補である鳥越俊太郎について、明日発売の週刊文春が、『疑惑』と見出しを打った記事を掲載することがわかった。
 記事にある『疑惑』と称する案件については、事前にFAXによる取材があり、本人に確認の上、弁護団から事実無根であると文書で明確に否定する回答をするとともに、無責任に記事化すれば選挙妨害になると強く警告した。しかしながら、記事は、一方的な証言だけに基づき、『疑惑』がいかにも真実であるかのごとき印象を与えるものとなっている。
 記事は、『疑惑』が事実であるとは断定せず、一方的な証言と思わせぶりな記述だけで、あたかも『疑惑』が真実であるかのような印象を与えるものとなっている。こうした手法で有権者に事実と異なる印象を与えようとする行為は、明確な選挙妨害であり、公職選挙法148条1項但書によって禁止される「虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害」する行為に他ならず、同法235条の2に規定する罰則の対象にもなりうる行為である。また、刑法230条1項の名誉棄損罪を構成する。
弁護団は、週刊文春に対し、強く抗議する。また、明日にも東京地検に刑事告訴すべく準備を進めていることを申し添える。
 なお、本件に対する問い合わせなどの一切は、弁護団が対応する。くれぐれも、鳥越本人の選挙運動に対し、これ以上の妨害とならないよう、求める。

    2016年7月20日  
     弁護士 弘中 惇一郎
     弁護士 藤田 謹 也

いつも左翼がよく使っている疑惑で記事にしていることを自分たちの陣営が行われていることに対しては圧力をかけて潰そうとする元ジャーナリストをみて国民はどのように思うのでしょうか?
私はこのような人間はクズだと思っています。他人に対して厳しいけど自分に対しては甘い対応しかできない人間は駄目だと私は思います。

文春は真っ向から戦うようです。
 女性疑惑「事実無根」">鳥越氏陣営、週刊文春に抗議文 女性疑惑「事実無根」
 東京都知事選に野党統一候補として立候補している鳥越俊太郎氏(76)の選挙事務所は20日、21日発売の週刊文春に掲載予定の記事について、鳥越氏の弁護士が同誌編集部に抗議文を送付したことを同氏のホームページ上で明らかにした。
 記事は、鳥越氏の過去の女性関係に疑惑があるとする内容。抗議文は「(週刊文春の取材には)事実無根であると回答した。明確な選挙妨害であり、公職選挙法違反と名誉毀損(きそん)の疑いで近く、東京地検に刑事告訴すべく準備を進めている」としている。週刊文春編集部は朝日新聞の取材に対して「記事には十分自信を持っている」と回答した。

この件に関して各社が取材をしている様です。
鳥越俊太郎氏、報道陣の質問に「弁護士から説明させる」「『政治的力が働いた』というのは僕のカン」


中野演説後のぶら下がり
記者「ジャーナリストととして言論で戦う気はありますか?」
鳥越「弁護士と相談してですね裁判で争います」
記者「大きな力が働いたと言ってますが何か根拠があるんですか?」
鳥越「50年間ジャーナリストをしてきた私の感です。直感です!」
記者「記事に書かれた女性について鳥越さんは知ってるんですか?」
鳥越「告訴状を出してるのでコメントは控えさせていただきます」
記者「都知事として立候補しているわけでありますから、政治家としての説明責任を果たす気ないのですか?」
鳥越「説明責任ですか・・・、弁護士が法廷で説明します」

なんでも政治的ですね。ジャーナリストとして告発しないのでしょうか?見苦しいですね。
今まで言論を武器に自由に無実の人々を糾弾していた鳥越らジャーナリストは言論で闘うということはないようです。
なんでしょうね?

こんな人が都知事になったら最悪だと思います。
絶対に落としましょう。代わりの候補はいくらでもあります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/07/25 06:00
コメント:
No title
 私は、鳥越と増田は絶対に知事にしてはならないと思っています。
 当初、鳥越と宇都宮がサヨク陣営から出るのでこれは結構なことと思いました。一方小池は都連の支持を得られないが個人でも出馬するとの潔い決意だったにも拘わらず、都連の幹事長の横やりで増田が対抗馬で出馬すると言う。なんと先の見えない政治屋ばかりかと思っていたところでつくる会が正式に小池支持を打ち出しました。鳥越増田を落とすためだと理解しました。実は私は櫻井誠支持です。つくる会の主張と同じ方向だからですし、櫻井氏の挫けない愛国心に強い共感を覚えるからです。
 今や鳥越増田の芽は無くなりつつありますし
増田のネガティブな面がもっと広がれば、櫻井と入れ替わるかもしれません。
 そうなれば都連のみならず自民にも大きな反省材料“クスリ”になるでしょう。何よりマスコミは全員頭を丸めるべき状態が現出します。
 櫻井氏には都議選どころか、総選挙にも打って出る可能性が出てきます。
 最終日にはつくる会のMLに鳥越・増田追い落としに成功したら、本来つくる会と同じ主張の櫻井氏を応援する事が王道では無いかと投稿するつもりです。投稿出来なくとも個人的な投票意思は変わりません。

管理者のみに表示