東京都知事選挙 谷山さん、立花さん

胸を張って国際人になれ
今回の都知事選挙もたくさんの候補者が存在します。
しかしテレビでは有力候補しか放送しませんよね。
桜井誠なんかは四つも殺害予告を出されているのに全く相手にされておりません。報道の自由とは何なのでしょうか?
テレビ局に聞いてみたいものです。

さて、今回の東京都知事選に於いてNHKに対して反感を持つ人間が何名かおります。
そのうち谷山さんと立花さんを紹介します。

立花さんの主張はNHKの解体です。
13717421_708061219332091_8113223686291681141_o.jpg
元NHKの職員でありNHKから国民を守る党という団体の代表を務めていますね。

こちらに記事があります。
NHKで「NHKをぶっ壊す!」政見放送  元職員の都知事候補者が主張したこと
  NHKで流された東京都知事選(7月31日投開票)の政見放送で、立候補した元職員の立花孝志氏(48)がNHKを痛烈に批判して、ネット上で注目を集めている。
   「NHKでNHK批判w」「いきなりすげえのきたな」「これを流すNHKも凄い」

■「年間平均給与は1800万円」
  2016年7月21日深夜放送の政見放送に立花孝志氏が登場すると、ネット上でこんな驚きの声が次々に書き込まれた。
  立花氏によると、NHKの経理職員を20年間務めたが、週刊文春にNHKの不正経理を内部告発したのをきっかけに11年前に退職した。その後は、ジャーナリストなどを経て、15年から千葉県船橋市議を務めた。今回の都知事選には、政治団体「NHKから国民を守る党」の代表として立候補している。

  政見放送では、自らの経歴を紹介した後、右手の拳を突き上げて次のように声を張り上げた。
   「私の公約はただ1つ、『NHKをぶっ壊す!』でございます」
  小泉純一郎元首相を連想させる過激なフレーズだが、なぜか笑顔だった。
  その理由として、立花氏はまず、「NHK職員の給与が高すぎます」と指摘した。人件費の年間平均額は1800万円にも上ると主張し、それが受信料で賄われているとして、「皆さん、こんなNHKを許せますか」と訴えた。
  過去の巨額横領事件などNHK関係者の不祥事が多すぎるともし、7月に入って写真週刊誌に報じられた地方局アナウンサー2人の不倫疑惑については、「NHKはこれを隠ぺいしています」と批判した。また、建て替え費用3400億円と一部で報じられた新放送センターなども、「NHKのお金の使い方がおかしい」と疑問を呈した。さらに、受信料の集金手法に不満が出ているとし、ワンセグで受信料を支払う必要もないと主張して、視聴者から要望の多いスクランブル放送を実施すべきだとしている。
.
「個別の候補者の主張には、お答えを控えたい」
  政見放送を通じて、立花孝志氏は、「NHKをぶっ壊す!」というフレーズを何度も連呼していた。立花氏の政見放送は、7月25日朝にも流される予定だ。
  立花氏が明かした内容は、どこまでが事実に基づいているのか。
  人件費については、NHKの決算で2011年度は給与総額を職員数で割った平均年収は、1185万円と明らかにされている。その後、各種手当などを含めると1800万円ほどになると一部で報じられた。17年度をめどに10%を削減することが決まっており、現在は1185万円より低い可能性があるが、1800万円という額がどこまで実態に近いかは不明だ。
  アナウンサー2人の不倫疑惑には、NHKは、2人が降板したかも含めてコメントしていないが、その理由としては、プライベートなことに当たることを挙げている。
  放送センターの建て替え費用が3400億円になるかは、移転を想定して一時的に試算したもので、現在地での建て替えが決まってからは算出していないとして、一部報道に対して事実と違うと反論している。
  また、ホームページでは、ワンセグでも受信料は必要であり、スクランブル放送については、「全国どこでも放送を分けへだてなく視聴できるようにする、という公共放送の理念と矛盾し、問題がある」と説明している。
  ネット上では、立花氏の政見放送の主張に賛同できるとの声が多い。政見放送は候補者の発言をそのまま伝えることになっているが、立花氏の主張は正しいのか。NHKの広報部は、22日のJ-CASTニュースの取材に、「選挙期間中は、個別の候補者がなされた主張については、お答えを控えさせて下さい」とコメントしている。

NHに関しては概ね正しいですね。あれは公共放送ではありません。ただの民間企業に成り下がった放送局です。
公共性が皆無になっているNHKは解体すべきであり、政府の広報放送が必要です。中共の狗は日本には必要ありませんね。
因みに放送はこちらになります。

さて、もう一方NHKを毛嫌いしている人がいます。
谷山さんです。
彼の主張はこちらですね。
国際人を育む、夢のあるカラーフルなシティTOKYOを目指す
1. TOKYOの国際化を目指します。
そのために横田米軍基地を全面返還させ
2020年、首都圏第3の国際空港としてオープン
今のTOKYOには、東京オリンピック時に外国人観光客3000万人を受け入れるだけの受け皿がありません。
NARITA空港(NRT)は、夜23時に閉鎖。HANEDA空港(HND)は、深夜は真っ暗。これでは、国際競争に勝てません。

東京都知事谷山雄二朗が誕生した暁には、即座に日本政府および米国政府と交渉開始。
まずは2018年までに、ハワイ・ホノルル空港のように軍民共同とし2020年TOKYOオリンピックまでには「東京ドーム157個分」のこの巨大米国基地を全面返還させます。
都知事自らワシントンD.Cに飛び、英語でダイレクトに直談判。
2025年までに5000万人の観光客を受け入れられるTOKYOへ。
新宿駅から30分の国際空港の誕生は、雇用を生み、西東京のみならず日本経済を活性化させ「富士山に一番近い国際空港」として、特別な輝きを放ちます。
横田米軍住宅は、「国際村」にリフォームし、「都内留学」可能に。一部は、都営ゲストハウス化.
横田返還は、決して夢物語ではありません。なぜならば、日本とアメリカ合衆国は民主主義国家だからです。
我々の意志が、都民の一票・民意が “自立国家” へ直結します

2. 都立インターナショナル・スクール 20校
小1からネィティヴの先生による毎日1時間の英語英才教育。 小中高一貫教育。国際社会で日本をリードできる人材育成。
学内の競争を徹底し、中高からの入学も可能な入れ替え体制に。2016年現在の日本人の英語力の低さは、国際水準でみれば危機的です。少子化で多々ある廃校の再利用、および既存の都立高校と区立小学校の統合なども視野に入れ進めれば、20校は十分に可能な数字です。通常の学費で、グローバルな国際人を育む

3. エコロジーで楽しい路面電車を復活させる
表参道、銀座〜日本橋 区間からスタート。二階建てのトラム(路面電車)で結ぶ。
戦前、宮益坂上、青山通りなどを走っていた路面電車を、21世紀風のエコな二階建てトラムとして復活、楽しくECOなインターナショナル・シティへ

4. 羽田空港を完全24時間化
新国際ターミナル2、 LCC専用の新国際ターミナル3を増設、フライト数も現在の80便(毎時)から90便へ。
新国際ターミナルは、二つとも既存の国際ターミナルの3倍のスケールに拡張。
世界をリードする「おもてなし」を実現、TOKYOオリンピックに向け、都内・空港内のテロ対策を強化
入浴料460円の銭湯(露天風呂つき)、回転寿司、居酒屋もあるフードコート、仮眠がとれるラウンジなど「本物のおもてなし」を実現。
シンガポールのチャンギー空港をモデルに、楽しくカラーフルなトランジットしたくなるHNDへ。
また、羽田と都内を船で結ぶフェリーを運行開始 (羽田空港 - 浜離宮 - 秋葉原万世橋 - 浅草へ直行)、深夜の時間帯でも、HNDから都中心部に800円で移動できる「24時間・二階建て都営バス」を新設

5. TOKYO BABY BONUS制度の導入
第一子100万円、第二子200万円、第三子300万円(上限)。
毎年27万人という驚異のペースで人口減少している我が国の少子化を、TOKYOから食い止める。
13兆円という巨額(インドネシア国家予算並み)なTOKYO予算配分を、高齢者優先から次世代を担う若者へスライドすることで、予算を確保。人口減の国家に、未来はありません。さらに、すべての小学校に保育所を併設。待機児童ゼロへ

6. 「アニメウッド」をつくる
ドラえもんワールド、ワンピース・ランドなど夢が詰まったテーマパーク。 米ハリウッドを凌駕する、爆発的に楽しいエンターテインメント物語が始まる
世界中のアニメファンが殺到。経済効果抜群、お台場の都有地に整備(土地代はゼロ)、持続可能な民間プロジェクト

7. 副都知事は、18歳が一人。20代が一人。30代が一人。40代が一人
Steve Jobsを上回る非常識、斬新かつ”different”なアイデアで、TOKYOを変える
・公募制。上記の四つの枠を設定し、特別委員会で選出。(適任者不在と判断された場合は、ポストは空席になります)

8. 毎日、海外メディア向けに英語で定例記者会見
東京都知事自らが、広報としてTOKYOおよび日本を世界にアピール、その模様を、NHKワールドで生中継

以上
様々な考えがあります。


皆さんが誰に投票するかはわかりませんが納得のいく候補に投票していただきたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/07/27 06:00
コメント:

管理者のみに表示