鳥越に目はあるのでしょうか?

8573ec45.jpg
週刊文春に新潮、東スポなど様々なメディアで暴露された元ジャーナリストの鳥越
その淫行疑惑は後を絶えません。そのほかにも金の問題や体調の問題、経歴問題など様々な疑惑が出てきております。
果たして彼は都知事になって仕事ができるのでしょうか?
なるための選挙だけでも体がついてこないらしく、公開討論会はすべて棄権、大切な街頭演説にも全く参加しない状況です。
ましてや支持層である共産党の女性部からは女性問題で嫌われているそうです。その筋では鳥越の淫行は有名だったらしく様々な芸能人が口をそろえて疑惑を口にしております。

いつも政治家に対してあることないことを言って糾弾していた鳥越他ジャーナリスト達、その矛先が自分に向いたときどのような見解を出すかがその人の本心がわかるというものです。人間逆光に直面した時に本性が出るということでしょう。
鳥越氏「週刊誌の仕事をしていたからわかる。何か政治的な力が働いた」 週刊文春の「『女子大生淫行』疑惑」を否定 民進党会議で
 東京都知事選(31日投開票)に立候補しているジャーナリスト、鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=は21日午前、民進党都連の選挙対策に関する会議に出席し、週刊誌に「『女子大生淫行』疑惑」と題する自身の記事が掲載されたことについて「記事内容は一切、事実無根だ」と否定した。
 鳥越氏は会議の冒頭、記事に関して「心ない誹謗(ひぼう)中傷を受け、心から悔しい。怒りでいっぱいだ」と言及。続けて「私は週刊誌の仕事をしていたから分かるが、単なる週刊誌の取材記事というより、何か政治的な力が働いているのではと思う」と語った。
 記事は21日発売の週刊文春(7月28日号)に掲載された。記事によると、鳥越氏は平成14年夏、当時20歳の大学2年生の女子学生を自身の別荘に誘い出し、「二十歳にもなって、そんなに性のことを知らないのか」と強引に迫った。また、翌日、東京に戻る車中で「ラブホテルに行こう」と誘ったという。
 現在はこの女子学生の夫になっている男性は記事で「妻のくるしみと比べるべくもありませんが、私もこの十数年、苦しんできました(中略)私がこうして告白したことで、妻はまた苦しむでしょう。それでも、あの男が都知事になることだけは許せません」と話している。
 鳥越氏側は20日に週刊文春編集部に抗議文を送っており、弁護団は21日にも刑事告訴する方針。

週刊誌に政治的な圧力があった、刑事告訴する。これが鳥越の選んだ道です。
政治的圧力とすぐに口にし告訴という圧力をかける事を選んだ鳥越
これでは他人の声を聴くことはないでしょう。しかも先日書いたようにまったく話さずに弁護士と話してくださいと取り付く暇もありませんでしたね。それではジャーナリスト失格であり、政治家失格でもあります。

このような鳥越の姿勢に対して同じ穴のムナジからこのような批判の声が上がっております。
【淫行疑惑報道】鳥越氏の発言に異論“陰謀”はあるのか?
スキャンダルは陰謀か!? 東京都知事選(31日投開票)に野党統一候補として出馬した鳥越俊太郎氏(76)が、21日発売の週刊文春で「女子大生淫行疑惑」が報じられたことを受け、同誌編集人に対し刑事告訴に踏み切った。今回の報道が、公職選挙法違反(選挙妨害)および名誉毀損にあたるとして、鳥越氏の弁護団は東京地検に告訴状を提出したのだ。しかも、この報道の裏に「政治的な力が働いた」と“陰謀論”を唱えだした鳥越氏。果たして陰謀はあるのか? 政界および出版関係者に取材すると、自らの口で説明もせず、刑事告訴に動いた鳥越氏に、異論ばかりが噴出している。
 鳥越氏は毎日新聞記者、サンデー毎日編集長、ニュースキャスターとして、これまで数々のスクープをモノにしてきた日本を代表するジャーナリストだったはずだ。

 選挙戦でも「私の強みは、51年間報道の現場で培った“聞く耳”を持っていることです! それが私には染み付いているんです」と再三アピール。しかし、今回の文春報道に関しては“聞く耳”を持っていなかったのは、本紙昨報通りだ。
 週刊文春によると、2002年夏に鳥越氏は知人の女子大生Aさんと別荘で誕生日パーティーを開催。そこで男性経験のないAさんに強引にキスし、肉体関係を迫ったという。ショックを受けたAさんは自殺を考えるほど、心に深い傷を負ったとされる。
 この報道に対し、鳥越氏は20日、文春宛てに抗議文を送付。21日には弁護団が公選法違反(選挙妨害)および名誉毀損の疑いで、東京地検に告訴状を提出した。弁護団は「これにより、週刊文春の記事が事実無根であることを明確にしました」と強調。対して週刊文春編集部は「記事には十分、自信を持っています」とコメントしている。

 鳥越氏は21日午前、民進党都連の選挙対策会議に出席。一連の報道に言及し「記事内容は一切事実無根だ」と述べたうえで「私は週刊誌の仕事をしていたからわかるが、単なる週刊誌の取材記事というより、何か政治的な力が働いているのではと思う」と“陰謀論”を言いだした。
 鳥越氏はこの疑惑に関する記者会見は行わず、残りの選挙戦に集中するという。短期決戦だけに、スキャンダルに議論が集中するのを避けたい気持ちもわかるが…。
 21日の夕方、街頭演説を行ったJR中野駅前で報道陣の取材に応じた鳥越氏は一連の疑惑について「弁護士に一任している」と繰り返した。「ジャーナリストだったら刑事告訴ではなく、まずはご自身で説明するべきでは?」ともっともな質問も飛んだが、同氏は「それもあるが、すでに法的な手続きに入っている。私の口からは控えさせていただく」と態度を変えなかった。

 こうした姿勢に批判の声も上がった。前大阪市長で弁護士の橋下徹氏(47)はツイッターで「鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さくないか?」とチクリ。「今回の文春なんてチョロい記事。ちゃんと釈明しなさい」「こんな程度で逃げ回っているようでは、知事になる資格なし」などと痛烈に批判した。
 加えて鳥越氏がブチ上げたのが陰謀論だったから、政界からもあきれる声が飛び出した。
「陰謀論にまで行き着くと、オカルト的な話まで何でもOKになる。それをジャーナリストが口にするとは…。民進党側は“政権与党による意図的なリーク”ということにし同情を買おうとしているのかもしれないが、陰謀論はさすがに無理がある」(政界関係者)
 鳥越氏はその後の取材で陰謀論の根拠について突っ込まれると「51年間、報道の現場に携わってきた私の勘、直感だ。具体的に何かあるというわけではない。そのことについて(騒ぎを)大きくする気はない」とトーンダウンした。
 ある出版関係者は「文春で書かれた鳥越氏の内容は、14年前からマスコミ各社でウワサされていた。当時を知る記者なら聞いたことがある人も多い。今回、それが表に出たのは、都知事選に出馬し、時の人で、いわゆる公人となったから。陰謀など、大きな力が働いたわけでも何でもないですよ」と断言する。
 淫行疑惑の事実関係について、弁護団の一人である弘中惇一郎弁護士は本紙の取材に「こちらが認めているのは、Aさんを含めた複数名で別荘に行ったこと。その後Aさんの交際相手であるBさんと話し合いの席を持ったことの2点のみ。Aさんに性的関係や強引にキスを迫った事実は一切ない」としている。
 これくらいの内容なら、鳥越氏本人が説明してもよさそうだが、説明責任は果たさないらしい。

被害者と合っていた事は認めたのでしょうね。確か見たこともないとか言っていたような気がしますが間違いかな?

鳥越自身も痴呆が進んでいることを自ら話していたような気がしますが、ネットに落ちていた発言集を見るとあながち間違いではなさそうですね。
・都道府県は55
・終戦時20歳
・都知事選の投票日を間違える
・字がミミズ
・ときどき恍惚の人になる
・とにかく物忘れ、間違いが多い
・本物の子孫から家系図捏造を指摘される
・すぐキレる。感情の制御ができない
・病み上がり
・後期高齢者
・報道2001で生討論をドタキャン
・貴重な討論の機会で「差別ニダ」と火病発症
・ニコ生出演拒否
・街頭演説が極端に少ない
・伝説の40秒演説(森進一のMC)
・たまに20分くらいしゃべるが中身はスカスカ
・ノープラン状態で出馬
・立候補の動機は改憲阻止のため
・野党4党の談合が酷い
・強引に宇都宮を下ろしたあげく宇都宮との約束を破る
・自分で考えた政策なし
・唯一考えた公約が「がん保険100%」
・その公約もアフラック利益供与の疑い
・中韓勢力の操り人形になることは明白
・出馬会見で女性記者にセクハラまがいの発言
・同業のジャーナリストからの人望なし
・フライデー記者を恫喝疑惑
・××疑惑(文春)
・文春に対する反論会見せず
・ぶらさがりで「弁護士に一任」しか言わない
・高輪の愛人疑惑(東スポ)
・ラジオたまむすびでのキモイ発言
以上、出るは出るはですね。
aafa2fc9.jpg
ご愁傷さまですね。

どんどん追い詰められている左翼野合連合、絶対に落としていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/07/29 06:00
コメント:

管理者のみに表示