捏造慰安婦に対して払う金はない

捏造慰安婦
朝日新聞が捏造した従軍慰安婦、その象徴が在韓日本大使館前に置いてあります。
全国にあるその像を撤去し、元慰安婦の人を助ける財団を設立することを韓国政府は求められています。
そして日本政府は慰安婦像が撤去され、支援する団体が設立したことを確認して初めて助成金を渡すということが決まっているはずです。
何もしないで金をよこせということは安倍政権では行うはずもなく、行う必要もありません。日韓の国民は表面的にはどうであれ皆がそのように思っているはずですね。

そんな中、反日報道局がまた飛ばし記事を書きました。ええ加減にしてもらいたいものです。
元慰安婦支援の財団に来月にも10億円拠出へ
政府は、慰安婦問題を巡って、韓国政府が近く、元慰安婦の女性たちを支援する財団を発足させる方向となったことを受けて、日韓両政府間の合意に基づき、来月にも10億円を財団に拠出する方針を固めました。
慰安婦問題を巡って、日韓両政府は、去年12月、韓国政府が設置する財団に日本政府が10億円を拠出し、元慰安婦への支援事業を行うことなどで合意するとともに、この問題を「最終的かつ不可逆的」に解決することを確認しています。
こうしたなか、25日、ラオスで行われた日韓外相会談で、両政府の合意に沿って、韓国側が近く設立する元慰安婦を支援する財団に、日本側が10億円を拠出することなどを誠実かつ着実に履行していくことで一致しました。また、政府関係者によりますと、先にモンゴルで行われたASEM=アジア・ヨーロッパ首脳会議の際に、パク・クネ(朴槿恵)大統領が、安倍総理大臣に対し、合意を責任をもって履行していく考えを伝えたということです。
こうしたことを受けて、政府は、韓国側が設立する財団に来月にも10億円を拠出する方針を固めました。一方、日本側が撤去を求めている、ソウルの日本大使館の前に設置された少女像を巡っては、韓国側が具体的な対応を示しておらず、政府は、引き続き韓国側に前向きな対応を促していくことにしています。

以上
この報道に対して韓国側の報道を見てみましょう。
日本の迅速な出資期待=元慰安婦支援財団の設立で―韓国政府
 【ソウル時事】韓国外務省副報道官は26日の記者会見で、日韓合意に基づく元慰安婦支援のための財団が28日に発足することを確認した。
 その上で「財団が設立されれば、(日本が)約束した資金が直ちに拠出されると考えている」と述べ、迅速な出資に期待を表明した。
 副報道官は、日本政府による約10億円の拠出について、ソウルの日本大使館前にある少女像の撤去問題とは関係ないという認識を示した。
 副報道官の発言に関し、韓国外務省は追加説明資料で「韓国政府としては、昨年12月28日に合意した通り、財団が発足すれば、日本側の資金拠出が滞りなく行われると期待している」と強調。ただ、ラオスのビエンチャンで25日に行われた日韓外相会談では、「資金拠出の時期について具体的な論議は行われなかった」と付け加えた。 

韓国政府としては慰安婦に対して日本政府が金を払うというのであれば速報が流れているはずです。
しかし、具体的な議論が行われなかったとあるので期待しているだけに過ぎないと韓国政府は言っているのです。
日本の反日報道局と韓国の報道局、どちらが信用できるかといえば韓国の報道局の方が信用できます。
それほど日本の報道局は反日報道を繰り返ししているのです。

まず、この問題の根本は日本政府が朝鮮人を強制的に慰安婦にしたことと言われておりますが、日本政府は慰安所を直接管理したわけでもなく、民間企業が行っただけです。当時、売春は合法でした。どこの国でも行われています。
しかし、政府が朝鮮人を強制したという捏造を朝日新聞が行ったことから火が吹いたと言えるでしょう。
日韓基本条約の際にはそのような話は一切ありませんでした。慰安婦はどこにでもいる存在です。
左翼の聖書と言われている(笑)はだしのゲンでもパンパンという名で出てきてますよね。
それと同じことが戦場近くの町で行われていただけに過ぎません。そしてその慰安婦の管理は衛生的であり、暴力も禁止されていましたし、原住民よりも日本人の方が割高でありました。
定期的に健康診断を受け、拒否権もあり、休日にはデートも出来ていたそうです。
それが奴隷というのであれば世界中で奴隷にされていた人々は何と思うのでしょうか?
健康診断を行う人間が軍属だったから軍が直接行っていたんだというばかげた話をする人もいるらしいですけど、戦場に近い街に民間の医者が来れるとでも思っているのでしょうか?
馬鹿馬鹿しいにもほどがあります。

で、韓国政府が慰安婦像を撤去していない今、お金を出す理由は全くありません。
寧ろ、このような映画(フィクション)を流して慰安婦がかわいそうなんだと飛ばしている人々の後押しをしている韓国政府は誠意が全くないと言えるでしょう。
慰安婦描いた映画 東京で上映会=「歴史消してはならず」
【東京聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を描いた韓国映画「鬼郷」(原題)の上映会が21日夕、東京都荒川区内のホテルの公演会場で開かれ、日本人や在日コリアン、約400人が鑑賞した。
 映画の後半、高齢になった元慰安婦の女性が戦場で亡くなった友人をしのび嗚咽(おえつ)するシーンでは、観客席のすすり泣きが一層大きく響いた。
 上映会の終了後、慰安婦被害者の支援活動を続けてきた日本人女性(65)は聯合ニュースのインタビューに対し、「未来と平和のためには歴史を消し去ってはならないということを、あらためて感じた」と語った。
 会社員の女性(23)は「慰安婦が受けた被害と苦しみをしっかりと感じた。私たち自らが、こうしたことがないようにするためにどうすべきか考えなければならない」とした。
 上映会は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係者らを中心とした上映会実行委員会が主催した。チョ・ジョンレ監督は日本での一般公開を目指していたが、思うように進まず、日本各地を回る試写会形式の巡回上映会を開くことになった。 
 舞台あいさつでチョ監督は、「反日」を目的にした映画では決してないと強調しながら、「映画が平和の道具になり、この映画により戦争のない世界が来ることを願う気持ちでつくった」と述べた。

嘘の歴史観しかない韓国人、これは過去日本政府に統治された際に一切の反抗を行わなかった朝鮮人が世界を見て反抗しなかった民族はいない事に気が付き、自分たちは反抗したのだという事実がないことを恥、自分たちも反抗したのだと思い込みたいがためにやっている事だと私は思います。
先祖が行った日本の協力による朝鮮半島の平和統治、それが許せないのでしょう。
親日に対して財産没収ということを行うこともその理由が挙げられると思います。
腰抜けだった朝鮮人、自分たちの手でなしえなかった独立運動!
これが朝鮮人達の根底にあるのでしょう。それを隠すために日本を憎し、としているとしか思えません。

しっかりと歴史を踏まえましょう。
それが韓国政府に対する防御であり攻撃になります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/08/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示