法律を犯している人間が代表の民進党

13754680_1112096245505106_121153423037503275_n.jpg
二重国籍者である村田が民進党の代表となりました。
参議院議員でもある村田が代表になったと言う事で民進党の代表は予算委員会などでの発言権を失ったことに気が付いていないのでしょうか?
むしろ我が国の政治に口出しできないとなっていることに気が付いていないのでしょうか?
二重国籍と言う事は外国人であると言う事であり、外国人による政治への口出しは出来ないとの原則を犯しているともいえます。
そのことに気が付かないのでしょうか?法律を守るつもりのない政党であると言う事だけでしょう。
村田の二重国籍は明確に法律違反であるとの見解が法務省から出ております。
しかも、その勧告はデマ報道を行ったとされる報道局へと出されており、テレビが捏造報道を行った証拠として今後も語り継がれるでしょう。
“二重国籍”国籍法違反の可能性も~法務省
 法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。
 法務省は15日、「日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない」との見解を公表した。これは中国の法律が「外国籍を取得した時点で自動的に中国籍を失う」と定めていることを念頭に、台湾出身の人が国籍を自動的に失うわけではないとの見解を示したもの。
 一方で、日本の国籍法は二重国籍の人についてどちらかの国籍選択義務に加え、日本国籍を選んだ場合の外国籍離脱努力義務を定めていて、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという。
 法務省は「国籍法違反に当たるかどうかは個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調しているが、蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性が出てきたことになる。

放送する人間はそれなりに賢くなくてはなりません。一部の国では国籍放棄を認めない国があるのでこのような書き方になっておりますが、台湾は国籍放棄を手続きに基づき可能となっております。
国籍放棄が可能となっているのにも関わらず放棄しないというのは国籍法違反となります。
努力義務だから問題ないというのは詭弁です。明確に国籍法違反となります。
そして公職選挙法違反、経歴詐欺に当たるとの指摘もあります。

村田の様な人間は国内に40万~50万もいるらしいです。
40、50万人との推定もある二重国籍の実態 「偽装日本人」に深刻リスク
 日本国民の要件を定めた「国籍法」が、ないがしろにされている。「二重国籍者」や「偽装日本人」が増えており、国家や社会、組織を静かにむしばみかねないのだ。民進党代表選で蓮舫代表代行(48)の「国籍」問題が注目されているが、二重国籍者は40万~50万人はいるという推定もある。国益をめぐり他国と激しい競争が続くなか、このような状況を放置していいのか。国籍業務や入管業務に精通する、さくら共同法律事務所の山脇康嗣(こうじ)弁護士が激白した。
 「日本の国籍法は二重国籍を認めていない。二重国籍になった場合は、一定期間内にどちらかの国籍を選択しなければならない。また、自ら志望して外国籍を取得した場合は、日本国籍を喪失する。にもかかわらず、二重国籍の人々は年々増加の一途をたどっている。国籍法の形骸化は由々しき問題だ」
 山脇弁護士はこう言い切った。東京入国管理局長承認入国在留審査関係申請取次行政書士を経て、弁護士登録した。『入管法判例分析』(日本加除出版)などの著書もある、国籍・入管業務のスペシャリストだ。
 そもそも、「二重国籍」とは、どのようにして生まれるのか。
 出生による国籍取得の考え方には、どこで生まれたかを基準にする「出生地主義」と、誰の子かを基準にする「血統主義」の2通りがある。前者の代表は米国やカナダで、後者の代表は日本やドイツだ。
「日本人夫婦に米国内で子供が誕生した場合、その子供には米国籍も与えられる。また、日本人とドイツ人の男女に子供が生まれたら、子供は両国の国籍を持つことになる。さらに、イランやアフガニスタン、サウジアラビアの男性と日本人女性が結婚すると、男性の国籍を自動的に与えられる」
 日本の国籍法では、二重国籍になった場合、一定期間内にどちらかの国籍を選ばなければならない。期限までに国籍を選択しない場合は、法相が書面による催告をしてから1カ月以内に日本国籍を選択しなければ「日本国籍を剥奪できる」と規定している。
 ところが、この規定が守られていないという。つまり、いつまでも国籍を選択しない者が多いにもかかわらず、法相による催告・国籍剥奪は、一度たりとも行使されたことがない。
 山脇弁護士は「二重国籍者は推定で40万~50万人いるとみられる。しかも、年々増加傾向にある。当然だが、出生などにより人が二重国籍となったこと自体は何ら責められるべきものではない。しかし、国家の制度として二重国籍を容認することには問題がある」と語る。
 では、二重国籍を認めることの何が問題なのか。
 まず、複数のパスポートを持てるため、犯罪や脱税などに悪用することも可能だ。日本と、日本と利害が対立する国で選挙権を持つ二重国籍者の場合、日本の利益ではなく、もう1つの国の利益のために日本で投票をすることが可能になる。本来、選挙権は、日本と運命をともにする者にのみ与えられるべきものだ。
 「二重国籍者が海外でテロに巻き込まれた場合、日本と、もう1つの国のどちらも『自国民』という扱いになるため、どちらが救出するのかという、外交上の問題になりかねない」
 意図的に二重国籍を装う、「偽装日本人」の問題も深刻だ。
 山脇弁護士によると、偽装日本人とは、自ら志望して外国籍を取得し、すでに日本国籍を失っているのに、それをあえて届け出ていない“元日本人”のことである。正式な統計はないが、相当数存在すると推測されるという。
 「日本人が志望して他国に帰化したり市民権を取得した場合、自動的に日本国籍を喪失する。戸籍法に基づき『喪失届』を提出しなければならないが、意図的に黙っているケースがある。他国の大半は『日本人の誰々が、わが国に帰化した』と日本に報告しないためだ。日本国籍がないのに、あるように見せかけている“偽装日本人”を把握するのは、かなり難しい
 偽装日本人によって、国益が損なわれることも考えられる。
 「外国籍を取得した場合、日本名とは別の名前を持つことになる。別の名前で租税回避地に口座を作ってマネーロンダリングを行うことができる。複数のパスポートを持つことで、スパイ活動なども容易になる。考えたくないが、悪意を持って他国に帰化したテロリストが日本でテロを起こす恐れも否定しきれない
 国籍法とは、日本人が日本人であるための要件を規定した、国家の根幹をなす法律だ。そのルールを故意に破るような人間が増えれば、国家や社会、組織に不正・腐敗が広がりかねない。放置されていいわけがない。

この問題は大きな禍根を残す可能性がありますので明確に違反している個人を捕まえて国籍放棄を行わなければ日本国籍を没収するとの宣言を行う必要があります。いままで放置していた仕事を法務省が行うだけの事、なんの違法性もありません。
義務を怠った人間に義務を行ってもらうだけの事です。
今回の問題は参政権を持ってはいけない外国人が持ってしまったという問題でもあり、国籍法を守らない人間が人の上に立ってしまったという喜劇でもあります。そして何よりも嘘に嘘を積み重ねて、終始日本を貶めようとしていた本人の発言に一番の問題があります。

駄目なものはダメなのです。
日本は二重国籍は認められてないのにそれを持っていた人間がそのことを隠して国会議員に出て当選してしまった。
このことが問題です。法務省が仕事をしていないというのも問題ですが、日本に帰化したのに台湾国籍を破棄しなかった犯罪者:村田蓮舫
二度と民進党は立ち上がれないでしょうね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/09/19 06:00
コメント:

管理者のみに表示