民進党の新代表 その進退は

14364812_10209860829458342_2897854578603058994_n.jpg


結局、村田容疑者を代表とした民進党、今後の進退について非常に疑問があります。
村田容疑者は一部の国会議員から代表戦を辞退するように、棄権する様にと訴えられていましたが、その忠告を無視して代表戦を戦い勝利を収めました。
その村田容疑屋の罪状は、国籍法違反であり公職選挙法違反、経歴詐欺、覚せい剤の疑い、脱税、と様々な疑いを持った人間です。
代表戦の折には台湾は国じゃないと父親の祖国であり、自らの国籍である国を罵倒したことでも有名です。
このことに対して台湾政府や国会議員は反発しました。
親戚筋である謝議員は日本に対して台湾国籍の人間が日本の国会議員になれる理由の説明を求めております。
日本政府としては経歴詐欺を行ったのは村田容疑者であり、それが明るみに出せなかった法律の瑕疵、本人の正直に述べなかったという問題がありますね。

さて、そんな村田容疑者を代表とした民進党ですが、台湾に対して応援を呼びかけたそうです。
民進党代表選、台湾メディアが速報!蓮舫氏「応援してほしい」
 民進党の代表選は15日午後の臨時党大会で投開票が行われ、蓮舫代表代行(48)が新代表に選出された。父親が台湾人の蓮舫氏が選出されたことは台湾でも関心が高く、台湾メディアは15日、「二重国籍問題の影響を受けず新代表に確定」(中国時報電子版)などと速報。蓮舫氏は選出後、台湾の中央通信社の取材に「台湾は父親の故郷なので、台湾の皆様もぜひ応援してほしい」とメッセージを語り、最後に中国語で「謝謝(ありがとう)」と述べた。
 親民党の李鴻鈞立法委員(国会議員)は「蓮舫氏が日台の懸け橋として活躍することを期待している」と話した。

面の皮が厚いというのはこのことでしょうか?大変厚い面ですね。
台湾に対して国じゃないと発言した際には笑顔であったとの話もあります。

父の国は台湾であるにも関わらず中共の事を話していたとの話もありますし、北京大学に留学できたとの話もあります。
台湾国籍の人間が中共の管理下に入ることは当時難しかったはずなのですが、よくできたものですね。
中共は台湾を国として認めておらず、当時パスポートの受理しない場合もあったそうです。
日本国籍と台湾国籍を有利に使っていったのでしょうね。

そんな村田蓮舫は村田の姓を名乗ることに非常に否定的です。
蓮舫代表 二重国籍問題「二転三転のイメージ与えおわび申し上げる」 本名の「村田蓮舫」で活動には「参考に」
 民進党の蓮舫代表は17日午前、読売テレビの番組で、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」に関する自身の発言が何度も変わったことについて「二転三転のイメージを与えてしまったことは率直におわびを申し上げる」と述べた。
 また司会者から「もうタレントでもない。普通、(国会議員は)名字と名前で政治活動をしているので、代表就任を機に本名の『村田蓮舫』にする考えはないか」と問われると、「ただやっぱり、昔の父の性だったとき、その後母の性になって、その後夫の性になって、その中ずっと変わらなかったのは私の『蓮舫』という名前」と説明。「この名前には台湾の祖母の深い思い入れがある。私にとってはとても大切なもので今まで譲らないできたが、いろんな声があると思うので参考にさせてください」とし、具体的な考えは示さなかった。

この発言を見てもわかる様に祖母の思想を大切にしているとの事、因みに祖母はわかっていてもその夫が誰かはわかっておりません。聖母マリアでイエスキリストじゃないのですからそんな人間が生まれるわけがありません。
しかも、この祖母は戦闘機二機を日本政府に渡して罪を間逃れた経緯があるらしく、到底普通の煙草売りであったとは誰も信じないことでしょう。
今回の事件は日本に二重国籍の国会議員がいるという最悪の事件となります。
民篠生代表は辞任しなくても結構ですが、国会議員の議席は没収しなければなりませんし、当然国籍も没収でしょう。
そうでなくては法治国家としての日本というものがなくなってしまいます。

村田容疑者の国籍を没収し、国外追放を行っていきましょう。
それが国会議員としての責任であると私は信じます。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/09/20 06:00
コメント:

管理者のみに表示