身内からも刺される村田代表

6c50851f-s.jpg
先日、テレビの番組『どこまで行って委員会』で民進党の幹部連が一堂に介し、村田代表の二重国籍問題に関して8人中6人が問題ありと判断しました。
自分たちの代表が犯罪者であると告白した模様です。
問題なしとしたのは帰化議員である福山と北朝鮮のシンパである緑の党に不正資金を送金した菅直人でした。
まあ、よくもまあしゃあしゃあと言えるものですね。こんな代表を担いで党の運営が成り立つのでしょうか?
少なくとも私であれば党を割って出ていきますね。

その番組の中で通常光の戦士である原口がこんな話をしていたそうです。
【民進党】原口一博元総務相「蓮舫氏は法令違反の疑いあり。公選法、政治資金規正法違反」
「そこまで言って委員会NP」で、金美齢氏が「2009年に日本国籍を取得するとき、法務局から先に台湾国籍を喪失して喪失証明書を持ってきてくださいと求められた」と証言した。
原口一博元総務相も「国籍法14条違反だ」と言った。
第十四条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。
原口「国籍法16条は努力義務ですが、14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。
それをなされないということは、14条違反になる。私は総務大臣だったので、そこからひるがえると公職選挙法や政治資金規正法違反になる。
国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある」。
これは八幡さんも私も指摘した通りだ。「外国の国籍を放棄する旨の宣言」をするためには、国籍法16条によって外国籍を離脱していなければならない。
これ自体は努力義務だが、それはブラジルのように国籍離脱を認めていない国の場合であり、台湾は国籍離脱できるので、金氏もいうように台湾の国籍喪失証明書がないと日本国籍は取得できない。
つまり蓮舫氏は法的にはまだ台湾人なので、日本の国会議員にはなれない。
したがって彼女は議員資格を失い、民進党代表の地位も失う。

またマスコミの嘘がばれてしまいましたね。そもそも嘘であったことはばれていましたが原口という民進党内部からの指摘です。要は内ゲバですね。
民進党に限らず左翼は内ゲバが多いことが特徴とも言えます。

初鹿なんていう民進党の人間が二重国籍の何が悪いと言っているみたいですけど、悪いものは悪いに決まっています。
良いと思っていることがおかしいと思わないのでしょうか?
正直あきれるところではありますね。
さて、村田容疑者は9月14日の時点では(村田が記者会見で台湾国籍を放棄手続きをしたと言ってのは13日)国籍放棄手続きをしていないことが台湾国民党ニュースで判明しています。
蓮舫が“中華民国”籍を放棄を申請すれば放棄証明を受ける
  外交部(外務省)は13日、日本民進党の蓮舫衆議院議員が中華民国籍を放棄を東京の台北文化経済事務所で申請すれば、直ぐにも放棄証明書を受けることが出来ると説明した。
父が中華民国籍の謝哲信さんである蓮舫議員が東京で記者会見を行い、今月の6日に同事務所で申請したが未だ放棄証明書を受け取っていないと発言したのを受けて、外交部が、申請の要式行為を済ませば放棄証明書を受けるのに問題は無い筈であると声明したのである。
蓮舫議員が15日の民進党主選挙に参選しているので、党内で質疑の声が挙がっていることから、要式行為を行ない、未だに証明証明書を受け取っていない。
母は日本人の斉藤氏である蓮舫議員は東京で生まれ、1985年に日本籍を取得した時に中華民国籍放棄の手続きを取ったが、その時は父の謝さんが東京の台北事務所が台湾語で担当館員と纏めたので、放棄証明書を受け取らなければならない規則があるのを知らなかったと記者会見で述べ、「自分は既に放棄したと信じていた」と強調した。
東京からの消息によると、蓮舫参議員が党首に当選する確率が高い。

この記事では申請しているか否かは書いておりませんが、申請していれば放棄証明書を渡すことができるとあります。
放棄手続きをしていないと見れますね。

さて、そんな村田ですが、人気は高いようです。
民進党・蓮舫代表に「期待する」54%
 NNNがこの週末に行った世論調査によると、先週、新たに選出された民進党の蓮舫代表について半数以上の人が期待すると答えた。
 民進党の蓮舫代表について「期待する」は54.0%、「期待しない」は35.8%だった。
 蓮舫代表が台湾籍を持っていたことについては「そもそもいわゆる二重国籍自体を問題にすることはない」が31.7%、「日本国籍を持っており問題ない」が30.4%、「当初の発言と食い違っていたことが問題だ」が15.5%、「国会議員が二重国籍であることは問題」が14.6%となっている。
 安倍内閣の支持率は前の月より1ポイント上昇して50.9%、支持しないは4.2ポイント下がって29.6%となっている。
 北方領土問題をめぐり安倍内閣のもとで解決に向かうことを期待するかについては「おおいに期待する」(19.0%)と「ある程度期待する」(41.0%)が合わせて60%に達した。「あまり期待しない」が26.6%、「全く期待しない」が11.4%だった。
 また、核実験など北朝鮮の挑発に対して日本がどのような取り組みを重視すべきかという問いでは「北朝鮮の攻撃に備えアメリカとの同盟関係を強化する」が27.9%、「外交努力で解決のきっかけ探る」が20.5%、「攻撃に備え、日本独自の防衛力高める」が15.3%となった。

随分と安倍総理の支持率が上がってますね。
じゃなかった(笑)。随分と村田への期待が高いようですね。
私的にも期待しております。民進党の悪事を公にするにあたり最適な人形だからです。
学もなくすぐに感情が出て、反論しないと気が済まない性格の村田は議論できない人間と言われております。
他人に対して攻撃する事は得意であっても反論されるとすぐにぼろを出すことで有名です。
そんなヒステリックな性格では代表には向かないと言われております。
事実、今回の二重国籍問題でも最初の対応から間違っておりますね。
不味いことであってもすぐに回答せずに事実確認を行いますと言えばよかったのだと思いますが、それが言えなかったのでしょう。その程度の人間であったと言えるのかもしれません。

今後の民進党の出方を見守りたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/09/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示