全く説明をしない村田代表

1933790_1041780899216586_767180991460891886_n.jpg
支那人および朝鮮人は日本のみならず世界中で嫌われております。
これは支那人や朝鮮人の犯罪が多いことや嘘を平気で付き、人を平気で裏切ることが原因と言われております。
昨今の二重国籍者村田の説明も嘘に嘘を積み重ねたものであり、台湾国籍を抜いたと言いながら一切証明書を見せないで今の今まで逃げ続けております。
説明責任を果たせ!これは民進党がいつも自民党に対していう言葉です。
しかし、自らの疑惑に対して一切の説明を果たさない民進党達
このようないい加減に政党は我が国には必要ありません。
一刻も早く説明をしていただきたいものです。

さて、二重国籍者が自民党にもいました。
小野田議員とう人のようでして彼女の場合参議院選挙に立候補する際に国籍を確認したらアメリカ国籍が残っていたので離脱手続きを行ったのだがアメリカの国籍法によってまだ離脱できていないとの話だそうです。
二重国籍者は国会議員になってはいけません。離脱手続きが終わってから立候補してもらいたいものです。
小野田議員の説明
私は出生がアメリカ合衆国ですので、生まれた時から米国籍を有しておりました。成人した後に、どちらかの国籍を選ぶための通知書が送られてくると親に聞いておりましたが、結局その通知はこず、25歳前後の頃不安に思い外務省に確認したところ、日本のパスポートを使い日本の戸籍謄本があるならば日本国籍を失っていないから大丈夫だという回答を頂き、私は日本人になれたのだと解釈しておりました。
しかし、昨年(平成27年)、参議院議員に立候補を決意するにあたり万が一があってはならないと再度確認したところ、やはり自分で手続きをしなくては選択したことにならないと判明したため、立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております(画像参照 )
14522874_735048703301347_7078129958087179226_n.jpg
それで手続きは無事終了したと思っておりましたが、今回の蓮舫議員の二重国籍問題報道を受け、今一度詳細を調査したところ、米国の法においての放棄ができていなかったという経緯でございます。現在は、米国においての国籍放棄の手続きを進めております。私の知識不足でアメリカ国内での手続きという努力義務が完了できていなかったことにつきまして、皆様をご不安にさせてしまい大変申し訳ございませんでした。今後はこのようなご心配をおかけすることがないように、さらに慎重に手続きを行ってまいります。

二重国籍者であることには間違いありませんね。
しかし、村田とは決定的に違うところがあり、離脱手続きを行う努力を行っており説明を証明書付きで行っている事です。
やったことについては責任が伴いますが少なくとも自らの経緯等を説明しております。
どこかの代表のように後から後から辻褄の合わない説明を行い続け、今なお証明書を出してこないところが決定的に異なります。
そんな村田は国会で火の車のようです。
蓮舫氏は代表辞任を 日本のこころ中山恭子代表激白「二重国籍は国家の独立を脅かしかねない」
 日本のこころを大切にする党は、「二重国籍」問題で国民にウソをついた民進党の蓮舫代表の代表辞任や議員辞職を要求し、国会議員の二重国籍を禁止する「蓮舫法案」への賛成方針を打ち出している。その真意は一体何なのか。中山恭子代表に聞いた。
 「国会議員は、その国に100%の忠誠を誓わなくてはいけません。国家の方向性を決める責任があり、国民の生命や財産、国土や自然、伝統や文化を守る義務があるからです。二重国籍でないことは国政に携る者の最低限の義務であり、有権者への礼儀です」
 中山氏はこう語った。
 台湾籍だった蓮舫氏は1985年に日本国籍を取得したが、台湾籍を残した「二重国籍」のまま2004年に参院議員に初当選し、10年には行政刷新担当相になり、先月15日、民進党代表に就任した。
 「父に任せていた」として“過失”と主張しているが、キャスターやタレント時代のインタビューでは、「私は、二重国籍なんです」「自分の国籍は台湾なんですが」などと語っていたことが発覚している。
 中山氏は「国会議員の二重国籍の問題は、民主主義や国民主権と密接な関係があり、国家の独立を脅かしかねないほど重大なものです」といい、続けた。
 「蓮舫氏は当初、二重国籍をかたくなに否定しながら、その後、発言が二転三転しました。わが党は、中野正志幹事長名で先月15日、『議会政治の政党代表者たる資格はない』として、代表辞任を要求しました」
 「加えて、二重国籍が発覚しながら、蓮舫氏を代表に選んだ民進党にも強く抗議するとともに、民主党政権時代に蓮舫氏を閣僚に選任し、国政の中枢に置いた責任をも問いました」
 日本のこころは臨時国会で、国会議員の二重国籍を禁止するため、日本維新の会が国会に提出した、公選法改正案などの法整備に取り組むという。
 ところで、同党は先月21日、参院会派名を「日本のこころ」に改称した。覚えやすくするだけでなく、中山氏らのこんな思いが込められている。
 「日本人は昔から『日本のこころ』を持っていました。それは、ウソ偽りがなく、卑怯(ひきょう)なこととは無縁である心です。私たちの国の歴史を形成し、伝統や文化を育んできたものです。こうした、日本人の美徳が1人でも多くの人々に伝わってほしいのです」 (ジャーナリスト・安積明子)

嘘つきは嫌われる、当たり前の事です。そのことを村田が理解していないというのが信じられません。
国会議員というのはその国の未来へのかじ取りを行う人間です。皆の意見を持ち寄り、国の生末を決めるために存在します。
国会にて審議するという義務を有権者から預かっているとの認識が必要になるでしょう。
そして日本が嫌いな人間が国会議員になることは許されないのです。
某社会党の人間や共産党、民進党の人間のなかにどれだけ日本が嫌いな人間が入っているかを考えると寒気がします。

国民も同じように考えております。
内閣府世論調査 75%が「愛国心を育てる必要あり」…否定的な回答を大きく上回る
 内閣府が21日付で発表した「社会意識に関する世論調査」で、「国民の間に『国を愛する』気持ちをもっと育てる必要があるかどうか」を尋ねたところ、75.8%が「そう思う」と回答した。平成26年の前回調査比で0.5ポイントの微減だが「そうは思わない」(12.5%)との否定的な回答を大きく上回った。教育現場などで愛国心を養う機会を増やすべきだという意見が大勢を占めた格好だ。
 他の人と比べて愛国心が強いかを聞いたところ、55.4%が「強い」と答え、「弱い」と回答したのは6.6%、「どちらともいえない」は37.9%だった。
 国民が「個人の利益」と「国民全体の利益」のどちらを大切にすべきかを尋ねた質問では、「国民全体の利益」が50.6%と、20年の調査から8年連続で半数を超えた。「個人の利益」との回答は31.4%だった。
 日本が良い方向に向かっていると思う分野を複数回答で聞いたところ、「科学技術」(30.1%)、「医療・福祉」(26.7%)、「防災」(21.3%)が上位を占めた。悪い方向に向かっていると思うのは「国の財政」(39.0%)、「物価」(31.3%)、「景気」(30.3%)と続き、いずれも前回調査を上回った。
 調査は全国の成人男女1万人を対象に1月15日~2月1日に面接方式で実施。有効回収数は6011人。昭和44年から原則毎年実施している。

個人の権利だけを主張するなんて古い古い、国家全体の利益を追求し国民本位の政治を行うにあたり外国籍は不要です。
自虐史観に彩られた教育を受けながらも中共や韓国の侵略、他国からの内政干渉、混乱する世界などをみて自分の国の事は自分で行う、自分たちの力で自分の家族を、街を、国を守るという気概が芽生えてきているのかもしれません。

まずは二重国籍を禁止し、法律を厳格に適応していきましょう。
犯罪者には厳しい世界を作っていきましょう。
助け合いはそれからです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/10/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示