【慰安婦問題】出口が見えない韓国政府

14516509_346455135692645_2777119155142078637_n.jpg
民進党がまだ墓穴を掘りましたね。
朝鮮人を思うがあまり、無用な議論を吹っかけたようです。
事の発端は日本政府と韓国政府が合意した捏造慰安婦に対する合意内容
所謂、日韓合意ついて日本は合意内容を守りましたが韓国は合意内容を一切守っておりません。
慰安婦へのおわび書簡 安倍首相「毛頭考えていない」
安倍首相が韓国の慰安婦被害者に対しておわびの手紙を送る問題について「我々は毛頭考えていない」と述べた。
安倍首相は3日の衆議院予算委員会で、昨年12月の韓日慰安婦合意の「追加措置」として日本側が慰安婦被害者におわびの手紙を送る可能性があるのかという野党議員の質問に対し、「合意した内容の外だ」とし、このように答えたと、共同通信が報じた。
これに先立ち岸田文雄外相も先月30日、韓国政府が前日に慰安婦に対する日本政府の「追加の感性的措置」を期待すると明らかにしたことに関し、「合意はなされていない」とし「日韓合意は昨年12月に発表された通りで、それ以上でもそれ以下でもない」と述べた。
安倍首相のこうした発言に対し、韓国のネットユーザーからは「日本首相があんな発言をしても、政府はまだ日本が慰安婦問題について謝罪したと考えるのか」「最初から日本当局の謝罪を受けることを考えるべきだったが、どうしてお金を受けたか」「あれが日本の本性だ。朴槿恵(パク・クネ)政権は慰安婦合意で過去の歴史をすべて解決したかのように主張しているが、我々がもてあそばれたと言うべき」「我々も少女像の撤去は毛頭考えていないから期待するな」などの声が出ている。
あるネットユーザーは「安倍首相はただ『考えていない』と話すこともできるのに、わざわざ『毛頭』と強調したのは、自分の支持層である日本極右勢力に対するリップサービスということ以外に解釈することはできない」とコメントした。

韓国政府は合意内容を忘れたのでしょうか?
二度と政府間で捏造された慰安婦の事を出さないはずです。
それを一方的に韓国政府から破ったのです。
それに対して日本政府は韓国政府に対して苦情を言う必要があります。
日本にはその正当な権利がありますし、国民の為に言う義務も生じています。

この『毛頭』という言葉はあまりにも韓国よりの発言を行う民進党が引き出した言葉です。
これ以上、韓国に寄り添わないことを意味しております。
韓国政府が出来ることは合意内容を守る事であって追加注文、賠償のお代わりをもらう事ではありません。
もらった代金分は働いて返してもらわなければなりません。それが国と国との約束事です。
そして民進党にはお礼を言わなければなりません。
民進党が執拗に追求しなければ『なぁなぁ』で済んでいた可能性もあるのにはっきりとした回答を求めたばっかりにはっきりと韓国にはもう何も渡さない事を明言しました。
日本政府が日本国民の代表がそのように回答をしたのです。
これ以上追求する事は国民の意に反する事となり、国と国との条約を無視する事にもつながります。
政治家としての生命が断たれることになるでしょうね。

この言葉を聞いてか、外務省が初めて仕事らしい仕事を行いました。
元慰安婦支援、日韓合意踏まえ打ち切りへ 日本政府事業
 日本政府による韓国の元慰安婦支援事業が今年度で打ち切られる見通しになった。2007年に解散した「アジア女性基金」のフォローアップ事業として続けてきたが、昨年の慰安婦問題に関する日韓合意を踏まえ、外務省が来年度予算の概算要求を見送った。
 アジア女性基金は1995年に日本政府が主導して設立し、国民からの募金をもとにした「償い金」や、首相のおわびの手紙を元慰安婦に送る事業を行った。日本政府は基金の解散後もNPO法人に委託し、元慰安婦らを直接訪問し、医薬品などを渡すといったフォローアップ事業を続けてきた。対象は韓国、台湾、フィリピン、インドネシア。予算は韓国分が最も多く、毎年1千万円程度だった。
 昨年の日韓合意に基づいて、韓国政府が設立した財団が、日本政府の拠出金で支援事業を行うことになっている。外務省は概算要求に含めなかった点について「日韓合意に基づいて韓国の財団が類似の事業を始めることが想定される」と説明した。韓国以外は来年度以降も続けるという。
 韓国での事業を受託していたNPO法人の代表を務める臼杵敬子さんは年4~5回、十数人の元慰安婦を訪問してきた。「訪問を楽しみにしてくれている元慰安婦のおばあさんもいる」と話す。事業が打ち切られる見通しになったことについて「元慰安婦は高齢化しており、その方が生きている間は続けたい。続けることが日本政府の誠意を示すことにもなる」と話した。

事業を打ち切ったのは偏に韓国政府による慰安婦支援団体が立ち上がったからにほかなりません。
これ以上続けることは日本政府による韓国国内への内政干渉となります。
合意を受けて支援を打ち切るというよりも合意により財団をつくったので事業を引き継ぐといった方がより適切です。
朝日新聞は日本語が下手なのでしょうか?
それとも条約の意味が分かっていない人の集まりなのでしょうか?
どちらにせよすべては韓国国内の財団が責任を担うという事でしょう。

さて、民進党は何をしたかったのでしょうね?
意味のない質問をして早く自称慰安婦の支援を打ち切ろうとしたとしか思えません。
日本政府として日本の国益を守るために民進党がそのような事を行うとは思えませんね。
支離滅裂な民進党です。

どちらにせよ民進党の活躍により日本政府から自称慰安婦たちへの支援はこれで終わりです。
韓国政府がある以上何もできませんし、何もする必要はありません。
後は朝日新聞が捏造したことを訴えていくだけです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/10/11 06:00
コメント:

管理者のみに表示