自らに甘い民進党代表

14610981_349688625372347_7804891268098185704_n.jpg
二重国籍問題であれにあれている民進党代表の村田
稲田朋美大臣の過去の話を論い、勝った気になっているようですが、村田が嘘吐きであることには否定できません。
幾ら追及したところで自らの疑惑がなくなるわけでもなく、追及されないわけでもありません。

さて、実際にはどのように話しているのでしょうか?
産経の記事を見てみましょう。
蓮舫代表が稲田朋美防衛相を攻撃 防衛費めぐる発言を「ダブルスタンダード。自分に都合の良い発言を繰り返している」
 稲田朋美防衛相は5日午前の参院予算委員会で、月刊誌「正論」(平成23年3月号)の対談で「(旧民主党が21年の衆院選公約に掲げた)子ども手当分を防衛費にそっくり回せば、軍事費の国際水準に近づく」と発言したことを釈明した。「子育て政策は重要だ。財源を見つけて充実させていくべきだ」と述べた。民進党の蓮舫代表の質問に答えた。
 稲田氏が所属する自民党は対談の掲載当時、野党だった。稲田氏は5日の予算委で「民主党政権の安全保障に関する状況に危機感を持っていた。財源のない子ども手当を付けるぐらいなら、軍事費を増やすべきではないかと申し上げた」と答弁した。
 蓮舫氏は質問後、稲田氏の答弁について、国会内で記者団に「ダブルスタンダードだ。自分に都合の良い発言を繰り返している」と批判。「野党時代とはいえ、かなり乱暴な発言をしている。そのときと今と、何が違うのかという説明が十二分ではない。言葉のブレが閣僚の資質や信頼(を失うこと)につながる」として、今後も党として追及する考えを示した。
 ただ蓮舫氏は予算委での質問や記者団の取材では、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題をめぐり、自身の説明が二転三転したことには言及しなかった。

中共の侵略が目の前に迫っているときに全く意味のなかった子供手当なんかよりも防衛費を増やすことを進言することは当たり前です。現在の安倍政権下での政策でも防衛費の増加が必要です。
そして子供手当は全く子供の為になっておらず、貯金に回っていたことは実証から判明しております。
未来に明るい展望がなければお金を使うよりも貯める方にいくことは当たり前です。
そのことが分かっていない民進党は何を考えているのでしょうか?

さて、ダブルスタンダードといえば民進党がトップをひた走ります。
自民党の小野田さんでしたっけ?二重国籍を持っているが選挙に立候補する前にアメリカ国籍を離脱宣言、その手続きがまだ終わっていないことを公にした人は、きちんと公的書類で離脱したことの証明をしております。
それに対して民進党の村田はこのような暴挙に出ているようです。
日本国籍選択宣言の日「個人的な戸籍の件は、みなさまに話そうと思わない」
 6日に行われた民進党の蓮舫代表の記者会見では、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や閣僚をめぐる二重国籍問題も話題となった。詳細は次の通り。

臨時国会でのTPP審議入りも慎重判断
 --臨時国会でTPPの審議が控えている。これまで輸入米の不透明取引の問題や条約文書の誤訳問題が出た。どのような姿勢で審議に臨むか
 「予算委員会をやると、いろいろなことが明らかになってくるが、SBS(売買同時入札)米のことも含めて間もなく、おそらく、山本有二農林水産相が約束した試算の見直し、あるいはこれまでの経緯、経過についての情報公開がされると認識している。それを受けて来週、私たち(参院)の予算委員会があるので、そこでの議論は深めていきたい」
 「他方、衆院では緒方林太郎国対副委員長が加工用トマト、これも前提試算が180度変わっていることが明らかになったので、政府が試算をした前提そのものの信頼性が、このSBS米でも加工用トマトでも明らかになってきた。そんな中で、米国の大統領候補2人が(TPPに)否定的な見解を示していて、なぜ日本だけが貴重な国会の時間、人員を動員して急ぐのか。私はまだここが分かりません。慎重な審議、審議入りも含めて、まずは政府の説明を望みたい」
 --参院予算委員会で、稲田朋美防衛相と菅義偉(よしひで)官房長官が政治資金パーティーで白紙の領収書を配っていたことを共産党の小池晃書記局長が追及した。高市早苗総務相は「便宜上問題ない」と発言したが

 「一般論的には、白紙の領収書に使う方本人が同じ筆跡で書いてあるのがたくさんあるというと、その信頼性は当然高まらないと思う。もう一つは、それが本当だったのか、どうなのかという疑問も残ると思う。そういう見方からして、国民がどのように受け止めるのかを注視したい」

二重国籍問題で「多様性」強調

 --今日の参院予算委で、安倍晋三首相が二重国籍をめぐり、大臣、補佐官に任命する際は本人が証明することが大事で、戸籍などによって証明することも必要かもしれないと発言した。蓮舫氏への当てつけとの見方もあるが、首相の発言をどう受け止めるか
 「政府として、いろいろな考えがあるなら、その考えはしっかり聞いて、判断していきたい。他方で、ずいぶんと多様性の広まってきたわが国で、国籍を重なって持っている方たちも増えている。そうした社会で、例えば公務員と(閣僚が該当する)特別公務員に対して、どういう基準を設けるのか。これも一理あると思うし、他方で幅広く多様で生きている方たちは、どういうふうにその多様性を認めてさしあげるかという論点もあると思う。そういう大きな観点から社会としてどういう方向性を出していけばいいのか。私たちの中で、これまでも話していたことだから、これからも議論していくことになると思う」

 --二重国籍の問題で、一部の政党には法律で規制しようという流れがある。蓮舫氏の場合は、出自が分かっていながら、たくさんの票を得て当選しているから、それでいいじゃないかという説明もある。前向きに進めようという考えは
 「ご指摘も含めて、国境の垣根がずいぶん低くなってモノ、カネはもちろんだが、人の流れもずいぶんと自由に流動化している。その部分では、国際結婚も決して珍しいものではなくなってきている。そうした多様なルーツを持った文化の方たちが、多様性をもって社会をつくりあげていくことを私たちは『共生社会』、一人ずつ支えてあげる社会をつくりたいということで、綱領でもうたっている。昨日の参院予算委員会でも憲法24条を取り上げて、首相とあえて議論させていただいたのは、女性も男性も同等の権利を有することによって、それぞれの個性を伸ばすことが自由になってきた。また新しくLGBT(性的少数者)であるとか、いろいろな多様な考え方が生まれてきたときに、あえて家族を憲法に明記することに対する私の違和感を示した。これはまさに民進党の目指している多様な社会の原点の議論だった。首相が昨日、お答えにならなかったのが非常に残念だった」

 --憲法14条は法の下の平等をうたっている。ここがあまり論議されていないのは残念だ
 「(憲法)13条、14条、24条、まさに個人の尊厳の理念がそこに集約されていると思っている。ただ、どうしても憲法改正の議論になると、9条の話がこれまでは議論に出やすい形だった。首相が憲法改正を言い続けてくださったことによって、他の条文にも関心を寄せていただける環境は広がっていることも事実だ。だからこそ昨日、私は24条を取り上げたが、われわれの仲間の議員も予算委員会などで、それぞれの思いでいろいろな条文に触れている」
 「ただ、今年の予算委員会、当初予算に対して(当時の)稲田朋美政調会長とは憲法の話を首相はしているが、この秋以降、特に野党とは予算委員会で憲法の審議はしないと答弁を拒否しているので、そのダブルスタンダードは一国の首相として、非常に残念だ。幅広く憲法というのはどうあるべきか。国民の前で、国のリーダーが野党と意見をかわすのは、当然やらなければいけないことだ」

 --もし蓮舫政権ができたとしたら、閣僚に単一国籍を求めるか。特に防衛相や外相に対して、二重国籍でも大丈夫と認めるのか
 「現行でも、外務をつかさどる特別公務員には、そうした部分は厳格に求められている。先ほど私、考え方でお伝えしたが、多様な社会の中で、公務員、特別公務員のあり方も含めて、どういうものがふさわしいのか。あるいは一般の方の多様性をどのように認めていくのか。多層的な論点があると思っているので、そこは総合的に勘案したい」

 --蓮舫氏は、昭和60年1月に日本国籍を取得したと説明している。これとは別に、国籍選択の宣言をする必要があると思うが、選択の宣言をされた時期はいつか。宣言したことが明記されている戸籍を公開する考えがあるか
 「国連の女子差別撤廃条約を受けて、わが国の国籍法が改正され、私は、母が日本人であって、未成年であっても、届け出をすることによって、日本国の国籍取得が認められた。私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた。ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでです」

 --戸籍には選択の宣言をした日が明記されていると思うが、その点は確認しているか
 「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていません」
全く話になりませんね。二重国籍が法律に違反するという前提条件を忘れているかの如く話しております。
犯罪者を増やすだけであり、我が国の国籍を持っていても他国の国籍を持っている人間がトップになってはいけません。
万が一その国と戦争状態になればどっちに着くか判らない人間を国会議員にしてはいけません。
これは法律云々ではなく社会に生きる人間すべてが考えるべきことであり、二重国籍者は我が国には必要ありません。
村田の目材している国は無秩序の弱肉強食の世界のようですね。
二重国籍者は信用できません。地球市民というものと同じようにどこに帰属しているのかわからないような人間を信用できる社会なんてありはしません。
そして村田は公人であり、一般人ではありません。説明責任が付きまとう政治屋であり公党の代表です。
そんな人間が逃げまどっている現状を許せる人間がいるのでしょうか?
わたしは許すことは出来ませんし。認めるわけにはいきません。
それがこの国を生きる人間の責任であり、義務です。
多様性という言葉で逃げようとしている村田は卑怯者であり、それを追求しないマスコミはカスでしかありません。

詐欺師である村田は議席を返上し、我が国を去るか説明責任を果たし辞任するかを選ばせましょう。
それがこの国で選挙権を持つ人間の責任です。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/10/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示