無駄と言いつつ必要なインフラを削り続けた民進党

o0600040013581941365.jpg
人々の暮らしを支えるインフラ事業
鉄道、道路、電気、水道、ガス様々なインフラが整う日本
これが人々の生活を支えています。これがなければ食料を輸送するもエネルギーを供給するも出来なくなります。
東日本大震災の折にはすべてのインフラが一時的に停止しましたがすぐに復旧活動に乗り出した国民の努力によりすぐに回復したことは有名な話です。

さて、このインフラ事業について村田はこんなことを言っております。
【岩手】台風災害対策に予備費を使っての対案を出す 蓮舫代表
蓮舫代表は9日、岩手県入りし、台風10号により甚大な被害を受けた野田村、岩泉町の被災現場を視察。復旧に向けた被災者からの要望を踏まえ、今回の台風災害対策について予備費を使っての提案を検討するとの考えを明らかにした。
 野田村では、県内最大規模のサケ・マスの採卵を誇る下安家漁協の孵化(ふか)化場を視察。台風で水槽が土砂や流木で埋まり電気施設も被害を受け、本年度の稼働が困難に直面していると漁協関係者から説明があり、早期復旧に向けた国からの支援を要請された。
 岩泉町では、台風被害で9人の死者を出したグループホーム「楽ん楽ん」(らんらん)、豪雨で操業停止になっている「岩泉乳業」を視察。蓮舫代表らは「楽ん楽ん」前に設けられた献花台で花を手向けて合掌し、犠牲者に哀悼の意を表するとともに、施設関係者をお見舞いした。
 「岩泉乳業」では、山下欣也社長や全従業員の出迎えを受け、蓮舫代表は一人ひとりと握手し激励した。同社は周辺地域の生乳を集約する施設であり、操業停止は地域の酪農産業全体に影響を及ぼすため、早期復旧への協力を要請された。また、同町内にある地元住民の避難所になっている「龍泉洞温泉ホテル」も訪れ、被災住民をお見舞いし、救援物資を関係者に手渡しした。
 一連の視察を終えて蓮舫代表は記者団の取材に応じた。被災者と交わした会話について問われ「時間が経っても決して癒えることのない大震災の傷に加えて、今まで聞いたことがないような台風災害だったと聞いた。精神的負担に一生懸命向かっている姿を見、その声を聞いた。重い重い言葉だった。私たちが国会議員としてできること、政局とか政党の問題ではない。どこまで支援ができるのかしっかり検討し、行動に移したい」と答えた。
 安倍総理の来県、民進党の今後の対応について問われ「総理が被災地に入ったことは地元の人にとって力強いと思う。野党である民進党も視察することによって、(政権側と)現状認識を共有できた。生活再建支援はもちろん、審議中の補正予算に(今回の災害対策費が)計上されていないので、予備費でどういう提案をできるのかをしっかりと考えたい。党岩手県連の仲間と一緒にできる限りのことをしなければならない」と答えた。
 東日本大震災、今回の台風災害と相次ぐ被災を受け、激甚災害指定を受けても自己負担が重く再建ができないという現行制度の問題に対しては、「市町村や県による上乗せ支援に国が迅速にどう応えられるかが課題だ」と指摘。さらに「今回の地場産業への打撃は1年間の生活の不安につながる」と多くの事業者から懸念が示されたため「スピードも課題だ」との認識を示した。
 今回の台風災害を受けてインフラ整備のあり方についても問われ「参院で審議中の補正予算はインフラに傾倒しているが、今回の台風などの自然災害対策が予算に計上されていない。これには率直に怒りを覚えた。迅速に対応しなければ、産業支援にも生活支援にもつながらない。私どもは(今回の台風災害への対策を)引き続き提案していきたい」「山からの水の逃げ場がなくて巨大な木がなぎ倒され流木が生活圏に飛び込んでくる。それが結果として大惨事につながるという過去にない災害であるとすれば、インフラ整備は地球温暖化、環境変化に対応したものに変えなければいけない」などと答えた。
 視察には、地元の党岩手県連から代表の黄川田徹衆院議員、幹事長の階猛衆院議員、第2区総支部長の畑浩治元衆院議員、党本部から役員室長の柿沢未途衆院議員、参院災害対策特別委員会理事の川合孝典参院議員らが同行した。

公共事業を悪として削減を続けた民進党の政策、コンクリートから人と言いいながら自分たちの懐に入れていた民進党の議員達、いつぞやはマスコミに書いたらその会社は終わりだと言って恫喝までしてきた民進党
事業仕分けでいざというときの塩の備蓄を削り、公共事業を削っては自らの功績として自慢していた民進党
防災ダムを造らせようとせずに水不足になった経緯もありますし、ダムを削ったため洪水が発生した件もあります。
インフラを削り日本の国力の低下をもくろんだ民進党、公共事業の仕事で設備を維持していた土建会社は仕事を削られたので仕事を畳むしかなかった会社すら出てきており。業界自体が現在人不足で悩んでいる状況に陥っています。
そのことを棚に上げ今更インフラの大切さを訴え、点数を稼ごうとする民進党、到底許されるものではありません。

自民党は土建会社と癒着しているとよくマスコミなどが叩きますが、それは地に足がついており、地元の為に働いている、そして国土を強くするために動いているともいえるかもしれません。
仕事を作るのに穴を掘って埋める事業を行う、これが孫子?の言っていた公共事業の姿です。
ニューディール政策も無駄と言われた公共事業を大いに行い、民間企業への仕事を作り出すために行われました。
公共事業は政府が仕事を作り出し、インフラなどの社会的基礎工事を行い他の産業を発展させるために行われるものです。
インフラがなければIT事業も、研究職も何もできません。生活の基礎を作り上げるのがインフラ事業です。
個人的には嫌いですが二階はこのように言っています。
最も危険な橋250カ所 二階俊博氏、インフラ整備に再び国費投入へ「命は守る」
 栃木県栃木市南部に位置する大平町。緑がまぶしい水田地帯をのどかに流れる利根川水系の巴波(うずま)川に架かる1本の橋がある。
 「吾妻(あづま)橋」。昭和13年に造られた鉄筋コンクリート造りの市道橋だ。長さ39メートル、幅3・8メートル。軽自動車でもすれちがえないほど狭い橋だが、戦前は農産物の出荷に欠かせない輸送路として利用され、戦後の高度経済成長期には建築用の砂利を積んだトラックが通った。町の産業道路であり、人々の生活道路でもあった。
 それから78年。アスファルトの路面や欄干にはひびが入り、土手に下りて橋桁を見上げると、コンクリートは崩れ、さびた鉄筋が露出しているのが見える。平成26年度に栃木市が行った危険度判定では、栃木県内で2つしかない最も危険な「区分IV(緊急措置段階)」に指定された橋梁(きょうりょう)だ。
 栃木市は2トン以上の車両の通行を規制したが、実際には農繁期になると、トラックに農機具を積んだ軽トラックがやむを得ず通行することもある。吾妻橋を利用する農業の男性は「いつ壊れるかと怖くて、スピードを落として渡っている」と打ち明ける。
 「市には何年も前から改修するように頼んでいるのに、『予算がない』の一点張りだ」。地域の元自治会長、板垣彰さん(67)は声を荒らげる。
 橋のたもとに住む農業、大森淳さん(76)も「朝夕は通勤や通学で使う人も多くて、いつも冷や冷やしている。早く直してほしい」と不安を隠さない。
 栃木市道路河川維持課は「ほかの橋の架け替え事業もあり難しい」と申し訳なさそうに話す。
 栃木市が管理する全長10メートル以上の橋は、旧岩舟町と合併前の旧栃木市だけで143カ所ある。うち建造から50年以上経過したものは31件。それが20年後には92件になる。栃木市が橋の架け替えなどに使える予算は昨年度7539万円で、5つの橋を修繕するのが精いっぱいだった。
 結局、今年になってようやく重い腰を上げ、30年度の架け替え工事着工を目指し、29年度に調査・計画を実施する予定だ。
 吾妻橋は、老いて危険なインフラの一例にすぎない。26、27年度の点検で「区分IV」に分類される道路橋は全国に250カ所もある。点検は全国約70万カ所の道路橋の約28%しかカバーしていないのにだ。
 しかも、全国の道路橋の7割以上を市町村が管理する。国民の税金で整備したインフラを財政難と人材不足の自治体が抱え、十分な補修もせずに放置する構造だ。老朽化による通行止めや通行規制を実施した道路橋は25年までの5年間で倍増し、2104を数えた。

 下水道の老朽化は、道路陥没を引き起こす。
 国土交通省によると、26年度末の時点で全国約46万キロの下水道のうち50年を経過したものは約1万キロ。その10年後に約5万キロ、20年後には約11万キロになる。「地方で下水道はまだ普及途中。改修より新設に予算が回ってしまう」。国交省下水道部は危機感を募らせる。
 26年度には全国約3300カ所で下水管の経年劣化に起因する道路陥没が起きた。今年6月にも、大阪府吹田市で深さ60センチの陥没に自動車の車輪がはまって脱輪する事故があったばかりだ。25年8月には東京都内の縦横1メートル、深さ10センチの陥没のせいで高齢の男性が転倒し、意識不明になった。
 インフラ点検会社「ジオ・サーチ」(東京都大田区)が25年度、国内の道路2万キロ以上を調査した結果、下水管老朽化などによる地下の空洞が約7千カ所もあることが分かった。
 国民生活に欠かせないインフラが安全な暮らしを脅かす。まさに“今そこにある危機”だ。

 永田町に棲む人々の嗅覚は鋭い。ましてや、数々の修羅場をくぐり抜け、実力者といわれるほどの政治家ならなおさらだ。
 「高速道路がいらないとか公共事業がどうとか言っている限り、あの人たちが政権に近づくことはない」
 自民党の二階俊博幹事長は8月24日、全国の高速道路関係者が集まった都内の会合で、民進党を念頭にこう述べ、公共事業予算確保に向けて気勢を上げた。
 今そこにある危機-。老朽化するインフラが、国民の生活の土台を脅かしている。その解決はまさしく政治の責任だ。
 自民党幹事長に就任するやいなや、二階氏は党の国土強靱(きょうじん)化総合調査会を「推進本部」に格上げした。そして自ら本部長に就くなど、取り組みを加速させている。二階氏は「インフラの維持管理に関するノウハウを次世代に継承するという点でも、禍根を残さないようにしなければならない」と語る。
 「田中角栄は道路や鉄道ばかり造って、政治家じゃなくて土方だなんて言う人もいる。バカなことを言うな。これが政治じゃなくて何だ!」
 昭和47年に「日本列島改造論」をぶち上げた田中元首相はかつて、街頭演説などでこんなふうに話していたという。
 ガソリン税などを道路建設・維持費用にまわす「道路特定財源」を議員立法で成立させたのが、若き日の田中氏だ。これは、日本の政治システムそのものを変えた。選挙区に高速道路や新幹線を誘致して有権者に実績をアピール、地元建設業者らに仕事を与え、地元建設業者が選挙の際の集票マシンとして機能するという“三位一体”の田中型政治が確立された。
 この政治システムによって、日本列島隅々まで道路や橋が整備されたことも事実だろう。だが、十分に費用対効果が計算されず、無駄なハコモノも続出したとの批判は根強い。見栄えのよい新規建設が優先され、民間の新築マンションでは必須の修繕・維持が、公共インフラでは十分に進んでいるとはいえない。
 建設省出身の脇雅史元自民党参院幹事長も「インフラがいらないというのは間違っているが、これまでやってきたインフラ整備が『筋肉』ではなく『脂肪』だった部分がないとはいえない」と語った。
 やがて、公共事業に逆風が吹く時代が到来する。51年に田中氏が逮捕されたロッキード事件、平成4年以降のゼネコン汚職の摘発によって、公共事業に対する「悪」のイメージが定着。公共事業費は当初予算ベースで9年度の9兆7447億円を頂点に、長期低落傾向に入った。
 小泉純一郎首相(当時)は17年に道路特定財源の一般財源化を打ち出した。自民党の権力を握っていた建設族、道路族の力をそぐためだ。
 「公共事業=悪」のイメージは民主党にも受け継がれた。「コンクリートから人へ」というスローガンを掲げ21年に政権交代を果たすと、15日に民進党代表に選出された蓮舫氏は、「事業仕分け」でスーパー堤防などの大規模公共事業を次々と「見直し」「廃止」と切り捨てた。24年度(当初ベース)の公共事業費は4・6兆円とピーク時から半減した。
 「公共事業敵視のツケは3倍になってかえってきた」とある道路族は語る。二階氏は「無責任かつ幼稚なポピュリズムをかざし、メンテナンスにかける予算や人員を削っては、重大な事故や致命的な損傷が発生するリスクが高まるのは当然だ」と危険視する。
 ただ風向きも変わりつつある。25、26年度当初予算でも、公共事業費は増加。「国土強靱化」構想を唱える二階氏が自民党幹事長となり、財政投融資を使ってインフラ整備に再び国費を注ぎ込むムードもある。
 とはいえ、旧来型の公共事業を続ければ、高齢化人口減社会の身の丈にあわない構造物の山を生むだけだ。地域の人口配分やニーズに配慮した統廃合など、老朽インフラの「終活」にシフトする必要がある。
 二階氏は「財政再建という十字架を背負っていることは誰でも理解している。だが、命は守らなければならない。必要なことをやる、ということだ」と語るのだが…。

確かに二階は嫌いな政治家です。しかし、公共事業を推進し生活を守る姿勢を貫くことに対しては賛同します。
公共事業や道路の保守作業には人材が欠かせません。その人材は育てなければ役に立ちません。
事業仕分けではその教育する時間と費用を無駄と言って切り捨てたのです。
その結果、インフラ事業を担う地元の土建会社が衰退していったことについては否定できません。
その代わり議員と癒着する大手の土建会社が塚らを持ち税金が無駄に使われた面も否定できないはずです。

インフラを担う人々に対してマスコミ達は日陰者として扱い、人気がない職種として差別されています。
本来なら尊敬されてよい職業です。派手ではないが社会の根底を支え、土台を作っている業種であるインフラ事業
捏造報道ばかり行うマスコミに比べたらどれだけ素晴らしい仕事なのでしょうか
きつい、汚い、危険といって嫌われてきた事業であるインフラ事業、華やかな社会の裏ではそのような人々の活躍があって初めて成り立っている事を忘れてはなりません。

インフラ事業に誇りを持ち縁の下の力持ちとして支える皆さま
スポットライトは当たらないかもしれませんが、もしもの時になくてはならない存在として思い起こされます。
東日本大震災の際には日陰者と言われたJR貨物がその力を発揮し、被災者の救援に乗り出しました。

日頃の生活を支える皆様に感謝をしていきましょう。
そしてそれを敵視するマスコミや民進党などは許せませんね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
技術 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/10/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示