日本人ではなかった民進党代表

prm1609170011-p1.jpg
民進党代表である村田、民進党代表選の折に発覚した村田の二重国籍問題
嘘に嘘を積み重ね、有権者・国民を騙して代表となった村田は日本国籍すら選択していない非日本国民であることを公の場でとうとう話しました。
これにより、村田は晴れて容疑者から犯罪者となり替わったと言えるでしょう。
経歴詐欺並びに公職選挙法違反、、戸籍法など様々な問題があり、有罪となる可能性しかありません。

村田容疑者はこの様に話しているようです。
民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」
 民進党の蓮舫代表は15日、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。
 蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。
 蓮舫氏は9月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出。一方で、国籍法で義務づけられた日本国籍の選択宣言をした時期への言及は避けていた。
 国籍法14条は日本国籍の選択について、外国籍の離脱によるほか、戸籍法に従い、日本国籍を選択し、外国籍放棄の宣言をすることによると定めている。
 日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、金田勝年法相は14日の記者会見で、一般論として「台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と説明していた。


「はい。14条を受けて(外国籍を)離脱しなければならないと、私の場合は、父が、私が17歳の時に、全ての作業を終えたと、ずっと思い込んでいたのでその作業は終わったと思っていました。ただ、一部指摘をされて、確認をしたところ、台湾の籍が残っておりましたので、14条に基づいて、106条に基づいた届け出をしました。籍を抜けたのでそれを届けることによって、二つの国籍の問題を解消させようとしました。ところが弁護団から報告、まとめて聞いたんですけども、台湾の籍を抜けた証明書は不受理とされました。受け付けてくださいませんでした。あの、ちょっとそれ自体は私複雑なんですよね(苦笑)、父が台湾出身で・・・。
で、その時に、法律に則って、立法趣旨で則って考えますと、籍が抜ける制度がある国の証明書は当然受け付けてもらえると思っていましたので、不受理だということでどうすればいいのかと、ご相談をしたら、強く、(法律の)後段の部分の、あーー、選択の宣言をするようにと、行政指導されましたので、104条に則って、えー、選択宣言をしました。」

この異常事態に対して記者が全く指摘しない事項が多数見受けられますね。
記者のレベルが低すぎると思います。
最低限
「台湾籍の離脱手続きが完了して届け出たのでこの件はこれで終わり」という直近の発言が嘘であったこと、
いつ離脱宣言したのかを確認しない、
口先だけの説明で納得している事
などなど記者として追及すべき点が全く追及されていません。
日本国籍を宣言していない人間が国会議員になっているこの異常事態になんの説明も求めない記者はジャーナリスト失格です。
そして、外国人が日本の政治に関与している異常事態を見過ごしているマスコミにこの問題を正当化する権利はありません。
外国勢力に日本の政治にかかわってはいけないことはどこの国でも同じ事、
外患誘致罪が適応されてもおかしくない状況であることを伝える義務がマスコミには存在します。

村田容疑者はこのように話しているみたいですけど問題が国籍法ではないことを隠す為に言っているにすぎません。
蓮舫氏「国籍法違反に当たらず」
 民進党の蓮舫代表は16日、台湾との「二重国籍」状態にあった自身の問題に関して「法定代理人を含めやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と述べた。熊本県西原村で記者団の質問に答えた。
 蓮舫氏は15日、二重国籍問題を巡って日本国籍だけを持つ意思を宣言する「国籍選択届」を提出し、受理されたと明らかにした。国籍法は16条で日本国籍を選択した場合、外国籍の離脱に努めなければいけないと規定している。

では、文章を出してもらいましょう。
たとえ、国籍を宣言することが違法である否かという回答でも結構です。
宣言したのちに国籍法に違反しているか?と問われれば違反していないと帰ってくることは当たり前です。
でも、それすら嘘となれば何を信じればいいのでしょうね。

村田に対して議員辞職は生ぬるいと感じております。
議員資格、日本国籍の剥奪を行うように求めていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2016/10/20 06:00
コメント:
No title
蓮舫だけではなく、ほかの二重国籍議員も、全員あぶりだして処罰するべきです。一体何人いることやら。自民党の小野田紀美議員も、一度辞職して再出馬してくれないと、ほかの二重国籍議員を追求できません。
Re: No title
二重国籍は犯罪という事実を訴えていきましょう。

管理者のみに表示