不法滞在外国人、そして教育実習生

o0796045913190328550.jpg
二重国籍者の村田率いる民進党政権下で不法滞在外国人が増えていた事は記憶に新しい事実だと思います。
不法滞在者は不法に入国した犯罪者であり、日本に住む権利はありません。
そのことを知っていて人権派弁護士は犯罪者を守ろうと試みます。
その考えの裏では日本の治安が良すぎるために治安を悪化させないと自分たちの食い扶持がなくなる為だといわれており、犯罪を引き起こす可能性よりも自分の食い扶持を守るため行動しているそうです。
そのような人間たちが弁護をする犯罪者は即国外退去にしていくことが日本の治安を守ることに繋がるものだと確信しております。

さて、子供を出汁にして不法滞在を免除してもらおうとする輩が後を絶えません。
子供には罪はありませんが、大人が不法滞在である以上国外退去は間逃れません。
糾弾されるべきは非正規のルートにて日本へ不法滞在した両親です。そのことを明確にしておかないといけません。
温情は本人の為になりません。
「日本はふるさと 在留認めて」…父親は強制送還 不法入国のペルー人家族
 不法在留で強制退去を命じられているペルー人女性と、日本で生まれ育った中学3年の長女(15)、中学1年の長男(13)が14日、大阪市内で記者会見し、在留特別許可を認めてほしいと訴えた。ペルー人の夫はすでに強制送還されており、家族の支援団体は同日、抗議声明を大阪入国管理局あてに送付した。
 支援団体によると、父親のパスクアル・デラクルスさん(59)は平成3年に、妻のネリ・モレノさん(50)は同6年に、いずれも偽造旅券で日本に入国した。パスクアルさんは日雇い仕事などで生計を立てていたが、23年に入管難民法違反容疑で逮捕され、有罪が確定。ネリさんは逮捕されなかったものの、翌年に家族全員に強制退去処分が出された。
 処分取り消しを求めた訴訟も昨年、最高裁で上告が退けられ、パスクアルさんは今年9月、ペルーへ強制送還された。ネリさんも17日に大阪入管へ出頭するよう命令を受けているという。
 会見でネリさんは「子供たちは日本語は話せるがスペイン語は話せない。許しをもらいたい」と涙ながらに話した。長女も「私と弟は日本がふるさと。学校にも友達がたくさんいる。日本でこれからも生活したい」と訴えた。

日本語だけしかしゃべれなかろうと子供は親元を離れて生活させるべきではありません。
両親は不法滞在していたのですから責任は両親にあります。そのことを周りの大人はしっかりと伝えなければなりません。
この支援団体は良いことしているように見えて最悪の事をしています。
日本に不法滞在していたのですから糾弾されて当たり前、子供には何も言う権利はありません。
義務を守らず、規則を守らない人間に権利何てありはしません。あってはならないのです。
国民としての義務を両親は果たさないといけません。
日本国民の大人には子供を教育する義務が存在します。でも、外国人にはその義務はありませんし、権利も存在するか微妙だと思います。

さて、教育実習生が良く逃げ出すという話を聞きます。本人たちは出稼ぎに来ている感覚で日本に来ているのが特徴であり、労働の対価を求めて教育実習に来ていると技術を学ぶために教えている実習先の人たちとの感覚の差が生まれ、割に合わないから逃げ出すといったことが繰り返し行われている様です。
日本語もろくに出来ない人間が技術研修に来ている人たちは逃げ出しても碌に仕事にありつけずに犯罪に手を染める場合があり、社会問題にもなっております。
そんな中、別の理由で命を失った人もいることを此処に記載します。
外国人技能実習生、異例の過労死認定 残業122時間半
 建設現場や工場などで働く外国人技能実習生が増え続ける中、1人のフィリピン人男性の死が長時間労働による過労死と認定された。厚生労働省によると、統計を始めた2011年度以降、昨年度まで認定はなく異例のことだ。技能実習生の労働災害は年々増加。国会では待遇を改善するための法案が審議されている。
 ジョーイ・トクナンさんは、ルソン島北部の山岳地帯で生活する少数民族の出身。妻レミーさん(28)と、娘グワイネットちゃん(5)ら家族を養うために11年に来日した。岐阜県の鋳造会社で、鉄を切断したり、金属を流し込む型に薬品を塗ったりする作業を担当していた。14年4月、従業員寮で心疾患のため、27歳で亡くなった。帰国まで残り3カ月のことだった。
 最低賃金はもらっていたが、稼いだほとんどを毎月、フィリピンに送金。離れて暮らす娘とテレビ電話で話すことを楽しみにしていた。「リサイクルショップに娘のお土産を買いにいくんだ」。前日、そう同僚に話していたという。
 岐阜労働基準監督署によると、1カ月に78時間半~122時間半の時間外労働をしていたとされる。労基署は過労死の可能性が高いと判断。昨年、遺族に労災申請手続きの書類を送った。結婚の証明などを添えてレミーさんが申請し、今年8月に労災認定された。一時金として300万円、毎年約200万円の遺族年金が支給されるという。

彼は教育実習生なのに日本に出稼ぎに来ていたようです。厳しい稼ぎの少ないフィリピンにお金を送ろうと頑張っていた人です。
日本人でも過労死は時まれにあり、フィリピン人だからというわけでもありませんが、このように実習生がお金を稼ごうとして頑張るのは辞める様にしていかないといけません。
技術を覚え、祖国の発展に寄与する事が彼に課せられた目的のはずでした。
ですが実際にはお金を稼ぐために仕事をしていた。そして亡くなってしまった。本人のとっても、実習先にとっても不幸な事です。
稼ぐためにそこまで頑張らなくても良かったのでは、と思わなくありません。
教育実習の制度を変えていく必要があります。稼ぐために儲ける為に行く、受け入れるのではなく祖国を富ませる為に、それを手助けするために教育を施すとならなければなりません。最低賃金なんて不要、勉強のために働くとの環境が必要だと思います。

どちらの場合も犠牲になる人が発生しております。
不正や犯罪は厳しく取り締まっていかなくてはなりません。そのためにも法律の整備、並びに犯罪を許さない社会をつくっていかないといけません。何をするにも責任が伴い、権利を主張するには義務が生じます。
その当たり前のことを訴えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
技術 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/10/19 06:00
コメント:
No title
不法滞在者の子供が公立学校に通えるというのはおかしいです。これも周りの「温情」なのでしょう。日本のルールに従わなければ日本では生きていけないような、しっかりした法整備をし、それを守るようにしないといけませんね。

管理者のみに表示