沖縄に派遣されている機動隊へ感謝の気持ちを持ちましょう。

img_3_m_20161021083808604.jpg
様々な差別、暴力を受けている機動隊の皆さま、お疲れ様です。
一連の反日活動家の発言、暴力は見るに堪えませんし、聞くに堪えれません。
そのような状態であるにも関わらず、体を貼って沖縄を守ってくださっている機動隊、警察の皆さまに於かれましては感謝の念しかありませんね。

今回の件ですが琉球新報が本音を吐きました。
<機動隊 差別発言を問う>沖縄からアジェンダを 安冨歩さん(東大東洋文化研究所教授)
 非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということ。今回、この線から近づくなと言う警察に対し、抗議する人々が金網を利用して挑発し、日本警察の本質を露呈させた。「土人」発言という暴力を振るったことで、警察は窮地に立たされている。沖縄が今考えるべきは、さらに挑発的な次のアクションをどう起こすかだ。
 猛烈な差別構造があるからこそ、これだけの基地が沖縄にある。今回の暴言はその差別構造ばかりか、大阪府知事の差別意識まで露呈させたのだから大成功だ。
 もちろん、それが一般化し「沖縄人は土人だ」という空気が広がる可能性もある。その場合、沖縄は独立せざるを得ない。そのときは世界中がそれを容認し、日本は威信を喪失するだろう。だからこそ、ここが闘いどころだ。
 大事なのは、闘いのアジェンダ(議題)を沖縄が設定すること。権力の行為に反対する運動では、アジェンダを先方に握られているので敗北は必至。常に沖縄が主体性を確保し、アジェンダを設定しなければならない。
 今回の「土人」騒動は、言い訳した大臣の発言がまた火種をつくっている。沖縄はかさにかかって権力者を挑発し、ばかなことを言わせ続け、次々に言い訳させて対応を迫るべきだ。できれば米政府、米軍、米大使をその渦に引きずり込む。米国は人権を重視する国のはずだから、沖縄人を土人呼ばわりする日本の警察に米軍が守られている状況をどう思うか、聞いてみたらいい。

反権力に注力し、差別を装い挑発して機動隊に暴力を使わせる手口があまりにもうまくいったのでつい言葉が漏れてしまったのかもしれませんが、それを堂々と記事にする新聞社もすごいものですね。
こんな記事を見たら明らかに反基地活動家が嫌われる理由になるというのがわかっていないのでしょうか?

この記事に対して沖縄県内からも批判の声が上がっております。
東大教授の沖縄論評が波紋 「挑発的な次のアクションをどう起こすかだ」 琉球新報が掲載
沖縄県の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事の警備にあたる大阪府警の機動隊員が工事反対派に「土人」と発言した問題をめぐり、地元紙の琉球新報が26日に掲載した安冨歩・東大東洋文化研究所教授の論評が波紋を呼んでいる。
 安冨氏は「非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということ」と前置きし、「抗議する人々が金網を利用して挑発し、日本警察の本質を露呈させた」と指摘した。
 その上で、機動隊員の発言を暴力になぞらえ、「『土人』発言という暴力を振るったことで、警察は窮地に立たされている。沖縄が今考えるべきは、さらに挑発的な次のアクションをどう起こすかだ」とした。
 さらに、「今回の『土人』騒動は、言い訳した大臣の発言がまた火種をつくっている。沖縄はかさにかかって権力者を挑発し、ばかなことを言わせ続け、次々に言い訳させて対応を迫るべきだ。できれば米政府、米軍、米大使をその渦に引きずり込む」とも述べている。
 県内からは「大学教授が挑発をあおるようなことは慎むべきだ」(県幹部)との声があがっている。

こんな非常識な人間が大学の教授をやっているなんて生徒は悲惨ですね。
若いうちから左ばかり見て右も中央もわからなくなれば人間資格ですよ。
警察、機動隊を守るためにもこのような反日左翼を逮捕できるような共謀罪やスパイ防止罪をつくる必要があります。
国会議員さんはどのように考えているのでしょうね。
実際に聞いてみたいものです。
その点、表に立つ知事は正論を述べていますね。
「『土人』発言の背景 メディアはちゃんと伝えて」「警察官にご苦労様と言うのは当然」
 「そういうことにならないように警察官は全国から派遣され、敷地に入らないように守ってるわけ。それはネットの映像を見ていたら、警察官は命令通り職務に忠実に働いてた。だって、捕まろうが、何しようが守ってたわけやけやから。ぶつかり合いにならないように。その職務を忠実にこなしている警察官に対してご苦労様と言うのは当然の話」
 「警察官にも家族はあるし、今回そういうことに至った背景、これはメディアはちゃんと伝えるべきやと思う。なぜそこまで、何もされていないのに…。一般の人も、自分は何もされていないのに、相手のことを差別的に誹謗中傷するのはありえへん話で、そこに至るにはそれなりの理由があるわけやから」

はっきりと述べています。混乱を生み出しているのは反日活動家で大阪から機動隊が何故行くのかを報道しない事には問題の本質が見えません。
何故隠すのでしょうか?見られてはまずいからですね。

このような逆境であっても頑張って下さる機動隊の皆様に声援を送りましょう。
それも私たちが出来ることだと思います。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/10/31 06:00
コメント:

管理者のみに表示