次々と逮捕される犯罪者たち

14718688_358707961137080_3879347438296536044_n.jpg
沖縄での反日活動家の活動にあせりが見え始めました。
それもそのはず、沖縄県警のトップであるオナガ知事の力がおよばない他府県の警察官により次々に活動家が逮捕されています。
しかもその逮捕されている人間が在日朝鮮人であったり、しばき隊であったり、神奈川、大阪在住の人間であったりと沖縄県民以外の人間が多く逮捕されています。
オール沖縄と言いつつ県外、海外からの応援団が多数を占めていることが発覚しており、多くの県民から県の代表ではないという声が高まったおります。
反対派リーダー再逮捕 公務執行妨害容疑
 米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡り、防衛省沖縄防衛局の男性職員(42)にけがをさせたとして、沖縄県警は20日、沖縄平和運動センター議長の山城博治(ひろじ)容疑者(64)=沖縄市海邦2=を傷害と公務執行妨害の疑いで再逮捕した。牧師の吉田慈容疑者(31)=神奈川県大和市下鶴間=も両容疑で逮捕した。
 山城容疑者は移設反対運動のリーダー。逮捕容疑は8月25日朝、東村高江周辺の工事現場近くで、侵入防止のフェンスを設置しようとした防衛局職員に対し(1)山城容疑者は反対派が設置するテントに押し込み「今度来たら許さんぞ」と言って左肩をつかみ(2)吉田容疑者は右腕を強くつかむ−−などの暴行を加え、2週間の軽傷を負わせたとしている。
 山城容疑者は、有刺鉄線2本を切断したとして17日に器物損壊容疑で現行犯逮捕されているが、検察による刑事処分はまだ出ていない。【佐藤敬一】

ヘリパッド反対派を初起訴、沖縄
 那覇地検は26日、防衛省がヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の建設工事を進める米軍北部訓練場(沖縄県東村高江など)で、工事への抗議活動中に防衛省職員にけがを負わせたとして、傷害罪と公務執行妨害罪、米軍施設内に侵入した日米地位協定に伴う刑事特別法違反の罪で、無職の添田充啓容疑者(43)を起訴した。
 7月から着手されたヘリパッド工事への抗議活動を巡り、起訴されたのは初めて。
 起訴状によると、添田被告は9月24日、正当な理由がないのに立ち入り禁止の北部訓練場内に入り、防衛省職員の胸を突き飛ばして転倒させ、けがを負わせた、としている。

反日活動j家は暴力がお好きなようでして様々な動画で活動家の暴力行為を見ることができます。
マスコミでは世論操作できません。明確に暴力をふるっている活動家を逮捕していくことは警察の任務であり、お仕事です。

その活動家たちの挑発により血気盛んな大阪の機動隊の人は反日活動家に対して暴言を吐いたとして問題となっておりますが、どちらの発言がよりひどいものであるのかを議論しなければなりません。
通常、両論を出していかないといけませんがNHKをはじめとする報道局は反基地活動家への発言しか出しません。
それは偏向報道というものです。
二つの記事を並べてみましょう。
よりよく沖縄県の言論の自由がないことが分かります。
「家族の顔をアップしてやる」「大阪の人間は金に汚い」 自民党沖縄県議団がヘリパッド反対派の警察への暴言を列挙
自民党県議団は意見書案で「こうした警察官の人格、尊厳を傷つける発言は問題とせず、警察官の発言のみを取り上げることはあまりに一方的だ」と指摘。
沖縄・自民の県議「反対派も暴言」 警察と市民を同列で比較
 県議は総務企画委員会で、市民側にも「暴言」があり、機動隊の差別発言を誘引したとの認識を示した。

同じ内容を記事にしてもここまで内容が違うのもすごいところですね。

では実際にはどのような暴言が行われてりるのかと言えば今回逮捕された山城の発言を見てみましょう。

これは暴言以外の何物でもありませんね。
それ以外にも
①お前は心が歪んでいるから顔も歪んでいる。
②米軍の犬、政府の犬、安倍の犬、人殺し、デブ、豚、熊。
③お前ら顔覚えているから街で会ったら覚えとけ、死んでるから。
④次ぎ会ったときは殺し合いのケンカだ。
⑤お前の顔と家族の顔をネットで世界にアップしてやる。
⑥孫の代まで呪ってやるからな。
⑦お前八つ裂きにしてやる。
⑧お前の家は判っているぞ、横断幕を設置してやる。
⑨お前らは犬だから言葉は判らないだろう。
⑩大阪の人間は金に汚いよね。
⑪子供はいるか? 人殺しの親め。
⑫お前が戦争に行って死ね。
⑬火炎瓶や鉄パイプで闘う方法もある。
⑭お前ら、人殺しの子供は人殺しだ。
⑮お前らを殺し、俺も死ぬ。
⑯俺は死ぬときはひとりでは死なないからな。
⑰街を歩くときには後ろに気をつけろ。
出るは出るはの暴言集って感じですね。
これに耐えている機動隊の皆様お疲れ様です。

これが沖縄で実際に起こっている反日活動家による公務執行妨害です。
このような事件を報道出来ない報道局に報道の自由はありません。責任があって初めて自由を行使できるという当たり前のことが抜けている日本の報道局、鉄槌を下したいですね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/10/30 06:00
コメント:

管理者のみに表示