日韓 二大女性リーダの怪談

日韓女性怪談
なにかと嘘吐きのイメージがついてしまった村田議員、もうすぐ議員の職を辞するか剥奪される見通しです。
そんな彼女が韓国の女性リーダとの会談を行いたいとの話を打ち上げたそうです。
民進・蓮舫代表、女性リーダー同士の会談に意欲
女性リーダー同士の会談への意欲を示した。
民進党の蓮舫代表は、「また強力な友好関係を結ばせていただければと思う」と述べた。
民進党の蓮舫代表は26日、韓国の李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日大使の表敬訪問を党本部で受けた。
この中で李氏は、9月に代表に就任した蓮舫氏に祝意を伝え、蓮舫氏は、「強力な友好関係を進めたい」と応じた。
さらに、蓮舫代表は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が日本を訪れる際には、会談したい考えを伝え、李氏は、実現するよう努力すると応じた。

日本人の感覚を持っていない村田が韓国と懇意になるのはわからなくもありませんね。
日本人は韓国人を心底嫌っています。日韓合意を守らずに好き勝手に動いている韓国人、それを規制できない韓国政府、日本にたかろうと日韓スワップを持ち掛けた韓国、合意への話し合いが行われていないのに勝手に設定する韓国政府
これでは日本人がどうやっても好きに成るわけがありません。
寧ろ韓国とは国交断絶をしたいという人すら出てきているくらいです。

さて、村田は国籍剥奪の危機にあるようですが、相手の朴槿恵大統領は死刑の可能性すら出てきました。
韓国検察、大統領府を家宅捜索 機密文書の流出問題など
 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が民間人に機密文書を渡した問題などをめぐり、検察当局は29日、大統領府を家宅捜索した。29日は各地で朴氏の辞任を求める集会が開かれており、国民の反発も高まっている。朴氏は就任以来、最大の危機を迎えている。
 朴氏は25日、長年支援してもらっていた民間人のチェ・スンシル氏に機密文書を渡し、アドバイスを受けていたことを認め、謝罪した。
 大統領府の文書流出は法律で禁じられているが、大統領は憲法の規定で在職中、刑事訴追を受けない。検察当局は29日、文書流出に関わったとされる側近らの大統領府内の事務室を捜索。流出にどう関わったかなどについて調べる。
 また、検察当局は、チェ氏がスポーツや文化に関する二つの財団の資金を流用するなど私物化したとされる疑惑も捜査している。29日は財団の資金を集めるために経済界に圧力をかけたと取りざたされている首席秘書官らの事務室も捜索した。(ソウル=東岡徹)

相当やばいですね。国家機密を垂れ流す大統領というのが凄まじくやばいと思います。
文化に関する財団を私物化したというのは非常に危ないことでしょうね。
文書が流れ文化が流れるとなるとその国の骨格がばれてしまいます。
嘘に塗られた国家といえどもそれはちとまずいと思います。
もしかすれば大統領の移動禁止となるかもしれませんし、出国停止の可能性すらあります。
日中韓首脳会談や日韓女性怪談の開催に話が出ている現在においてこの問題は尾を引く問題となる可能性がありますね。

そんな中菅官房長官は自信をにじませています。
激震・朴政権 菅義偉官房長官「(日本には)何の影響もない」と強調
 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏による国政介入疑惑に関し、「(韓国の)内政にかかることであり、日本政府としてコメントすることは控えたい。(日本には)何の影響もないと考える」と強調した。
 また、菅氏は年内の日本開催を目指している日中韓首脳会談について、「何ら影響はないと思っているので、そこは予定通り進めていきたい」と述べた。

日韓女性怪談はどうでもいいとしても日中韓首脳会談に影響がないというのは強気すぎると思います。
しかし、韓国政府の内部事情についてコメントを求められても、対応を求められても困ると言えば困るのでしょうね。
日本政府としては韓国の大統領は辞めさせられないのですから日程を守る様に促すことしかできないのかもしれません。

女性が輝く場所は別に仕事だけではなく子育てにおいても家庭においても活躍の場があります。
しかし、男性では子供を産むことが出来ません。男性・女性の区別のない世界に来た人間が女性を武器にして騒いでいる今の状況をみて危うさを感じるのは私だけではないと思います。
少し立ち止まって考えてみるのも手ですね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2016/11/05 06:00
コメント:
No title
>女性が輝く場所は別に仕事だけではなく子育てにおいても家庭においても活躍の場があります。男性では子供を産むことが出来ません。

本当にその通りです。「専業主婦」と言うのも、女性の能力を閉じ込めて貶めているのではなく、女性にしかできない役割を十分果たしてもらえるように、女性を大切にする区分だと思います。古くからの日本の考え方は、差別ではなく区別で、男女両方の能力を活かすことに適しているのではないでしょうか。

管理者のみに表示