強行採決 誰が連発していた

強行採択
TPPが強行採択されたと毎日新聞や朝日新聞だけ記事にしておりますが、TPPの採択が行われました。
民進党達野党の一部は大臣が辞任しない限り審議を拒否するという暴挙に出ており、国民が期待する審議を行わない事を宣言し、国会に遅れてきて一時間も審議時間を削りました。
その結果、審議が終了し採択が行われ衆議院を通過する事が決定
野党の一部は結局自民党の味方をしただけになりました。
何がしたかったのでしょうか?
TPP法案 「軽口」と「数の力」と
 またも、ため息が漏れるような光景だった。
 環太平洋経済連携協定(TPP)承認案と関連法案が、衆院特別委員会で与党と日本維新の会の賛成多数で可決された。
 民進、共産両党の議員が委員長席を取り囲み、「強行採決反対!」の紙片をふりかざして、「ダメだ」「認めない」と叫び、怒号が飛び交った。
 それにしても嘆かわしいのは、紛糾の原因となった山本有二農水相の軽々しい言動だ。
 山本氏は先月半ば、佐藤勉・衆院議院運営委員長のパーティーで「強行採決するかどうかはこの佐藤勉さんが決める」と発言。行政府の担当閣僚が立法府の議運委員長に強行採決を求めるかのような態度を批判され、発言の撤回に追い込まれた。
 それなのに今月1日には、自民党議員のパーティーで「こないだ冗談を言ったらクビになりそうになりまして」と自らの発言を笑いのネタにした。さらに会場の農協関係者に対し「明日でも農林省(農水省)に来ていただければ何かいいことがあるかもしれません」と利益誘導まがいの言葉まで口にした。
 発言の軽率さだけではない。山本氏は特別委の審議で、官僚の用意した答弁を棒読みする場面が目立った。
 閣僚としての資質が厳しく問われて当然だが、巨大与党は「数の力」で野党が求める閣僚辞任をはねつけた。
 与党は結局、山本農水相を守ったうえで採決を強行した手順に則って採択した。安倍首相はあの現場をどんな思いで見ただろうか。
 首相は先月の衆院特別委で「わが党においては結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」と、国会の歴史を踏まえない独自の考えを披露していた。きのうも「強行」ではなかったと言うのだろうか。
 TPP承認案と関連法案の対象は広範囲に及び、国民の暮らしに深くかかわる。
 だからこそ、その中身の徹底審議が求められるのに、衆院段階の審議はまだまだ十分とは言えない。
 なかでも、消費者の関心が高い「食の安全」では多くの論点が積み残された。牛肉や豚肉の輸入に関しては、農家の収入減を交付金で補填(ほてん)する制度を拡充する法案が出されているが、これらは適切なのか。海外に進出した企業が不当な扱いを受けた場合に相手国を訴える「ISDS条項」でも、米国企業による訴訟乱発への懸念が強い。
 こうした論点について、来週以降の参院審議で、与野党の核心を突いた議論を期待する。

審議にて疑問点を洗い出して議論を尽くすのが国会議員の仕事です。
審議を拒否し、審議時間が足りなくなったのは自分たちの責任であり自民党の責任ではありません。
自民党の案に賛成とは言いませんが、野党が明確に問題点を指摘してその対応を議論していれば解決できた問題です。
野党の体たらくが与党の余裕を産み、民主主義の原則に則り多数決で決定した審議
決まったからにはそれに従うしかありません。
民進党が決めた絶対に資料を表に出さない交渉経過、それに対して民進党が何か文句言う権利も義務もありません。
自らが決めたことに責任を負うことがない民進党に政党として絶望を感じます。

さて、民進党は強制採決とか言っていますが、実際に強制採決を行ったのは民進党の方が多いことは周知の事実ですね。
民進党の際にはなんかい強制採決を行ったのでしょうか?聞いてみたいものですね。
3年3カ月で計24回! 民主党は強行採決を連発した〝黒い過去〟をお忘れなのか?
 民主党は安全保障関連法案の採決が行われた7月15日の衆院平和安全法制特別委員会で、「強行採決反対!!」などのプラカードを掲げて反対した。「自民党感じ悪いよね」や、法案反対の街頭デモで最近多用されている「アベ政治を許さない」のプラカードもあった。街頭デモの手法を国会に持ち込み、得意げにテレビカメラに向けてプラカードを掲げる民主党議員の態度は正直いって「感じ悪い」。ポピュリズムに魂を売った実に奇矯な振る舞いだった。
 民主党議員は盛んに「強行採決」に反対だと訴えた。自分たちに不利なことは都合良く忘れることができる特殊能力があるようだ。強行採決こそ民主党政権の“伝統芸”だったからだ。
 強行採決は一概に否定されるものでもない。一定の審議時間が過ぎれば、決めるときは決めなければならない。まして「反対のための反対」を延々と展開する現在の民主党をまともに相手にしていたら、いつまでたっても法案は採決に至らない。
 だからこそ、平成21年の政権交代前の自民党政権は強行採決を多用したし、現在の安倍晋三政権も実行している。問題は、強行採決を批判する民主党が、過去に同じことを繰り返しておきながら、恥ずかしげもなくほおかむりしていることだ。
 結論から先に言うと、民主党政権の約3年3カ月の間に、衆参両委員会で法案や条約承認の強行採決は少なくとも24回行われた。本会議を含めれば、数はさらに増える。
 強行採決には、いくつかのパターンがある。政府・与党の対応に反発した野党が委員会を欠席する中で与党の賛成多数で“静かに”採決する場合や、野党が出席する中で与党が質疑を打ち切り、怒号が飛び交う中で採決する場合もある。
 民主党政権では両方あわせて24回で、このうち騒乱の中での採決は9回あった。約2年8カ月の第2、3次安倍政権の11回(うち騒乱の中での採決は5回)と比べると、格段に多い。
 21年9月に発足した鳩山由紀夫政権は最初の臨時国会で、いきなり強行採決を連発した。11月19日の衆院財務金融委員会では、自民、公明両党が欠席する中で、中小企業円滑化法案を採決した。これは鳩山政権で初めて衆院委員会で可決した法案で、いきなり冒頭から強引な国会運営を展開したわけだ
 翌11月20日には衆院の3委員会でも強行採決を行い、11月27日には参院で再び中小企業円滑化法案を強行採決した。当時の民主党幹事長は小沢一郎氏だった。“豪腕”とは、こういう手法を意味するようだ。
 さすがに強行採決の連発はまずいと思ったのか、鳩山政権はしばらく封印した。ところが22年3月になると、一層強行な態度に出た。3月12日の衆院厚生労働委員会で、マニフェスト(政権公約)の目玉だった子ども手当法案を強行採決した。所管する当時の厚労相は、安保関連法案の採決を「強行採決」と猛烈に批判する長妻昭代表代行だった。自民党が質疑している中で、民主党の藤村修委員長(後の官房長官)が一方的に打ち切り、怒号の中で採決が行われた。
 同じ日の衆院文部科学委員会では、これもマニフェストの目玉だった高校無償化法案が騒乱の中で採決された。政権交代で示された民意を愚直に実行したということなのだろう。その後、民主党政権はせきを切ったように強行採決を連発した。
・3月25日=子ども手当法案(参院厚労委)
・4月14日=国民健康法改正案(衆院厚労委)
・5月12日=国家公務員法改正案(衆院内閣委)
・同日=省エネ製品促進法案など(衆院経済産業委)
・5月14日=地球温暖化対策基本法案(衆院環境委)
・5月24日=国政選挙経費削減法案(衆院倫選特委)
・5月25日=放送法改正案(衆院総務委)
・5月26日=北朝鮮輸出入制限措置の承認(衆院経産委)
・5月28日=郵政改革法案(衆院総務委)

 3月12日~5月28日のわずか2カ月半で、11回もの強行採決を行った。うち9回が騒乱の中での採決だった。
 郵政改革法案は小泉純一郎政権が17年の「郵政選挙」で信を問うた郵政民営化の内容を変更する法案だった。衆院選の自民党圧勝を経て17年10月に成立した郵政民営化法案の審議時間は、衆院の正確な記録が残る昭和50年以降で歴代3位の120時間を超えた。今国会の安保関連法案の116時間をも上回ったが、民主党政権は郵政の公的性格を強める内容の郵政改革法案を審議入り当日の6時間の審議だけで採決した。
 当時、外相として閣内にいた岡田克也代表は、安保関連法案について「審議を尽くしていない」などと訴えているが、見事なまでの厚顔無恥。
 鳩山政権の後を継いだ菅直人政権は委員会での強行採決は1回しか行っていない。菅氏は6月14日の衆院本会議で「強行採決は望ましくない」と答弁していた。もっとも、東日本大震災や原発事故対応、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の中国漁船衝突事故の不手際など、強行採決を超越した強引な政権運営の問題は数多かったが…。
 23年9月に発足した野田佳彦政権で、強行採決は再び本格化した。24年8月24日の公債発行特例法案(衆院財務金融委員会)など計7回に及んだ。
 そんな過去は見透かされている。まともな対案も掲げずにプラカードを掲げて安保関連法案に反対した民主党には、世論も厳しい視線を送っている。
 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が7月18、19両日に行った合同世論調査によると、民主党の支持率は9・8%で、6月の前回調査から0・7ポイント下がった。自民党も1・1ポイント減少したとはいえ、33・7%の支持があり、民主党の3倍を超えた。
 安倍内閣の支持率は6・8ポイント減の39・3%、不支持率は10・2ポイント増の52・6%だったのに、法案反対の急先鋒である民主党の支持には全くと言っていいほどつながっていない。
 分が悪いとみたか、民主党は7月18日から岡田氏や枝野幸男幹事長ら幹部が全国各地に飛び、法案反対のキャンペーンを開始した。その名は、なんと「強行採決は国民無視! 抗議の演説会」。ただでさえ暑いのに、悪い冗談でますます寝付きが悪くなりそうだ。

で、民進党は何に対して抗議しているのでしょうか?
審議を尽くして、議論から逃げ出して採決の邪魔をしていただけに過ぎません。

これでは自民党が変な法案を採択するのもわかる気がします。
これでは正常な国会運営が出来ません。それは野党にとっても与党にとっても不幸ですし、国民が一番の被害をこうむります。
このような国会議員は必要ありません。落選させましょう。

私たちは国会議員を選ぶ権利があり、未来の子への義務があります。
それを果たせるように国会議員は選んでいきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(3) | トラックバック:(0) | 2016/11/10 06:00
コメント:
No title
維新の松井代表がめっちゃ怒ってますよね。民進党と共産党は給料ドロボーだって。

http://youtu.be/r7PFVB3iWvg
Re: No title
議会で審議をしないと宣言することは、仕事をしないと公言したも同様です。
こんな仕事ができない人間を首に出来ないことがおかしいと思います。
民進党!職業安定所だって!(ぎゃはー)
粗さがし、揚げ足取り、週刊誌から記事を引用、そして政権叩き。
一寸だけ頭を働かせれるこどもなら簡単にできる。
週刊誌ネタならパチンコ依存症の生ぽのおっちゃんでもいえる。
しっかりと自治労とか日教組、あとは革マルなど過激組織とでつるめ2重国籍があれば選挙で当選可能かも。
重要なのは学歴だった。東大卒とか有名大学とか、なにをやっていたのかは、プリカ女史の様にたらいまわしで使い道のなかった人でもオーケー。
日本国と国民のためになるわきゃねーな。

管理者のみに表示