野党は本当に野合連合をつくるのか

14671213_1127472230633302_3553611529308956371_n.jpg
初めは人気を誇った民進党、提案型の政治を行う言い、国会では何の提案も出来なかった民進党の人気は地に落ちそうな感じになっています。
その人気を回復しようと共産党と手を組むことにしたそうですね。
民進党の支持母体である連合は共産党とは手を結ぶことはありませんが説得できたのでしょうか?
非常に気になるところではありますね。
4野党共闘ならば47選挙区で当落逆転 与党326→279 全野党共闘ならば84選挙区で逆転…
 次期衆院選で民進、共産、自由、社民の4野党が共闘を目指す中、産経新聞は6日、平成26年12月の前回衆院選で4野党が全295選挙区に統一候補を擁立した場合の当落を試算した。この結果、自民、公明両党は計47選挙区で「野党統一候補」に逆転されることが判明。7月の参院選でも野党共闘の効果は実証されており、次期衆院選に向け、自公両党は戦略の見直しを迫られる。
 前回衆院選(定数475)で、与党は選挙区232、比例代表94の計326議席を獲得、3分の2(317議席)超の大勝を収めたが、野党共闘により47選挙区で当落が逆転すれば、与党は279議席で3分の2を大きく割り込む
 試算では、選挙区ごとに民主(現民進)、共産、生活(現自由)、社民の4党の公認候補の得票を合計して「野党統一候補」の得票と仮定した。
 この結果、比例ブロックごとにみると、北海道ブロック(計12選挙区)は与党が5議席を失い、野党8、与党4と与野党逆転。北陸信越ブロック(計19選挙区)でも新潟県で3議席など計6議席を野党統一候補が獲得し、与党10、野党9と拮抗(きっこう)した。東北ブロック(計25選挙区)でも野党統一候補が5議席を奪った。これらの地域は、7月の参院選で野党共闘が一定の成果を挙げた地域と重なる。
 都市部でも野党共闘は奏功する。東京(計25選挙区)では7議席で当落が逆転。宮城、埼玉、福岡など13都県で都県庁が所在する「1区」で与党は議席を失うことになる。
 一方、南関東(計33選挙区)は2議席、中国(計20選挙区)、四国(計11選挙区)は各1議席の逆転にとどまった。
 試算では、4野党共闘と距離を置く維新の党(現日本維新の会)や次世代の党(現日本のこころを大切にする党)を第三勢力として別枠としたが、維新など全野党が共闘した場合、計83選挙区で与野党の勝敗が逆転する。この場合、与党は243議席と過半数(238議席)をわずかに上回る勢力まで落ち込み、政権運営は極めて不安定となる。

野党が本当に共闘し、民進党がそのままの勢力で推進するので在れば可能性はないとは言いませんが、現状に於いてそれはないのではないでしょうか?
民進党の応援団は連合です。
連合は共産党と犬猿の仲であり、一緒になることはありません。
もし、一緒にやろうとすれば連合は見捨てるでしょう。
何時までも連合のお金と人脈を当てにしていてはいくら中共の狗である村田でも選挙に勝てないでしょう。
連合の構成員数は共産党なんてけた違いの人数です。それが反民進党で動くとなるとどれだけの力になるのでしょうか?
共産党系の連合もいるはいますが、ほとんどが民社党系の人間です。
日本の為に、労働者の為に戦っている人もいます。
それらの人々の話を聞かないのであれば村田は代表から落とされることでしょう。

と、思っていたら村田は連合に喧嘩を売ることを決めたそうです。
蓮舫氏、連合にクギ 野党共闘は「口出すところでない」
■蓮舫・民進党代表
 (共産党を含む野党共闘に否定的な連合と民進党との関係について)組織が違いますからね。連合は、私たちは最大の支援団体だと思っていますので、最大限尊重もしている。お互いに分かりあえる政策を実現をするためにこれまで共に歩んできましたし、これからも歩んでいきます。ただ、そこにおいて、選挙区で他の政党とのことまで口を出すところだと思っていない。(東京都港区の講演で)

さて、どのようなブーメランが返ってくるのでしょうね。見ものです。

民進党は提案型の政党になるといっておりましたが、自ら政策を考えることがありませんでした。
しかし、今回アップグレードを行うとの事、どのような政策なのでしょう。
民進、次期衆院選の公約作りスタート「政策アップグレード検討会」
 民進党は2日、次期衆院選公約の目玉政策を議論する「政策アップグレード検討会」(会長・細野豪志代表代行)の初会合を開いた。早期の衆院選に対応できるよう、11月中のとりまとめを目指す。会合は党所属全議員が対象だが、出席したのは4分の1弱の約40人にとどまった。
 蓮舫代表は初会合で「われわれには人材や政策、知恵があるが、残念ながら国民に届き切っていない」と指摘。細野氏は「来るべき総選挙での民進党の『柱』を、しっかり議論して決めたい」と語った。
 会合は出席者が自由に発言する懇談会形式で行われ、少子化対策や子育て、教育分野で重点的な政策を打ち出すよう求める意見が相次いだ。今後は、社会保障政策を中心に議論する予定。エネルギー環境調査会(玄葉光一郎会長)では、原子力政策について議論し、公約を練り上げる。

25%しか参加していない民進党の政策検討会、素晴らしい意見が多数出たのでしょうね。
現実を見ないエネルギー政策、これには連合は反対していましたね。自分たちの仕事を否定されていると感じている人が多数いるのに、エネルギーが全く足りない状態なのにそのような政策を作っていては国民には届かないでしょうね。
国民が向いている方向とは全く異なる方向を向いていて届かないと言っている姿は滑稽です。
少子高齢化の原因は女性が働かないといけない社会状況ではないでしょうか?
女性が子育てに注力できる状態を作ればもっとよくなるはずです。
出来なければもっと子育てに予算を付けて、家族が一緒になれる政策を行う必要があります。
そのことが民進党並びに自民党もわかっていないと私は思います。

民進党と共産党が一緒になる事態となれば維新の党や次世代の党などは離反するでしょう。
連合も民進党を見捨てるでしょう。特に連合は前回の共産党との野合に対して不信感を持っていました。
これから落ちる一方である民進党、村田はどのようにして生き残るのか注目されるところです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/11/12 06:00
コメント:

管理者のみに表示