差別主義者達の情報操作

o0690048813511318731.jpg
トランプさんの次期大統領が決定しておりますが、いまだにヒラリーのほうが得票が多いとか未練がましく言っているメディアがあります。そうかもしれませんが、アメリカの選挙制度が選挙人制度なので騒いでも意味がありません。
出来るだけ公平にとの考えで作られた選挙制度、否定するには明らかに軽すぎます。

トランプ陣営とヒラリー陣営を比較した際に圧倒的に報道が偏っていたのを皆さんは覚えておりますか?
日本のテレビもヒラリーが大統領になると予想し、トランプさんを暴君としてもてはやしていました。
トランプに「敗北」した米新聞メディア 「偏ったフィルター」だったのか
「メディアは不誠実、そして腐敗している。有権者には、それが分かっている」――米大統領選を通じ、そう主張していたドナルド・トランプ氏が、メディアによる自身の劣勢報道をはねのけた形で勝利を納めた。
多くのメディア、特に新聞社がヒラリー・クリントン氏の支持を表明し、かつ各種世論調査で「クリントン氏優勢」を伝える中での「逆転」勝利だった。「トランプ大統領」とそれを選んだ米国世論に「新聞メディアが敗北した」とも言えそうだ。

支持表明の新聞社、クリントン57社vsトランプ2社
2016年11月9日(日本時間)朝から開票が始まった米大統領選は、接戦の末、トランプ氏勝利が決まった。
主要メディア間では、直前までクリントン氏優勢・逃げ切りの見方が強く、たとえば投票直前の11月7日(現地時間)のニューヨーク・タイムズ(電子版)では、選挙キャンペーンの締めくくりにあたって「ヒラリー・クリントンからの楽観主義と、ドナルド・トランプからの暗黒」といった見出しの記事を配信していた。
また、8日時点の世論調査でも、米政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の調査(平均支持率)で、クリントン氏45.5%、トランプ氏42.2%、とクリントン氏優勢の結果が出ており、こうした情報を多くのメディアが報じていた。
トランプ氏陣営では、本人も含め、たびたび「メディアによる偏ったフィルター」などを口にし、批判してきた。トランプ氏は、大統領選のテレビ討論会の最終回(10月19日)にも、「メディアは不誠実、そして腐敗している」などと訴えた。
それもそのはず、特に「新聞」では、トランプ包囲網といってよい程、氏に厳しい態度を示していた。米誌「THE WEEK」(電子版、11月7日)などによると、国内100大紙のうち、クリントン氏(民主党)の支持を表明(エンドースメント)した新聞は57社なのに対し、トランプ氏(共和党)支持はわずか2社。前回2012年の大統領選では、現職オバマ氏(民主党)支持41社に対し、ロムニー氏(共和党)支持は35社で、今回の両候補の差がいかに大きいかが分かる。

トランプ陣営は、ネット情報発信を強化
クリントン氏支持を表明した主要メディアでは、民主党寄りであることで知られるニューヨーク・タイムズは9月24日に、また、やはり主要メディアであるワシントン・ポストも10月13日に氏の支持を打ち出した。さらに、ザ・アリゾナ・リパブリックなど、これまでの大統領選で支持表明をほとんどしなかった(もしくは全くしてこなかった)社の中にもクリントン支持派が出た。
また、クリントン氏の支持まではいかないまでも、全国紙として知られるUSAトゥデイは、トランプ氏は危険で大統領には不適格だとして、同氏へ投票しないよう呼びかけた(9月30日)。同紙が大統領選で特定の立場を表明したのは、1982年の創刊以来、これが初めてだ。
一方、トランプ氏支持は、ネバダ州の最大手紙「ラスベガス・レビュー・ジャーナル」(10月23日)と、フロリダ州の「フロリダ・タイムズ・ユニオン」(11月6日)の2紙。このうち、「ラスベガス~」は、トランプ氏の有力支持者が2015年に買収した新聞だ。
こうした情勢をうけ、トランプ陣営では投票が近くに迫った10月24日から、インターネットを通じての情報発信を強化した。Facebook(フェイスブック)のライブ動画配信を使い、メディアを通さず、連日、有権者に直接、氏が語りかける取り組みを行った。
トランプ氏は、クリントン氏を典型とする従来型の政治家や既成政党への不信感だけでなく、有権者の間にくすぶっていたメディア不信も味方にして、勝利を呼び込んだ形となった。

新聞などのメディアは市民の代弁者ではなく、ただの商業主義者であったと言う事でしょう。
ヒラリーが勝利しなければ富国層の資産が増えることはなく、トランプが勝利すれば国民第一の政治が轢かれることへの反発だったのでしょう。
一説にはニューヨーク州の消防士の払っている税金とゴールドマンサックスの役員の税金は消防士のほうが高いそうです。
そのような歪な税率を作っている民主党政権、国民の為に政治を行わずに大富豪、大企業の為に政治を行う政治家たち、これがアメリカの現在の姿のようです。
国民の陳情をよそに、ロビリストが作る政策を買う政治家、大富豪へ媚びを売る政治家、日本以上に腐敗しているのかもしれませんね。

日本では反社会的組織に名を連ねている人間は重要な地位に就くところか、会社に就職することすらできません。
しかし、一度入り込めば社会的思想で辞めさせることが出来ません。
Fなんチャラとかいうファイスブックの規制を行っている会社の幹部に暴力組織しばき隊の人間がいたことが確認させています。
彼は『パヨパヨチ~ン』という言葉で有名となり、パヨク(中途半端な思想、知識で左翼をやっている反社会的組織)の起源となりましたことは業界では有名です。流行語大賞に選ばれる程有名な言葉となりました(ユーキャンのような反社会的組織が認定するものとは別です。)

そして最近フジオ住建の株を不当に貶めようとした人物が大和証券の部長であることが判明し、大和証券の信用が失われました。
大手証券会社社員が「上場廃止になるまで追い込まないと」とツイートしたとして炎上 ネット上での指摘に会社側は「把握しているが…」
 大手証券会社の社員が、主幹事を務める企業について「上場廃止になるまで追い込まないと」とする内容をツイッターに書き込んだなどとして、ネットで炎上する事態となっている。この人物は、人種差別主義に反対する団体に所属しているという声もネット上にあふれており、ネット上で指摘された証券会社の広報担当は産経新聞の取材に「そういうネット上での書き込みについては把握しているが、会社としてのコメントは差し控えさせていただく」と説明。ネットでの騒ぎを受け、事実の確認を急いでいるもようだ。
 ネット上の指摘によると、大手証券会社の部長とみられる人物は今年、ツイッターで具体的な企業名を挙げて「上場廃止になるまで追い込まないとあかんなこれ」などと投稿。指摘された証券会社は、この企業の主幹事になっており、ネット上には「これが本当だとしたら証券会社として完全にアウト」などの書き込みが相次いだ。
 さらに、ネット上には、この人物が人種差別主義に反対する団体に所属しているという指摘も。「個人の主義思想は憲法で保護されてるし、それを弾圧するべきではないけど会社の役職付きともなると、さすがに印象がなぁ」などの投稿がみられた。
 ネット上で指摘された証券会社の広報担当によると、一連の書き込みについては、外部からの指摘ではなく自ら見つけたという。

しばき隊に所属している嶋田さんは大和証券の部長だそうです。
証券会社の人間が上場廃止になるまで追いつめると言う事を話しているこれだけでも重大な脅迫です。
そして共産党傘下のしばき隊という暴力組織に所属している人間というだけで大和証券は嶋田を重要な地位につかせることを止めなければなりません。
何故なら暴力組織と手を組むことは社会的責任において許されない事だからです。
大きな力で押さえつけるやり方は左翼特有の言論弾圧です。日教組もそう共産党もそう、そのような行為は許されません。

左翼の言論弾圧、よく反社会的組織の人間は平気で差別を行います。むしろ差別を飯の種にしており、差別拡大に力を注いでおります。そのような人間達が弁護士、特に人権派弁護士と呼ばれているのが現在の社会です。
そのような恥知らずの圧力に屈してはいけません。左翼の言論弾圧には反対の声をあげましょう。
それが私たちの出来る戦いの一つです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(3) | トラックバック:(0) | 2016/11/27 06:00
コメント:
No title
 パヨクって何だろう?と思っていました。櫻井誠氏が選挙演説でよく使っていたように思いますが、大した意味ではないだろうと無関心でしたが、流行語大賞レベルまで普及したのですか? そうなら、語源とか意味とか多少は知っていないと、咎めることも出来ませんね。
 パヨパヨチーン・・・なにか蔑みの響きですね?
 どなたか具体的に教えて下さい。
Re: No title
しばき隊などの中途半端な左翼をパヨクと呼びます。
で、ぱよぱよち~んはしばき隊の久保田さんがF-Secureの、日本法人エフセキュア株式会社に勤務していた(依願退職済み)際に
ツイッターで言った決め台詞のことです。
ぱよぱよち~んで仕事を辞めることになった有名な言葉です・
No title
 ちゅうとはんパなサヨクでパヨクですか!
 辞表をたたきつける・・・
 会社勤めが辛いときサラリーマンは夢を見ます。 
 むかつく彼奴に辞表を叩き付けて会社を辞める時のことを・・・。
 どんなにすかっとするか・・・?
 でも、皆ぐっとこらえて自分をも見つめ直し、やがて成長していくのですね・・・。
 クボタさんはスカッとする瞬間を選んでしまった人なのかな?それとももともとその気があって機会を狙っていたのかな?
 いずれにしてもシールズに加わって反社会的、反国家的行動を使命と考える軽佻浮薄な人のようです。
 

管理者のみに表示