県民ではなく国民でもない人間が反対しているぺリポート

AcXNzJRdD2S_s_y1479880404_1479880422.jpg
琉球新報がスクープしたそうです。
韓国では朴槿恵への退陣要求が盛んにおこなわれている中、なぜか日本の沖縄県高江村に韓国人が政治活動をおこないに来日しました。
外国人の政治活動は厳禁であり、国外退去処分にされても仕方ない事項です。
沖縄の負担軽減のために行っている高江村におけるぺリポート建設作業、誰が何のために行っているか非常にわかりやすい事項ですね。

さて、高江村の警備に当たっている警察官への恫喝が厳しくなる中、石垣島の議会では沖縄で反対している人間は県民ではない、県民差別ではないという決議を採択しました。
機動隊発言の対象「県民ではない」 石垣市議会が抗議決議
 【石垣】東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設を巡り、反対運動する市民らに大阪府警の機動隊員が差別的な発言をした問題で、石垣市議会(知念辰憲議長)は24日午前、臨時会を開き、発言は「不適切」として抗議する意見書を与党の賛成多数で可決した。ただし「今回の発言は県民に向けられたものではなく、県民への差別発言でもない」と言及している。提案者の仲間均氏(自由民主石垣)は「県外から来た活動家に対しての発言で、状況的に県民に向けられたとは言えない」との認識を示した。
沖縄担当相も言われていたように沖縄県民差別には当たらないとの話が県民から出てきて採択されたということは大きいことだと思います。
県民を差別しているのはマスコミなどの反日組織ですね。そのことが浮き彫りになろうとしています。

さて、その例のヘリポートですが今年中に完成するようでして、その式典に出るか出ないか翁長知事が窮地に陥っているそうです。
翁長知事に進むも地獄、退くも地獄の北部訓練場返還式典
 日米両政府は沖縄県の米軍北部訓練場(東、国頭両村)の過半を日本に返還することで合意する式典を12月下旬に沖縄県内で開催する予定で、同県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が出席するかどうかが注目されている。翁長氏は、返還条件である訓練場内でのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設に対する賛否を曖昧にしたままで、支持母体の革新勢力や移設反対派には不満がくすぶっており、返還式典に参加すれば反発が待ち受ける。かといって過去最大規模となる返還を歓迎しないわけにもいかず、「進むも地獄、退くも地獄」といえる。
 首相官邸から
 「12月下旬、沖縄県内で返還式典を開催する」
 この方針が首相官邸から防衛省に伝えられたのは10月下旬だった。日米両政府の出席者として想定されているのは菅義偉官房長官とケネディ駐日大使だ。
 菅氏はヘリパッド移設の司令塔で、ケネディ氏は日本政府にとって功労者と位置づけられる。米側は昨年末からヘリパッド移行工事の早期再開を要求してきたが、日本側は今年1月の宜野湾市長選や7月の参院選に影響を与えるのを避けるため先送りを求め、その際、「ケネディ氏が後ろ盾になってくれた」(日本政府高官)からだ。
 ケネディ氏は来年1月の米大統領交代に伴い、駐日大使を離任する見通し。クリスマス休暇を前に帰国するとみられ、12月下旬はタイムリミットだった。
 それまでにヘリパッド移設工事を完了するため、防衛省は急ピッチで作業を進めており、工事は最終段階に入っている。

 翁長氏の捨てぜりふ
 式典は本来、返還される北部訓練場で開くことが望ましい。昨年3月に返還された米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区(宜野湾市)の返還式典は現地で開き、菅、翁長両氏が出席している。
 この式典では、翌日に初会談を控えていた両氏は会場の壇上で席が隣同士だったものの、目も合わせようとしなかった。翁長氏は祝辞で西普天間住宅地区の返還について「日米両政府と関係者に敬意を表す」と述べたが、去り際には高台からの風景を眺めつつ、こんな捨てぜりふを吐いている。
 「さすが米軍はいい所におりますなぁ」
 一方、北部訓練場は那覇空港から車で2時間ほどかかり、沖縄県警は要人警護が困難だとして「返還式典の現地開催は絶対に避けてほしい」と防衛省に伝えている。そのため、防衛省は那覇市内のホテルでの開催を検討しており、過去の使用実績を踏まえれば県庁から目と鼻の先にあるホテルが有力だ。県北部のホテルで開催する案もある。

 歴史に名を刻む皮肉
 北部訓練場は約7500ヘクタールのうち約4千ヘクタールが返還される代わりに、返還地にあるヘリパッドを訓練場として残す別の場所に6つ移すことが条件。4千ヘクタールの返還面積は沖縄県内の米軍専用施設の約2割にあたり、昭和47年に沖縄県が本土復帰して以降、最大規模だ。
 ある県OBは「(翁長氏は)歴史に名を刻む。皮肉だな」と漏らす。
 翁長氏は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり政府と激しく対立しながら、県民の願いである大規模な基地負担軽減を実現させることはたしかに皮肉なものだ。
 10月に沖縄を訪問した菅氏との会談で翁長氏は北部訓練場の年内返還を「歓迎したい」と述べたとしたが、ヘリパッド移設に反対する革新勢力の批判を受け、後に「(説明が)不適切だった」と釈明する事態に追い込まれている。
 そのため翁長氏が返還を手放しで喜ぶことができないというのも、これまた皮肉だ。

 欠席の方便づくり
 返還式典に出席すれば基地負担軽減に歓迎の意を示すことが当然だが、それは革新勢力と移設反対派の反発を招く。地元メディアも黙っていないはずだ。
 祝辞での発言に窮すると懸念していることを証明するように、翁長氏は最後の悪あがきをしている。悪あがきとは、オスプレイの使用を前提とした環境影響評価(アセスメント)を再度実施するよう防衛省に申し入れたことを指す。
 ただ、アセスは条例で義務づけられているわけではなく、防衛省が自主的に行ったもので、翁長氏の要求に強制力はない。にもかかわらず、再アセスの要求が受け入れられないと、「返還式典に出席しない方便にするのでは」(県幹部)と指摘される。
 式典欠席は翁長氏にとって「逃げるは恥だが役に立つ」かもしれない。
 しかし、最大の基地返還に背を向けた知事として、歴史に不名誉な名を刻むことになる。
(那覇支局 半沢尚久)


中共の狗と言われた翁長知事、これからの動向が注目されます。
日本を自分の力で守れるようにしていきましょう。
米軍ではなく日本軍で沖縄の防衛を行えるようになればこの問題の大多数はなくなります。

これからが本番です。非常に不安定な韓国政府の動向も気になります。
北朝鮮も中共も相当厳しい状況でしょう。
見張っていかなくてはなりません。
自衛隊を国軍へ、自分の力で守っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/11/30 06:00
コメント:

管理者のみに表示