県民不在の対応

AcXNzJRdD2S_s_y1479880404_1479880422.jpg
MV22:オスプレイが空中給油訓練中に失敗して不時着しました。
片肺を失ったような状態においてもオスプレイを住宅街ではなく、海に着陸させ、しかも浅瀬に下した操縦士の腕は良いものだったのでしょうか?そもそも空中給油が失敗していなければ問題なかったはずともいわれており、両論にて検討されていることでしょう。
オスプレイの技術的問題ではなく、操縦の問題であり、訓練・給油方法の問題ということで原因は判明しており、運用に問題がないことを受けてオスプレイの運用が再開されました。

このことに対して、県民以外が混じっている勢力が反対している、県民不在の抗議行動が盛んにおこなわれております。
オスプレイ、午後2時に全面飛行再開へ 沖縄県幹部「ひどい。県民不在だ」
 沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は19日午前、県庁で謝花喜一郎知事公室長と面会し、在沖米海兵隊が19日午後2時にオスプレイの飛行を全面的に再開すると伝えた。謝花氏は記者団に「ひどい。県民不在だ」と批判した。事故原因究明前の飛行再開に、県内から強い反発が上がるのは必至だ。
 在沖米海兵隊はオスプレイ1機を伊江島補助飛行場から普天間飛行場に向け離陸させる。以降、米軍は13日の墜落事故後停止していたオスプレイの飛行を全面的に再開する。
 謝花氏は中嶋氏からの説明は「到底納得できるものではない。憤りを感じる」と怒りをあらわにした。改めて飛行を再開しないよう求めた。これに対し中嶋氏は、政府は米側の説明を受け入れる考えを示したという。
 米軍は事故後、墜落原因は訓練中のトラブルで、機体そのものの欠陥ではないと強調。15日には日本側へオスプレイの飛行再開を打診していた。
 米軍は当初、16日の飛行を計画したが日本側が難色を示し調整が難航。日本側は悪天候下での空中給油訓練を当面実施しないなどの対策を求め、飛行を容認した。
 一方、翁長雄志知事は18日に墜落事故現場を視察した際「とんでもない話。飛行を許せばどんどん飛んでいく」と強い不快感を示していた。
 事故後、日本政府は安全が確認できるまでの飛行停止を求め、米軍も在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が「全てのチェックリストを見直し、内容が問題ないと私が確信するまで停止する」と発表していた。

内容に問題がないことを確認したから運用再開したというだけの事ですね。
何が問題なのでしょう?反対しているのは翁長率いる中共のシンパだけと聞いています。
きちんと日本政府として運用することを認めてから運用再開しています。
県民無視というよりも特定亜細亜の勢力の言い分は認めないというだけの事ではないでしょうか?
オスプレ反対、基地反対は中共や北朝鮮の利益になります。そのことが翁長知事にはわかっていないのか?
もしくはわかっていて日本の不利益になる行為を推奨しているのでしょうね。

国会にも二重国籍者が自分の疑惑を説明せずに、他人を貶めることしかできない人間が騒いでいます。
「オスプレイ飛行再開決定には、国民感情も大切」蓮舫氏
■蓮舫・民進党代表
 (沖縄県名護市沿岸で米軍のオスプレイが大破した事故は)着水ではなくて墜落だ。このことからしても政府が米軍発表をそのまま、文字一つとっても伝えていることに違和感がある。一体何が原因で墜落をしたのか。再発防止はどのように講じていくのか。その部分がしっかりと米軍や政府から沖縄県民、日本国民に説明があった上での(オスプレイの飛行)再開でなければ、不信感というのは高まるばかりだ。再開を決めるのは政府だけか。私は国民の感情というのはとても大切なものだと思う。今の政府はそこを軽んじることはしてはいけない。

さて、自分の言葉をマスコミしか受け入れてくれないのにギャーギャー騒いでいる人間は置いて於くかな
原因は判明しています。悪天候下での空中給油訓練行わないことも決まっています。
で、何が問題なのでしょうか?国民感情として民進党の馬鹿さ加減には甚だあきれんばかりだと聞きます。
支持率が10%切っているんですよね。民進党に代わってからどんどん下がっているのですよね。
政党交付金を返却したくないがため様々なことをやりましたよね。意地汚いことこの上ないです。
所詮、自民党が無くては結党できない政党だったということでしょう。批判ばかりで何も生み出さない政党:民進党
いい加減にしてもらいたいものです。

アメリカ軍は原因が判明したことに加えて人的被害が軽微だったことも踏まえて笑顔で事件現場の検証をしていたそうです。
オスプレイ墜落 残骸回収の米兵、笑顔で写真撮影
 墜落したオスプレイの残骸の前で米兵が写真を撮影する様子が17日、確認された。
 防護服のような白い服を着用した米兵は16日に尾翼部分を解体し、残った機体の一部を波打ち際へ持ち上げたり、転がしたりし移動させた。その後、機体の周りに集まり、携帯電話のようなもので撮影していた。中には肩に手を置いたり、笑顔を見せたりする姿も見られた。

事故は起こってしまいましたが最悪のケースは回避されたということでしょう。
笑顔になるのも無理はありません。操縦者の機転がそうして住宅街に落ちなかったことも影響していることでしょう。

訓練は最悪の事態になっても冷静に対応できるように行うものであり、飛行機は民間機でも落ちることは大いにあります。
民間機が落ちてもすべての飛行機を止めるつもりなら別ですが、そのような論調はありませんね。
中共の飛行機なんてよく落ちていますし、新幹線は埋めましたよね(笑)
でも使うなという話にはなりません。そこら辺の矛盾をどのように考えているのでしょうか?翁長知事さんよ。

自衛隊が国軍となり自力で攻防できない今は米軍の存在がありがたいもののはずです。
しかし、それを憎む人間が知事をしているというのが沖縄における最大の欠点です。
なんとしても沖縄に中共軍を上陸させないようにしましょう。
沖縄を守ることは日本を守ることにつながります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/12/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示