国防は最大の福祉政策です。

15578311_713804398778701_1088535954567296499_o.jpg
安倍総理がハワイにてオバマ大統領と最後の会談を行います。
大東亜戦争、アメリカとの戦争は避けられなかったと言われておりますね。
白人による植民地支配、ABCD包囲網、ルーズベルト大統領によるハルノートなどの脅迫、様々な理由があり大東亜戦争が始まりました。その責任は戦勝国連合にこそあれど日本にはありません。
日本が負わなければならない罪は亜細亜諸国に対して『戦争に負けて申し訳ありません。』このことだけです。
それ以上もそれ以下もありません。

戦争は悪いこと、この価値観は今も昔も変わりません。
しかし、座して滅亡を待つのか死をもって贖うのか、究極の選択であり未来を見据え希望が持てる世界を子供に残したいともなれば選択肢は決まっています。
大東亜戦争というのはそのような戦いだったのです。
安倍総理は出発前に不戦表明と言って飛び立ちましたが、私は不敗の誓いと言っていただきたかったです。
<安倍首相>真珠湾で不戦表明へ 26日ハワイに出発
 安倍晋三首相は26日、米ハワイ・真珠湾を訪問するため日本を出発する。現地時間の27日午後(日本時間28日午前)、真珠湾攻撃で沈没したままの米戦艦の真上に建つアリゾナ記念館を訪れてオバマ米大統領と共に献花し、哀悼の意を表す。日本の首相が記念館を訪れるのは初めて。その後、首相は不戦の決意を盛り込んだ所感を表明する。
 これに先立ち、首相は26日午前(同27日午前)に政府専用機でホノルルに到着。国立太平洋記念墓地や日本人墓地、2001年の愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」と米原子力潜水艦の衝突事故で死亡した実習生らの慰霊碑をそれぞれ訪れ、献花する。日系人との夕食会も予定している。
 27日午前にはホノルル市内でオバマ氏との最後の首脳会談に臨み、日米同盟の強化を確認する考え。両首脳は会談後、真珠湾を共に訪れる。岸田文雄外相と稲田朋美防衛相、日本ハワイ友好議員連盟所属の衆参両院議員らも同行する。首相は27日午後にホノルルを離れ、28日夜に帰国する。

戦争を行わないようにする、これは非常に難しいことです。
私たちが戦争をしたくなくとも中共は戦争をしたがっております。戦争を行い、領土拡張を行う野心を隠さない中共、戦後秩序と真っ向から反する戦争国連合の一国ですね。
解体していかないといけません。戦争を起こさせようという気にさせてはならないのです。

その為の防衛費増額です。
来年度予算案を閣議決定、防衛費は5年連続増加
 政府は過去最大となる総額97兆4547億円の来年度予算案を閣議決定しました。来年度は、税収の伸びがあまり期待できない見通しですが、防衛費は5年連続の増加です。
 来年度の予算案では「歳入」のうち「税収」は、今年度をわずかに上回る57兆7120億円としました。これに対し、新たな借金となる新規国債発行額は34兆3698億円で、「歳入」全体の35.3%を借金に頼る厳しい状況が続いています。
 「今の我が国を取り巻く厳しい安全保障環境のもとで、我が国自身の防衛の質と量をしっかりと充実させるということが必要だというふうに思っております」(稲田朋美 防衛相)
 一方、防衛費は5年連続増加のおよそ5兆1千億円で、過去最高を更新しました。内訳では、尖閣諸島周辺を航行する中国の艦艇を念頭に、離島防衛の強化として、新型地対艦ミサイルなどの開発費に115億円。また、在日アメリカ海兵隊の事故で安全性に懸念の声が強まっているオスプレイ4機の導入費391億円などが計上されています。

野心を隠さない中共に対してスキを見せることは許されません。やってはいけないのです。
その感覚を持てない人間は国会議員をやらないでいただきたいものです。
と思ったら案の定、村田が批判しています。
阿呆ですか?彼女は
蓮舫氏「国民感覚とずれ」=共産・小池氏「軍拡へ暴走」-17年度予算案で
 民進党の蓮舫代表は22日の記者会見で、2017年度予算案について、「防衛費は5年連続増で5兆円越え。一方で医療、介護で負担を皆さまにお願いしていく。これは国民の感覚とずれている」と批判し、来年の通常国会で追及していく考えを示した。
 蓮舫氏は国防の重要性を認めた上で「むしろ担保してもらいたいのは将来の安心と安全だ。予算分配のバランスがこれでいいのか。この予算編成に違和感を覚える」と述べた。
 共産党の小池晃書記局長は談話で「アベノミクスの行き詰まりのしわ寄せを国民に押し付けるとともに、軍拡推進の道を暴走する安倍内閣の強権的な姿勢を象徴する予算だ」と非難した。

安全・安心を担保にして国防を考えるのでしょうか?
安全保障は最大の福祉政策であり治安維持政策です。それをなくして何をするつもりなのでしょうか?
あんたも政治家というのであればもっと具体的に話をしてください。
批判しかできない人間に発言する権利はありません。

今の日本は平和なのかもしれませんが、これから先も平和であるかどうかはわかりません。
しかし、平和を続けるための努力は必要です。批判ばかりしている人間にはこのことが分からないのかもしれません。
より日本の安全を守るための努力を続けていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2016/12/28 06:00
コメント:

管理者のみに表示