日韓合意を守れない韓国

a6a8669c-s.jpg
二年前の年末に合意しました日韓合意がいまだ果たされておりません。
日本は基金設立に対し10億円を融資し、問題を蒸し返さない約束を守っていますが、韓国政府にはその合意を守る意思がないように見えます。
果たしていつになったら合意を守るのでしょうか?死に体と言われている朴大統領、支持率を上げるためにも合意は守っていただきたいものです。
合意から1年、10億円拠出したのにまだ撤去されぬ慰安婦像
 日韓両政府が慰安婦問題の最終的かつ不可逆的解決を確認した「慰安婦合意」から28日で1年。日本政府は合意に基づき、元慰安婦を支援するため韓国政府が設立した財団に10億円を拠出、財団から元慰安婦の女性らへの現金支給も始まった。だが、韓国政府が「適切な解決」に向けた努力を約束した、在韓国日本大使館前の「慰安婦像」は撤去されないまま。その上、国会での朴槿恵大統領の弾劾訴追案可決などによる政治の混乱で、韓国が責任を持って合意を履行するのか、不透明感が増している。(原川貴郎、ソウル 名村隆寛)

 「日本が法的責任を認め、謝罪をより明確にする新たな協議が必要だ」
 最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表は今月15日、ソウル市内で記者会見し、日韓合意の再交渉の必要性を訴えた。
 文氏は次期大統領選の有力候補の一人。毎週水曜日にソウルの日本大使館前で行われる抗議集会に参加したこともある。
 別の有力候補、李在明(イ・ジェミョン)・城南市長も合意について「国家的に合意できる事案ではなく、国の越権行為」と主張する。
 朴氏の職務を代行する黄教安(ファン・ギョアン)首相は、慰安婦合意など「重要政策の基調が変わることはない」との立場を強調する。だが、文氏や李氏が大統領になれば、慰安婦問題を蒸し返すこともありうる。元慰安婦支援団体の「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」や「ナヌムの家」と行動を共にする一部の元慰安婦らも合意に反対し、日本政府による法的な賠償や謝罪を現在も求めている。
 韓国政府は合意に基づき7月28日、元慰安婦の女性らの支援を目的とした「和解・癒やし財団」を設立。運営費を韓国が負担し、日本政府の拠出金から存命中の元慰安婦女性に約1億ウォン(約980万円)、亡くなった元慰安婦の遺族に約2千万ウォンを支給することが決まり、日本政府は8月末、合意に沿って10億円を送金した。これにより、「日韓合意に基づく日本側の責務は果たした」(菅義偉官房長官)形となった。
 財団は11月、日本政府が拠出した10億円を財源として、元慰安婦23人に現金を支給したことを明らかにした。財団は12月23日、理事会を開き、この23人を含め、合意時点で生存していた元慰安婦46人の約74%に当たる34人が現金受け取りの意思を示していることを確認した。
 ただ、合意になかった要求も韓国側から出てきた。
 財団側が元慰安婦の女性らに対する安倍晋三首相からのおわびの手紙を要請していることが9月に明らかになり、韓国外務省報道官が「韓国政府としても、日本側が慰安婦被害者の方々の心の傷を癒やす、追加的な措置をとるよう期待している」と後押しするかのような発言をした。日本側は「われわれは毛頭考えていない」(安倍首相)と応じない考えを示している。
 一方、ソウルの在韓国日本大使館前に違法に設置されている慰安婦像の撤去は一向に進まない。
 像の撤去をめぐっては9月6日、林聖男(イム・ソンナム)外務第1次官が韓国国会外交統一委員会で「国民世論を見ながら政府も動くので、今の状況下で政府が乗り出して推進する考えはない」と答弁するなど、韓国政府として積極的に撤去に取り組む姿勢は見えない。それどころか韓国の内外では慰安婦像が「増殖」を続けている。
 韓国紙ハンギョレによれば8月初旬現在、韓国国内40カ所、国外11カ所に慰安婦像(記念碑含む)が設置されていたが、その後もオーストラリアのシドニー郊外で韓国系グループが慰安婦像を除幕。10月22日には中国・上海師範大学で慰安婦像の除幕式が行われ、最近も韓国南部・広州の高校で少女像(高さ40センチ)設置の報道があった。
 さらに韓国南部・釜山では、「市民団体」が慰安婦合意から丸1年となる今月28日に日本総領事館(釜山市東区)前の歩道に像の設置を画策。地元行政は「通行妨害になる」として許可しない方針だが、団体側は日程をずらし31日に設置を強行する構えだ。韓国政府は「民間団体が推進するもので、政府が関与することではない」(外務省報道官)と放任している。
 在外公館の前への慰安婦像設置は、ウィーン条約が規定する公館の威厳の侵害に関わる問題だ。政府間の約束事の不履行は、国際的な信用を自らおとしめることになり、韓国政府の姿勢が改めて問われている。

結局、年末から朝日新聞が捏造した従軍慰安婦の像が釜山の領事館前に建設されました。
韓国政府に合意を守る意思が感じられず、破棄しようとする意志が明白ですね。
国際社会において一度行った約束を一方的に破ることは宣戦布告をおこなうも同じこと、日韓断交を夢見ているのでしょうか?
私には日本がやってもいないことに対して謝らなければならないというのは受け入れられません。
強制連行の証拠が一切なく、高額で働いていた証拠しか出てこない慰安婦問題、当時はどこの国でも行われていた公娼制度
何をいまさら騒いでいるのかが非常に不思議です。

さて、この問題に対して日本は韓国政府に抗議を行いましたが韓国政府は何もできない、何もしないことを明言しております。
日本総領事館前の少女像 韓国政府 地元自治体に判断委ねる
韓国の日本総領事館の前に、慰安婦問題を象徴する少女像が設置された問題に関して、韓国外務省は3日、「外国の公館の保護という観点から慎重に判断する必要がある」としましたが、政府として関係者と協議したいという先に示した意向には言及せず、地元自治体の判断に委ねる考えを示しました。
この問題は先月30日、韓国南東部のプサン(釜山)にある日本総領事館の前に、学生などで作る団体が慰安婦問題を象徴する少女像を設置したもので、外務省は韓国政府に対して、早急な撤去を求めています。
これについて、韓国外務省のチョ・ジュンヒョク(趙俊赫)報道官は3日の記者会見で、「外国の公館を保護するという国際的な儀礼と慣行の観点からも慎重に判断する必要があるという立場だ」と述べました。
ただ、韓国外務省が先月30日、「政府と地元自治体、そして、市民団体など関係者が慰安婦問題を記憶する適切な場所に関して、知恵を集められることを期待している」とのコメントを発表して、関係者と協議したいという意向を示したことには言及しませんでした。
さらに、チョ報道官は「基本的には該当の機関が、法律に従って判断する事案だ」と述べ、撤去するかどうかは、像が設置された歩道を管理するプサン市東区の判断に委ねる考えを示し、政府として問題解決に向けて動くことには消極的な姿勢を見せました。

何もできない、何もしないことを決めた韓国政府
日本としては合意を守ることを推進させるだけであり、他になにか言われても韓国政府は約束を守らないから合意しませんというほかありません。
約束を守るというのは大切な事であり、守れない約束は合意しない必要があります。
韓国政府は合意したのですから約束を守りましょう。

次期大統領が誰になるか、そもそも朴大統領が首になるのかはまだ明白になっておりません。
日本として慰安婦の問題は捏造であり、韓国による人権侵害であると言う事を訴え続けましょう。
それが日本の出来る事です。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/01/08 06:00
コメント:
No title
日韓合意をしたことが、日本人軍人の無実の罪を認めたことにされはしないか心配です。それを考えると、慰安婦が捏造であることを世界に訴え続けることは、今の日本人に課せられた、より一層重要な使命であると思います。

管理者のみに表示