正月早々 麻生節炸裂

麻生太郎

正月早々にふがいない韓国に対して麻生節が炸裂しています。
これは一昨年度末に合意した日韓合意に対して韓国政府が合意を無視する行動ばかりとっているためです。
日本の政権与党、自民党は国民からさんざん罵声を浴びせられながらも日韓合意で合意した内容を守るために10億円の援助を行いました。
これがどれだけ苦痛に満ちた決断であったかは、皆知っているはずです。
むしろ私たちのような仲間から罵声を浴びせられながら言い訳もせずに進んでいったことについて賛否が相当あります。
今でも安倍政権は英霊を貶めたとの批判を浴びせられており、この汚点はことが解決しない限りなくならないでしょう。
何故なら国民感情的に韓国に譲歩することは許されない状態まで行っているためであり、選挙にも相当の悪影響を及ぼしているからです。自民党は今後の選挙において非常に厳しい足枷をつけられたことになります。
そのような重大な決断を行ったにも関わらず韓国政府側は日韓合意の合意内容を一切守らずに財団だけ作っただけで何も行っておりません。
今回の件は日韓合意を守っていない及びウイーン条約に抵触する重大な国際法違反であり、未開の地であることを世界中に知らしめた事件です。
韓国政府は本当にそれでいいのでしょうか?
日本からのさらなる譲歩はあり得ません。むしろ条約すら、国と国との約束すら守れない国であるということを世界中に知らしめただけです。

麻生財務大臣は韓国を見捨てることを決めたようです。
麻生大臣「約束守れないなら金も返ってこない」
 麻生財務大臣は、韓国での少女像設置を受けて中断となった日韓通貨交換協定の交渉再開について「約束した話が守られないなら貸した金も返ってくる可能性もない」と早期再開に難色を示しました。
 麻生財務大臣:「(交渉は)信頼関係で成り立っているので、約束した話が守られないなら貸した金が返ってくる可能性もないとか、スワップだって守られないかもしれないとか、色んな話になるので難しくなりますよね」
 協定は円やウォンが暴落する事態に備え、日韓でドルなどを互いに融通できるようにして自国の通貨を守るためのものです。麻生大臣は、韓国側からの要請で一度は終了したスワップの再開交渉が始まった経緯について改めて強調しました。そのうえで、「信用関係ができ上がらなくなっている。難しくなっている」と話し、早期の交渉再開に難色を示しました。また、トヨタが5年間で1兆円規模の投資をすると発表したことについて「ドル高の状況でもうかると考えたのだと思う。方向は間違っていない」と話しました。

信用できない人間に何故お金を貸さなければならないのでしょうか?
少なくとの韓国政府は今まで日本から借用したお金をすべて返却してから文句を言ってもらいましょうか?
そもそも、今回の朝日新聞が捏造した慰安婦問題の売春婦像は韓国側が政治問題にした解決済みの問題です。
それがわかっていて、そのことを常に言っているのに理解しない人間にどこまでいえるのでしょうね。

因みにこの記事で書かれている一兆円は米国への投資のようでして、韓国は一切関係ありませんね。
麻生太郎財務相「ソロス氏、稼いで何したいか理解できない」とチクリ トヨタの米投資は「目の付け所悪くない」
 麻生太郎財務相は10日の閣議後の記者会見で、資産2兆8千億円超の米著名投資家、ジョージ・ソロス氏について「金があるのに、さらに稼いで何をしたいのか理解できない」と述べた。麻生氏は先週、ソロス氏と面会していた。
 麻生氏は、86歳と高齢のソロス氏が巨額の資産を持ちながら投資意欲が依然として衰えないことについて「お金もうけに興味のある人なんだなと感心した」と語った。面会の内容は「発言は差し控える」とした。
 また、トヨタ自動車の豊田章男社長が今後5年間で米国に100億ドル(1兆1600億円)を投資する方針を発表したことについては、「目の付け所は悪くない」との認識を示した。
 麻生氏は「いま、米国がドル高でやっていこうとした場合にトヨタはもうかると踏んだ」と指摘。「どこで(投資を)やろうとしているかは知らないが、方向としては間違っていない」と述べた。

アメリカはトランプさんの方針で製造を国内に置くとの話ですのでトヨタがその方針に乗っかるということでしょうね。
日本も国内産業を守るための政策を行ってもらいたいものですね。
ソロスさんっていうのはよく知りませんが、そんなにお金ばかり集めても地獄までは持っていけませんけど、その感覚がよくわかりませんね。日本でも大金持ちの人もいますが、基本的に慎ましい生活を行っていたりします。
あまりお金を持っていても幸福ではないという文化が日本にはあります。

韓国政府に対して日本は毅然としていかなくてはなりません。
韓国政府が売春婦像を撤去させ、朝日新聞が全世界を謝罪行脚に行かなくてはこの問題は解決しないのかもしれません。
しかし、解決させなければならない問題であり、今後の日本を占ううえで必要な決断であると信じます。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/01/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示