韓国が分かっていない慰安婦像の問題

MzCSXSj.jpg
韓国政府及び韓国の市民団体という名の北朝鮮シンパ達が騒ぎに騒いでいる捏造慰安婦問題の果てに建設されて慰安婦像
元々朝日新聞が捏造した慰安婦問題を複雑にしたうえで建設されたこの像、ウイーン条約を無視し、外国の大使館を貶めているこの像の撤去問題に韓国政府は対応に困っています。
日本としては国際条約が守られていない以上、その国に我が国の国民が滞留できる保証がありません。
その為、大使を自国に召還し対応を練るという対応をとしました。
民間人を異国に置き去りにした責任はあるでしょうが、政府と一緒になって国民を守るためも必要な処置なのかもしれません。

さて、大使召還して一週間がたったようですがこの先どうなるのでしょうね。
韓国「日韓合意破棄」主張の非常識 公約破り国際的孤立、大使帰国1週間でいいのか
 日本外交の覚悟が問われている。韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として、長嶺安政・駐韓大使らを一時帰国させたが、「期間は1週間程度」という報道に対し、「短すぎる」という反発があるのだ。一方、韓国野党からは「日韓合意の破棄」「10億円返還」を主張する声もある。国家間の条約・合意の一方的破棄は国際的非常識といえ、韓国は国際社会から相手にされなくなりそうだ。
 「帰国の報告をしてきた」
 長嶺氏は10日午前、安倍晋三首相と菅義偉官房長官と官邸で面会後、記者団にこう語った。長嶺氏と森本康敬・釜山総領事は、安倍首相らに慰安婦問題の現状を報告し、今後の対処方針について協議したとみられる。
 大使の一時帰国は、召還に次ぐ強い抗議を示す措置である。「帰国期間は数日から1週間程度」という報道もあるが、その間に日本政府が求める少女像撤去が行われる可能性はゼロに近い。
 このため、菅氏は10日の記者会見で、長嶺氏らの帰任時期について、「現時点で決まっているわけではない。今後の諸状況を総合的に判断して検討していきたい」といい、「引き続き、(韓国側に日韓)合意の着実な実施を求めていきたい」と語った。
 冷静な口調ながら、断固とした姿勢を見せた。
 こうしたなか、韓国内では独善極まる主張が高まっている。
 韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表は9日、「(日本が拠出した)10億円を返そう。金のために全国民が恥ずかしい思いを抱え生きていかねばならないのか」と述べ、日韓合意を破棄すべきだと主張した
 同党の文在寅(ムン・ジェイン)前代表をはじめ、大統領選の有力候補はいずれも日韓合意に否定的で、「破棄」「見直し」を訴えている。この国の政治レベルには、あきれ果てるしかない。
 日韓合意は、米国の事実上の仲裁のもと、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」するとしたものである。国際法や他国との合意・条約を順守せず、破棄するような韓国の姿勢は、国際社会では許されない。
 国際政治学者の藤井厳喜氏は「韓国はもはや『法治国家』とはいえない。ますます、国際社会から孤立するだろう」といい、続けた。
 「まず、駐韓大使の帰国を最初から『1週間程度』と決めていたなら、相手に足元を見られるだけだ。韓国に対して『日本は怒っている』『韓国は間違っている』と理解させるためにも、もっと毅然とした姿勢を示すべきだ。日韓通貨スワップの協議中断だけでなく、ビザ発給も厳しくするなど、さらに効果ある対応を取るべきだ」
 日本の一部メディアは「性急だ」「冷静に」などと日本政府に苦言を呈しているが、韓国側こそ国際常識から逸脱している。藤井氏は続ける。
 「韓国内から『日韓合意破棄』という主張が出ているが、他国との条約・合意を一方的に破るなど、国家としての資格がない。日韓合意は米国が間に入ってまとめ上げ、国際社会が評価した。米国の顔にも泥を塗る行為だ。『韓国では契約・約束が成り立たない』という証明であり、韓国企業にも大きなマイナス。日本はこの事実を国際社会に広く伝えるべきだ。韓国は他国から相手にされなくなるだろう」

如何に韓国政府が約束を守らないか、と言う事が浮き彫りになっています。
約束をきっちりと守るのであれば多少の譲歩もわからないでもありませんが、約束を全く守ろうとしない状況では我が国の対応もそれ相応にしていく必要があります。
我が国に譲歩を求める新聞社などの報道機関は何を考えているのでしょうか?
はっきり言って分かり合えることはないと思います。
我が国だけが譲歩して、敵国は精いっぱい屁理屈で責めてくる、この状態が良いとでも思っているのでしょうか?
報道機関は普通の人よりも倫理観を持たなければならないと言われておりますが、一般人よりもはるかに低俗な人間しかいないことを自ら証明しているとしか思えません。
それが間違いというのであれば約束を破る国に対しての批判を繰り返し行うべきであり、それが報道の義務にあたると私は考えます。

日本では安倍総理並びに岸田大臣がこの合意を行った際に猛烈な批判を受けたことが印象的です。
というか私も批判したたちですね。
それだけ日本人にとってこの合意は不本意であり、韓国は絶対に合意に即し慰安婦像を撤去しないと思っていました。
その心境を何故か朝鮮日報は説明しています。
慰安婦:安倍首相「私も日本で批判されたが約束実行」
 日本の安倍晋三首相は10日、共同通信のインタビューで、韓日の慰安婦合意について「合意を原点に戻せば、互いの信頼の基礎に対する問題になりかねない」として「私も首相として日本国内で批判を浴びたが、約束を履行するという決意で(合意を)実行してきた」と述べた。安倍首相が述べた「国内の批判」とは、日本の右翼勢力を指している。安倍首相はまた、長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・釜山総領事の韓国への帰任時期については「総合的に判断したい」と述べるにとどめた。
 安倍首相はこの日午前、外務相の杉山晋輔事務次官、金杉憲治アジア大洋州局長、長嶺大使と森本総領事を首相官邸に呼び、49分にわたり対策を協議。参加者たちは「安倍首相は韓国の関連報道に不快感を示した」とした上で「首相から指示があったが内容は言えない」と話した。
 駐韓日本大使らの帰任時期について、外務省の幹部は読売・朝日新聞などに対し「過去の事例を参考にしないでほしい。出口戦略は描けていない」と述べた。日本は2012年に独島(日本名:竹島)問題で武藤正敏・駐韓大使(当時)を一時帰国させた際、12日で韓国に帰任させた。
 また、NHKが10日に発表した世論調査では、駐韓大使の一時帰国措置について、回答者の50%が「評価する」と答えた。「評価しない」との回答は9%、「どちらともいえない」は32%だった。
 一方、6-8日に相次いで強硬な主張を繰り広げた安倍政権の実力者たちは、この日は韓日関係の戦略的重要性を一斉に強調した。菅義偉官房長官は記者会見で「韓日は同じ価値観を共有する国であり、とりわけ北朝鮮問題が困難な状況にあるため韓米日が確実に連携する必要がある」と述べた。「韓国は面倒な国」と述べていた自民党の二階俊博幹事長も「韓国は緊密な歴史のある国であるため、丁寧に対応すべき」と慎重な姿勢を示した。

私が右翼か否かは置いて於いて、批判されることは安倍総理も自覚していたはずです。
それだけ韓国政府は今まで約束を無視し続け、ゴールポストを動かし続けていたのです。
そして今回もまた動かそうとしている韓国政府、韓国国民に対して日本国国民はいかりを覚えていると言う事です。
そのことが韓国にはわからないのでしょうか?
日本人の怒りが分からないのでしょうか?自分たちだけ満足すれがなんでもよいと考えるのでしょうか?
私には非常にわからないことがあります。
韓国が何故、そこまで日本に対して劣等感を持っているのかが全く分かりません。

しかし、毎度ながらあきれる対応と言えばその通りだと思います。
韓国の自己中心性には、毎度のことながらあきれる
韓国政府は、いや韓国国民は約束を破ることに抵抗がないのでしょうか?
それとも破るために約束を結ぶのでしょうか?
日本では約束を破る人間は信用されません、どれだけ偉い人間であったとしても約束を破った人間は評価されないのです。
孫正義が10億円寄付すると言って、自分の関係会社に寄付して税金逃れをしていることがありますが、そのような事をしている人間は端から信用されないのです。

韓国はどこまで落ちていくのでしょうか?
日本を巻き込むことはやめてもらいたいですね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/01/17 06:00
コメント:
韓国の劣等感
韓国(朝鮮)は中華思想で、「中国が一番偉く、地理的に近い朝鮮がその次、日本は朝鮮の下」と考えて来ました。ですので、日韓併合で日本に助けてもらったことは、有難いことではなく恥ずかしいことと捕えているようです。そしてそのことで「恨」の民族・朝鮮人は、自分たちを恥に思うのではなく日本を逆恨みするのです。

管理者のみに表示