生活保護の不正受給を許さない

4f944398-s.png
生活保護の不正受給は許さない!
これを目的とした生活保護課の人は注意喚起の為にジャンパーを作りました。
不正受給にて本当に必要な人にお金が回らないことが大いにあり、各自治体は頭を悩ましています。
一説には市町村の税収に匹敵する生活保護費、それを悪というのは人間として当たり前の事だと思います。

それをジャンパーに書いたことがテレビ業界などの不正受給で利益を得ている団体により問題とされてしまいました。
「不正受給はクズ」…生活保護担当らが自費でジャンパー作り着用、受給者宅にも 神奈川・小田原
 神奈川県小田原市で平成19年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が、英語で「不正受給はクズだ」などと背面にプリントされたジャンパーをそれぞれ自費で作り、勤務中に着用していたことが分かった。市が17日発表した。ジャンパーの左胸部分には「HOGO NAMENNA」、保護なめんなと読めるエンブレムが付いており、一部の職員はジャンパーを着たまま受給者宅を訪れていた。
 市は同日までに使用を禁止し、担当部長ら7人を厳重注意処分とした。
 市によると、ジャンパーは19年7月、生活保護の受給資格を失った男が同市役所で、職員2人をカッターナイフで切り付けた事件を機に、当時の担当係長の発案で作った。ジャンパーの背面には「不正受給して市民を欺くのであれば、あえて言う。そのような人はクズだ」などと英語で書かれていた。

そもそも日本人に対して英語で書いていても誰も読みません。
そして問題視している文は悪改されており、本当はこのように書かれていました。

SHAT
TEAM HOGO
We are “the justice” and must be justice, so we have to work for odawara.
私たちは「正義」であり、正義でなければならないので、私たちは小田原のために働く必要があります。
Finding injustice of them, we chase them and Punish injustice to accomplish the proper execution.
彼らの不公平を見つけ、私たちは彼らを追いかけ、適切な処刑を達成するために不公平を罰する。
If they try to deceive us for gaining a profit by injustice ” WE DARE TO SAY, THEY ARE DRESH!”
もし彼らが不当に利益を得るために私たちを騙そうとするならば、私たちは言いたいことを言います、彼らは危険です!

このジャンパーは悪を嫌い、不正を食い止めようとする正しい信念をもって人が作ったことがわかりますね。
テレビはなんていました?新聞はなんて言いました?報道局のほうが屑ですね。
もしこれが間違っているというのであればそれは犯罪を認めるってだけの事です。
結局、小田原市はこのジャンパーの着用を禁止にしたそうです。
しかし、不正受給は許さないという姿勢は崩さないでとの国民の声が小田原市には殺到しているそうです。
それを受けてか、最近は左翼のNPO法人とかが持論を述べて不正受給を増やすために活動しているって状況です。
テレビなどで犯罪を賞賛するのは難しくなってきているってことでしょう。

さて、英語で書かれていた言葉、なぜ英語なのでしょうか?
基本的に外国人には生活保護を受給する権利はありません。法律で対象となっていないのです。
なのに英語ってことはそれだけ外国籍の生活保護受給者が多いのでしょう。
自活できない外国人は自国へ強制送還が基本でしょうね。
昔、支那からきた支那人が入国直後に生活保護申請を行った件がありました。
結果、却下になったそうですが(当たり前です)、問題定義としては良い時間でしょうね。
外国人に生活保護を受給させてはなりません。各自治体に訴えていきましょう。

と言っていましたら外国人による不正受給がまた発覚しました。
生活保護費を不正受給、韓国籍の女…偽名も
 収入があるにもかかわらず生活保護費を不正に受給したとして、京都府警は55歳の女を逮捕した。女は偽名を使い年齢を詐称して働いていたという。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、京都市上京区に住む韓国籍の林敏子こと呂敏子容疑者。警察によると、呂容疑者は2014年6月から約1年半にわたり、「病気で求職中」などとウソをいい、生活保護費約107万円をだましとった疑い。調べに対し、呂容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めている。
 呂容疑者は、生活保護費を受給していながら実在する日本人の名前を使い年齢を偽って働き収入を得ていたということで、警察は、余罪がある可能性もあるとみて捜査している。

犯罪ですね。他人の名前を使って働いているってう事だけでも犯罪です。

このような形で外国人は生活保護を不正受給しているのが現状なのです。
何とかしなくてはなりません。少しでも必要な人に渡さなければなりません。本来生活保護は日本人を救うための制度なのです。
外国人=不正受給としなければならないときに来ているのです。

国民健康保険も国民だけ、生活保護も国民だけの制度です。それを外国人が受けるっていうだけでおかしいとしていかなくてはなりません。
制度を本来のものにしていきましょう。博愛は良いですが、それは個人レベルの趣味にしましょう。
ホモやレズも個人的趣味です。役場や社会にそれを同一に求めることがそもそも間違っているのです。
正常にしなければなりません。

本来自然と一緒に営む生活をしていた日本では個人的趣味を周りに求めるような恥知らずな行為は行っていませんでした。
その感覚を取り戻しましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/01/28 06:00
コメント:

管理者のみに表示