ルールを守らない人間に権利はありません。

朝鮮学校
日本の教育方針に従わずに独自の民族教育を行っている朝鮮学校
拉致問題では活動拠点となり、拉致実行犯を匿った可能性がある学校でもあります。
そして独自の教育を行い、日本の社会から切り離した教育を行っている朝鮮学校がなんと権利もないのに補助金をよこせと図々しくも訴えている様子があります。
各都道府県では道理に合わない朝鮮学校への補助金に対して住民の反発から打ち切りを打診されており、犯罪防止のためにも援助してはいけないという風潮となっております。
その社会が見えていない、見えていても大人の勝手な都合で街頭で訴えさせられているのかもしれませんね。
「人権を守るために」生徒ら県へ抗議 朝鮮学校補助金留保
 県内5校の朝鮮学校に通う子どもたちへの学費補助を県が留保・停止した問題で、神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)の生徒5人が2日、県庁を訪れ抗議の意思を伝えた。「差別ではないのですか」「県がすすめる多文化共生に反するのではないですか」。面会した県職員から問いへの返答はなかったという。
 「勉強や部活が学生の本分。僕らがなぜこんなことをしなければならないのか考えてほしい」。高級部3年の全(チョン)学哲(ハッチョル)さん(18)は問うた。5日の卒業式の準備を抜け、同級生と足を運んだ。後輩のため思いを伝えに行こうと誰彼となく声が上がったという。
 黒岩祐治知事は歴史教科書に拉致問題の記述がないことを理由に補助を止めた。「教育への介入。補助金は当然の権利のはず」「応援してくれる日本人は大勢いる。知事は『県民の理解が得られない』と言うが、誰の理解なのか」。崔(チェ)希幹(フィガン)さん(18)を前に、県私学振興課の職員らは押し黙ったままだった。
 女子生徒2人は夢を語った。金(キム)美香(ミヒャン)さん(18)は朝鮮語を生かし旅行代理店で働きたいと思っている。「朝鮮学校がなければ夢も描けなかった。私が私でなくなる」。権(コン)諒子(リャンジャ)さん(18)は教壇に立ち、朝鮮舞踊を教える日を思い描く。「自分のルーツを教えてくれた朝鮮学校は私のふるさと。お金の問題じゃない。人権を守るためにここへ来た」。この先、経済的理由で通えなくなる子どもが出てくるのでは、と思うと胸が苦しくなる。
 拉致問題については副教材を使って習った。盧(ロ)逵憲(キュホン)さん(17)は「拉致がいけないということは僕でも分かる。このまま補助金を出さないのか、黒岩知事には一人の人間として考えてほしい。いいか悪いかの判断は大人なのだからできるはずだ」。
 同課によると、生徒の話は書面にして黒岩知事に報告されたという。

県民の理解が得れないということが朝鮮学校にはわからないのでしょうか?日本語が読めないだけなのでしょうか?
県民の理解が得れない=日本人の理解が得れない、そのなかに朝鮮人は入っていません。
いくら訴えようとルールを守らないところには補助金は出せない!当たり前のことです。夢を訴えてもそれはきちんと国民としての義務を果たし、住民としての義務を果たした人間のみが口に出せるだけであり、なんもしていない一条校の資格を寄ろうとしない学校へ行っていることを悔やんでください。別に外国人が日本の学校へ登校する権利を奪ったわけではなく、自ら選んで朝鮮学校へ行っているだけということを自覚してもらわないとどうしようもありません。
補助金がもらえないすべての責任は朝鮮学校にあります。
一人の人間として考えてほしいですね。義務を果たさないで権利を主張することがいいことなのか?子供でも判断できます。

大阪でも同じような恨み節が出てきています。
朝鮮学校補助金打ち切り判決は不当 声上げる母親たち 新聞うずみ火 矢野宏
朝鮮学校への補助金を打ち切った大阪府と大阪市に対し、府内で10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」が決定の取り消しを求めた裁判で、請求を全面的に退けた大阪地裁判決に抗議する緊急集会が2月9日、大阪市中央区のエルおおさかで開かれた。朝鮮学校に子どもたちを通わせているオモニ(母親)たちをはじめ、日本人の支援者ら160人が控訴審での勝利を目指して闘うことを誓い合った。(矢野 宏/新聞うずみ火)

◆「教育を受ける権利を侵害」
1月26日の敗訴を受け、この問題を弁護団任せにするのではなく自分たちの運動としてもとらえようと、「大阪府オモニ会」が呼びかけた。
補助金支給に際し、橋下徹知事(当時)が2010年3月、「朝鮮総連と一線を画すこと」「北朝鮮指導者の肖像画撤去」など4要件を提示した。学園は、1974年度から大阪府の助成を受けるようになり、91年度からは、「私立外国人学校振興補助金」の交付を毎年受けてきた。府と市からの補助金は約1億円。2010年度は要件を満たした初級学校と中級学校には支給されたが、肖像画を外さなかった大阪朝鮮高級学校には交付されなかった。
さらに12年3月、初・中級学校の児童・生徒たちが訪朝したとして、府は11年度からの補助金を止め、市も同調した
学園側は12年9月、「民族教育への不当な政治介入で、憲法が保障した教育を受ける権利を侵害している」などと大阪地裁に提訴。4年4カ月にわたる審理の末、山田明裁判長は4要件について「府の裁量の範囲内」と認定。「学園が要件を満たしておらず、不支給はやむを得ない」と結論付けた。

◆守ってきた民族教育、受け継ぎたい
緊急集会では、弁護団の普門大輔弁護士が判決内容を説明し、「裁判の本質は子どもの学ぶ権利であり、民族教育を受ける権利にもかかわらず、4要件をたてにして国や自治体が朝鮮学校に介入しようとしている」と訴えた。
「城北ハッキョを支える会」代表の大村淳さんは「最初から結論ありきの差別判決。一審の敗訴を吹き飛ばすためにも、学校のことを知ってもらうこと。偏見を持った人が周りにいれば話しかけ、理解してもらうよう努めたい」と話した。
府オモニ会代表の玄順愛(ヒョン・スネ)さんは4人の子どもたちを朝鮮学校に通わせており、授業料などで毎月10万円以上かかる。それでも朝鮮学校へ通わせるのは、「朝鮮人としてのアイデンティティを持ってほしいから」。自身も朝鮮学校の卒業生であり、社会に出てからも「学校で知り合った友達は一番の宝」だと語る。
「私が高校の時、通学定期の学割もなく、高校総体などにも出場できず、日本の大学の受験資格も認められていませんでした。それらがようやく認められて20年以上たちますが、再びこんな差別を受けることになるとは思いませんでした」と振り返ったあと、力強くこう語った。
「私たちも府や市に税金を払っているのに、人間扱いされていない。チマチョゴリの制服で登下校できない子どもたちのためにも、1世や2世たちが守ってきた民族教育を私たちの代でつぶすわけにはいきません」

子供に教育を受けさせる義務はありますが、権利は存在しません。
第一日本の学校に行けば教育は受けることができます。朝鮮学校は学校として越えなければならないところを超えていないから認可が下りないというだけであり、一条校になれば当然範囲内に入ります。
土台にすら上がっていないのに何考えているのでしょうか?
きちんと日本の教育方針に従わないのであれば補助金を受ける権利は存在しないのです。
当たり前のことであり常識的な話です。
政治の問題にしたいようですが、そもそも認可の問題であり教育方針の違いです。
政治的な口出しを避けるために認可を受けない方針であったはずの朝鮮学校が金よこせと訴えているのを見るとおかしいと思いませんか?

最近、このような形で口を出す権利すらないのに出してくる人間が後を絶えません。
きちんと線を引き対応していきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(4) | トラックバック:(0) | 2017/03/08 06:00
コメント:
No title
ですよねぇ!
国民の財産を8億値引きして一介の小学校に与えようなんてことも、ルールを守らない人間のやること!
日本国民たるもの
先人の教えを守り、悪事は露見す!
という事を肝に銘じるべきですね
Re: No title
8億円は産廃処分費用と説明しているのに全く無視ししている人がここにもいますね。
国があるから国民が居る
国が無かったら国民はただそこにいる住民に過ぎない。
ある時、力(武力)を持った支配者が現れたらそこの住民の生殺与奪権はその支配者の手の内になる。
戦わないで降参した国(地域)の死亡者と戦って負けた国の死亡者の比較では戦った国の方が非常に少ないという歴史の結果があるのだそうだ(世界の歴史から調べた人の情報)。
日本に住んでいるれっきとした日本人が最優先されるべき当たり前のことでただ単に勝手に住みついて(住みつかせてもらってという方がこの際正しい)四の五の言う筋合いは全くない。
我が国のルールに従うことは当たり前だのクラッカーなのだ(スゲー古い私)。

日本維新の会の議員が質疑した様に朝鮮学校敷地譲渡問題(大阪のみならず東京も含めて)を無視して、たかが地方の幼稚園によってたかって国政を渋滞させる意図はいったい何なのかと疑問を持つのが知能指数普通レベル、本来のマスコミならば国家にとっての軽重で扱うべきである。
テロ準備法案や北朝鮮のミサイル発射など日本を取り巻く危機的問題がなおざりにされていいわけがない。
国家感を持った幼稚園と日本国が著しく消えているというよりも日本侵略の意図を持った隣国への利敵政党との比較においては月と鼈(スッポン)の差がある。

学校建設の土地問題は特別委員会などでできるはずである。
日本国民は日本国がなくなってしまうという危機感への思考が全くない。ウイグル、チベットやクロアチアなどを見ればあっという間に国が消えるのが世界なのだという事を知らなくてはいけない。
赤い鉢巻と赤い旗を隠した社会党の変わり果てた姿の民進党や階級闘争・暴力革命を党是とする共産党を理解するにはあまりにも脳内がピンフー(平和)状態では非常に困難かもしれない。
No title
アメリカンスクールなどのほかの国の学校も助成金を得られないのに、鮮人が「自分たちは貰えるはずなのに貰えていない」と勘違いしているのは、彼等が「自分たちは日本人と同等の資格を持つ」と思っているからではないか。そしてそれは特永法のせいなのではないか。特永法の為に、「日本に住まわせて貰っている」のではなく「日本人と同じように、日本に棲んでいる」と勘違いし、「助成金も選挙権も貰って当然」と思っているのではないか。この制度を一刻も早く廃止するべき。

管理者のみに表示