第五十回記念講座。シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」

17160828_1246658052082651_790716868_n.jpg
日本の歴史文化研究会
第五十回記念講座。シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」

主催「日本の歴史文化研究会」
共催「日本教育再生兵庫」
後援 芦屋市
後援 芦屋市教育委員会

定員になり次第、締め切らさせていただきます。
お早目のお申し込みを。

大東亜戦争に敗れ我国はGHQの占領下に置かれました。
簡単に言えばGHQの占領目的は「日本の弱体化、共産化」でした。
その手段として歴史を捻じ曲げて日本国民を『日本は悪い国だ。』と洗脳する。
そのためにマスコミをプロパガンダ(謀略宣伝)機関にし、学校を洗脳機関にしていったのです。
次代を担う子供達に如何に真実の歴史を伝えるか。
各方面からパネリストに出て頂き、パネルディスカッションを行います。

平成29年3月19日(日)
日本の歴史文化研究会
第五十回記念講座。シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」
受付13:15 講演会 13:30-16:30
芦屋市民センター 301号室
http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/shimin_center.html
〒659-0068 芦屋市業平町8番24号
TEL 0797-31-4995
JR芦屋・阪神芦屋・阪急芦屋川の各最寄り駅からも歩いて5分から6分
定員 100名
会費 500円

内容
第一部 基調講演
「歴史教科書を具体的に検証する」
日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
第二部 シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」
パネリストと参加者の質疑応答。
パネリスト(五十音順)
一色俊哉(予備校講師)
稲岡正信(甲南大学非常勤講師)
熊谷正秀(甲子園大学教授)
水谷真逸(近江高校地理・公民科教諭)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/19 06:00
コメント:

管理者のみに表示