復活した志位るず

d62cdbfb.jpg
国会前の騒音の元である志位るずが再結成したそうです。
政治団体でもなくどこにも届けていなかった団体である志位るずは違法にも献金を募っていました。
その結果、政治資金規正法に引っかかり解散を余儀なくされたそうです。
元々、共産党の傘下にあった若者組織志位るずは今後何をするのでしょうね?
<シールズ>新たな団体「未来のための公共」17日に発足
 古い政治運動のスタイルを破って共感を広げた「SEALDs(シールズ)」。その流れを受け継ぐ新たな団体が17日に発足する。名前は「未来のための公共」。大学生や子育て世代を含む幅広い世代が政治を語り合う場所にしようと、関係者は意気込んでいる。
 学生グループのシールズは2015年5月に結成され、安全保障法制の成立前後に抗議活動を展開。メンバーが互いの価値観を尊重し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でゆるやかにつながりながら、政権批判の大きなうねりを生み出した。昨年8月に解散した。
 新団体にかかわる元シールズメンバーの溝井萌子さん(21)は「再結成ではない。発展型です」と言う。立憲主義や市民の政治参加を重視する点は同じだが抗議活動にこだわらず、自由な意見表明に力点を置く。共謀罪の趣旨を盛り込むテロ等準備罪や政府の働き方改革、森友学園なども取り上げるという。初の集会は17日午後7時半から国会前で開く。【遠藤拓】

共感した人は極々一部の老人でしたね。可哀想に孫からも見捨てられたのでしょう。
共謀罪反対やテロ準備罪に反対する理由はよくわかります。あなた方がテロリスト候補生だからですね。
朝鮮系の大学を出た人が中心となって共産党のノウハウを使い、街宣車も借りてうるさい太鼓などを鳴らしながら練り歩いた18の夜って感じですか(笑)。
政権批判のうねりなんて感じたことないですが、それはマスゴミ連中だけでしょう。
勝手に騒音をまき散らして平穏な社会を破壊しようとする志位るずに参加する人は一般人ではないでしょうね。
志位るずが出てきてから様々なパヨクが炙り出されました。

そして、政治屋もこれに乗っかろうとしています。
「話し合うだけで罪になる!」 野党議員ら国会前デモでトンデモ主張
 共謀罪の要件を厳格にした「テロ等準備罪」の新設に反対する市民団体が14日夜、東京・永田町の国会議事堂前でデモを行い、数百人が「戦争法と一体の共謀罪は絶対反対」などとシュプレヒコールを上げた。
 集会には民進、共産、社民各党の国会議員も参加した。民進党の逢坂誠二衆院議員は「ともに共謀罪を葬り去ろう」と呼びかけた。
 法案は対象を組織的犯罪集団に限っており、一般人に適用されることはないが、共産党の山下芳生副委員長は「例えば、職場の同僚と一杯やりながら『あの上司ムカつくね、今度やっつけてやろう』と合意したら罪になる」などと主張した。
 社民党の福島瑞穂副党首も「共謀罪は話し合うだけで罪になる犯罪だ」「共謀罪(の対象犯罪)が277に減っても、(戦前の)治安維持法が277できるようなものではないか」と理屈の通らない持論を展開した。

共謀罪は必要ですし、スパイ防止法も必要です。人権なんてくそくれですね。
人権に配慮とか言って最大の人権侵害である殺人すら無期懲役や無罪になる司法に従わないといけないことが腹立たしいです。
より凶悪な人間ほど抜け道を模索します。一般の人はそこまで邪悪にはなれません。
相手を間違えているとしか思えない最近の司法、犯罪者は最大限に罰する必要があります。
外国人による政治関与も違法にしなければなりません。少なくとも政治犯罪を犯した人間、特に違法献金を行った外国人は即時財産没収に加え、海外追放が適当でしょう。故意でしか起こらない犯罪への厳罰化が必要です。

結局、志位るずは安倍政権の味方をしているようにしか見えに現状がありますね。
真の日本を心に持った野党が必要です。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示