何重にもはめられた籠池さん② 特殊な力が働いている

tsujimoto-uso4.png
本来の財務状況では開校できなかった森友学園の小学校、なのに認可を出した大阪府の瑕疵があったみたいです。
果たして、どのような力が働いたのかはわかりませんが、どうもこの件辻元清美日本赤軍関係者が背後から圧力を掛けているようです。
実際に、産廃業者と森友学園前で打ち合わせを行っていたり、報道では顔も出ていなかった三日間だけ働いていた産廃業者の組合幹部が誰であったかは知っていたようです。知らないと言わずに面識がないというのはそういう事でしょう。

辻元清美容疑者に対して三つの疑問が出ています。
民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求
学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地払い下げ問題をめぐり、民進党の辻元清美元国土交通副大臣に関する「3つの疑惑」が新たな争点に浮上し、日本維新の会などが追及姿勢を示している。学園の籠池泰典氏の妻、諄子氏が、安倍晋三首相の昭恵夫人とのメールのやりとりで、辻元氏に複数回言及したからだ。民進党は誤った内容だとメディアに情報を広めないよう「忖度(そんたく)」を求めるが、籠池氏の発言に依拠して首相らを追及しながら、都合の悪い妻の言葉は封じようとする矛盾に陥っている。(水内茂幸)

幼稚園侵入
 「辻元清美議員のやらせ、を明らかにしていきます」。維新の足立康史衆院議員は25日、自身のツイッターでこう表明した。
 1つ目の疑惑は、1日の諄子氏のメールにある辻元氏が「幼稚園に侵入しかけ 私(わたし)達(たち)を怒らせようとしました」(原文ママ)と記載された部分だ。
 民進党役員室は24日発表の見解で「そのようなことは一切なく同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していない」と否定した。
 辻元氏は2月28日、民進党視察団のメンバーとして豊中市の小学校建設予定地などを視察。辻元氏は21日の党視察団にも参加したが、同日の視察団は大阪市の塚本幼稚園を訪れ、籠池氏に面会を断られている。

作業員派遣
 2つ目の疑惑も、3月1日の諄子氏のメールに記された辻元氏が作業員を、小学校建設現場に「送り込んだ」というものだ。
 メールには「嘘の証言した男は辻元と仲良しの関西生コン(※連帯ユニオン関西地区生コン支部とみられる)の人間でしたさしむけたようです」「孫請業者の作業員がその委託社長がしてないといったのにもかかわらずその三日だけきた作業員が辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです」(原文ママ)とある。
 辻元氏が代表を務めた政党支部「民主党大阪府第10総支部」の平成26、27両年分の政治資金収支報告書によると「大阪兵庫生コン経営者会」からそれぞれ献金を受けた。ただ、民進党関係者は「諄子氏が指摘したであろう作業員は辻元氏と面識はない」と述べる。野田佳彦幹事長は今月27日の会見で「(諄子氏らが)根も葉もないことを根拠にやりとりした」と否定した。

14億値引き
 第3の疑惑は、学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」についてだ。
 同公園はもともと国有地。平成22年10月12日の豊中市議会での市側説明によると、国との契約金額は14億2386万3000円。これが計14億262万円の国庫補助金などを得て、最終的に市の負担は2124万3000円で済んだ。
 市に交付された国庫補助金は、リーマン・ショックの経済対策目的などで、麻生太郎内閣が平成21年度補正予算で決めたものだ。ただ、辻元氏は21年9月から22年5月まで民主党政権で国交副大臣を務めたこともあり、同年10月の豊中市議会では質問者から「政権が代わったからこうなったのか」などの指摘も出た。
 一連の問題では党役員室が24日、「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます」とのコメントを出した。首相には説明責任を強く求め、昭恵夫人の証人喚問を主張しながら、報道には自主規制を要請したように受け取れる。
 これに対し、26日のフジテレビ番組では、維新の足立氏が「民進党が昭恵夫人(の証人喚問)にこだわるのなら、辻元氏も」と喚問を要求。民進党の玉木雄一郎幹事長代理が、「間違ったことを言わないで」と否定する一幕もあった。
 玉木氏は26日、ツイッターで、辻元氏が「27日午後に会見する予定。逃げも隠れもしない」と報告。だが27日には、「昨日のツイッターには『予定』としか書いていません」と書き、会見は行わないと訂正した。

 産経新聞は27日昼すぎ、一連の問題について辻元氏に質問状を送った。辻元事務所は同日「事実関係の確認が必要なものが含まれている」として「明日確認が取れた段階でご返答させていただきます」と答えた。

視察の件は国会を無断で欠席し、代理も出さずに強行して国会議員としての仕事を放り出したことで大問題になった事件ですね。
あれだけ騒いでいたのに嘘を重ねるってことはよっぽど森友学園に行き産廃業者やマスゴミと学園を訪れたことが不味いことだったのでしょうね。
工作員を送り込んでインタビューさせていたのも発覚していますし、その工作員は三日後に友愛されているようです。
民進党政権時代に無茶苦茶な事を行っていたのはルーピーや馬鹿管、どじょう、日教組のドン、イオン岡田k、キャミソール新井、・・・多すぎて書ききれませんね。
様々な優遇を行った民進党は最悪な政権でした。その一つに辻元清美容疑者の疑惑があるってことでしょう。

この件に対して民進党は各メディアに圧力を掛けることを選択したようですね。
自分たちは根拠もなく人を批判し、マスコミと一緒になって糾弾、悪態を付きますが自分たちに対しては平気で黙ってろという圧力を掛けるのが野党クオリティなのでしょうか?
一応反論しているみたいです。
辻元清美氏「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」
 森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。

 辻元清美議員に関わる報道記事について
 貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、「3つの疑惑」として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した。
 しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。
 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。
 安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる
 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する。
         以上

これが政治的圧力、特殊な力です。
いい加減、民進党は自分たちが何をしているかを理解すべきだと思います。
事実無根というのであればメールの公開を行っていけばいいだけです。証拠も出さずに反論も出来なくて圧力を掛ける姿が国民い嫌われているのです。
すぐ法的処置、訴えるという人間ほど胡散臭い人間はおりません。そのような人間jは屑というのです。
安倍総理も国会で追及しだしました。
全く関係のなかった夫人を証拠もない疑惑のみで矢面に出されたのですから夫として憤りを感じている事でしょう。
「辻元氏は証明しないと」安倍首相が反撃
「森友学園」問題で、新たな展開。安倍首相が反撃した相手とは。
まだまだ続く、森友学園の問題。
幕引きを図りたい与党側と、1歩も引かない野党側。
議論が平行線をたどる中、28日、新たな注目の人物が。
それは、民進党の辻元清美議員。

安倍首相は、「辻元さんとも同じことが...」、「辻元議員は、辻元議員はですね」と述べた。
辻元議員といえば、これまでも、安倍首相の名前を連呼し、数々の疑惑を追及。
しかし、28日は、逆に名前を連呼される事態となった。
そもそものきっかけは、先日公開された、昭恵夫人と籠池氏の妻・諄子氏のメール。
そこには、「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ私達を怒らせようとしました」との言葉が。
諄子氏が昭恵夫人に送ったメールによると、視察に訪れた辻元議員が、森友学園が運営する塚本幼稚園に無許可で入ろうとしたという。
これに対し、民進党は28日、反論のコメントを出した。
「そのようなことは一切なく、そもそも同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していません」と、否定した。
しかし、2月21日、民進党の視察団が小学校の建設予定地などを訪れたあとに開いた会見。
辻元氏は「お昼の時間で、理事長への面会を求めていましたので、塚本幼稚園にまいりました」と述べていた。
この日、塚本幼稚園に行ったと明確に語っていた辻元氏。
さらに、「作業員を辻元清美は送り込みました」と、諄子氏のメールによると、小学校の建設予定地から出たごみなどを埋め戻したと証言をした作業員が、辻元氏の知り合いの人物だという。
民進党の野田幹事長は「根も葉もないことを根拠に、(昭恵夫人と諄子氏は)やり取りしていた」と述べた。
また民進党は、メールの内容を否定したうえで、「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう、強く求めます」としている。
誤りは報じるなと要請する民進党。

しかし、誤りだとする根拠は、どこにあるのか。
昭恵夫人の寄付金問題を否定する安倍首相は、根拠が示せない点で、辻元議員の話を引き合いに出した。
民進・斎藤嘉隆議員「籠池さんは、証人喚問の場で、100万円を受け取ったと。なぜ籠池さんの発言のみを否定されるのか、お答えいただきたい」
安倍首相「これは、御党の辻元さんも同じことが起こっている。これ一緒にするなとおっしゃいますが、そんなことはなかったと、辻元議員は真っ向から否定しているわけです。これも証明しなくてはいけないことになるわけですが」
この問題をめぐって問われる「根拠」の意味。
辻元氏はコメントを出し、「21日も、また、それ以降も、幼稚園に入っておらず、入ろうとした事実もない」と説明。
さらに、証言した作業員との関係についても、面識はなく、送り込んだなどということも一切ございませんと否定した。

野党野合が求めている『悪魔の証明』を辻元にも求めました。
当然、回答するのでしょうね。回答できない場合は当然議員辞職でしょう。だって自分たちが求めているのに自分だけが対象にならないなんて卑怯な真似が通じると思っているのでしょうか?
万事がこのような民進党です。

組合の内部でも民進党に投票は出来ないという声が高々と出てきています。
嘘吐きに投票することは出来ません。さっさと壊滅させましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/02 06:00
コメント:

管理者のみに表示