櫻井よしこ先生の「憲法改正を学ぶ講演会」を開催します。

o0629088713894188150.jpg
朝鮮有事が迫っておりますが、日本はいまだ対応できる法体制になっておりません。
安倍総理はミサイル発射に対して以下の指示を行いました。
【北朝鮮弾道ミサイル発射を受け安倍総理指示】
1.情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと 
2.航空機、船舶等の安全確認を徹底すること 
3.不測の事態に備え、万全の態勢をとること

しかし、これだけの事が出来るのでしょうか?自民党はやる気はあっても民進党や共産党などが邪魔をしかねません。
そのような状況を起こさないためにも憲法改正が必要ではないのでしょうか?
憲法改正は足掛かりです、その後帝国憲法に戻すも良いし、自主憲法制定でもよいでしょう。
私は時代に合った自主憲法制定を行っていきたいと考えています。

今日、山梨県で憲法改正の講演会が開かれます。
是非、話を伺ってみてください。
以下、赤池先生のブログをパクります。
「国づくり、地域づくりは、人づくりから」参議院議員(全国比例区)の赤池まさあきです。
 今年は、現行憲法施行70年目の節目に当たります。昨年夏の参院選に勝利して、改憲が政治日程に上がってきているはずなのですが、国会での議論はどうかというと・・・
安倍総理は今年1月の施政方針演説で次のように発言しています。
 「自らの未来を、自らの手で切り拓く。その気概が、今こそ、求められています。
 憲法施行七十年の節目に当たり、私たちの子や孫、未来を生きる世代のため、次なる七十年に向かって、日本をどのような国にしていくのか。その案を国民に提示するため、憲法審査会で具体的な議論を深めようではありませんか。
未来を拓く。これは、国民の負託を受け、この議場にいる、全ての国会議員の責任であります。」
 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement2/20170120siseihousin.html
 安倍総理の呼びかけは、残念ながら一部消極的な野党のために、実を結んでいません。
衆参両院に設置された憲法審査会での議論は、参議選後も、活発とは言い難い状況です。内容も、基本的なことばかりで、改憲条項の絞込みには程遠い状況です。

 衆議院 前国会2回+今国会1回=3回 今週2回目が開催予定
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/index.htm
 参議院 前国会1回+今国会0回=1回 開催予定が経っていません。
 http://www.kenpoushinsa.sangiin.go.jp/

 私が所属する参議院での議論が、衆議院に比べても開催できないのは大変残念です。一部消極的な野党を動かすためにも、改めて国民の力が必要です。各地では、憲法改正に向けての国民運動が展開されています。
 美しい日本の憲法をつくる国民の会 https://kenpou1000.org/

●山梨で櫻井よしこ講演会
その一環でもあり、憲法改正に向けて、山梨県甲府市で櫻井よしこ先生の講演会を開催致します。ぜひ多くの方のご入場をお待ちしております。
日時:平成29年4月13日(木)午後5時開場 午後5時30分開会
会場:コラニー文化ホール http://www.yamanashi-kbh.jp/map.php
   〒400-0033 山梨県甲府市寿町26-1
主催:美しい日本の憲法をつくる山梨県民の会、自民党山梨県連等

●私の憲法への意見
 現在の憲法改正条項の絞込みについて、緊急事態条項や教育無償化、地方の統治機構等、様々な主張がなされています。私は、現行憲法の問題はいくつかある中で、一番の課題は、戦争放棄を定めた憲法9条だと思います。戦後一貫して指摘されてきましたが、近年安全保障環境が厳しい中、国家国民を守ることが十分できないことを憂慮するからです。特に、戦力不保持、交戦権を否認した9条2項を改正して、自衛隊の役割を明確化し、国民の国防の義務を明記する必要があると思っています。
 皆さんはどうお考えでしょうか。 

●参考資料
憲法制定過程について 「日本国憲法の誕生」国立国会図書館編http://www.ndl.go.jp/constitution/index.html
自民党の憲法の考え方は 憲法改正推進本部http://constitution.jimin.jp/
経済団体連合会 憲法の考え方http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2005/002/honbun.html#part4
私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、全ては国家国民のために、日々全身全霊で取組みます。


権利や自由だけが記載されており、大切な義務の事が書かれていない憲法、これは排除していかないといけないと思います。
憲法改正まったなしです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示