台湾で愛される日本人 八田興一

hatta05_7.jpg
八田興一、カナン地方に広大なダムを築き上げ、不毛の地であったカナン地方を肥沃な穀倉地帯に作り替えた偉人です。
当時、台湾開発に力を入れていた日本政府は台湾に様々な投資を行いました。その結果の一人に八田興一が居ました。
次の開発地点へ移動する際、敵国に輸送船と共に海へと沈んだ彼を嘆くものは多く、その功績を讃え記念館もあります。

そんな彼の銅像が中共よりの人間により破壊されました。
台湾で「日台の絆の象徴」八田與一像の頭部切られる ダム建設指導の技師
 【台北=田中靖人】台湾南部・台南市の烏山頭ダムで16日早朝、日本統治時代に同ダムの建設を指導した日本人技師、八田與一の銅像の頭部が切られているのをダム関係者が発見、警察に通報した。複数の台湾メディアが伝えた。八田の功績は台湾の民主化以降、日台の絆の象徴とされており、ダムには日本人観光客も訪れる。
 台南市の警察当局によると、頭部は持ち去られたとみられる。台南市の頼清徳市長は、迅速な捜査と像の修復を指示した。
 八田は1920(大正9)年から10年かけて同ダムを完成させ、嘉南平原を台湾最大の穀倉地帯に変えた。同所では毎年5月8日の命日に慰霊祭が開かれている。八田の功績は李登輝総統時代に再評価が始まり、2007年には陳水扁総統が褒章を授与、馬英九総統も就任前の08年の慰霊祭に出席している。

慰霊祭まで一か月を切っているこの時期にこのような事をする人は人間じゃないと私は思います。
私も台湾に行った際に訪れました。たくさんの花束で囲われ、きれいに掃除されておりました。
皆に愛させているんだなと思いましたね。彼が作った烏山頭ダムはカナン地方の生命線でもあります。このことは台湾の歴史でも教えられることです。

犯人が逮捕されたそうですね。
台湾・八田像損壊犯は元台北市議だった FBで公表し出頭
【台北=田中靖人】台湾南部・台南市で日本統治時代の技師、八田與一像の頭部が切り取られた事件で、台湾と中国の統一を主張する元台北市議の男が17日、交流サイト上で犯行を自供、警察に出頭した。
 男はフェイスブックで「自分がやった」と公表した上で、台北市内の警察署に出頭。当局は共犯とみられる女とともに身柄を台南に移して事情を聴いた。
 男は1958年生まれで、現在は台湾の急進統一派の団体「中華統一促進党」に所属。94年に統一派の政党「新党」から台北市議に当選し、1期務めた。任期中、市幹部を殴り起訴された。また、2016年には急進的な台湾独立派の団体の敷地に放火し逮捕、起訴されている。
 男は自身を日本統治時代の義賊になぞらえる発言も投稿。像の頭部を指すとみられる「八田さん」を、中華統一促進党の「党本部に届ける」などとする記載もあった。

案の定、中共の狗でしたね。特定亜細亜の人間はろくなことしませんね。
日本でも日本の歴史の象徴である神社に油をまかれたり、放火したりする朝鮮人が後を絶えません。
文化を破壊していく姿は中華思想の考えを表したものなのでしょうか?非常に危ないですね。

そんな無残に破壊された銅像ですが、何とか慰霊祭に間に合うようになりそうです。
壊された八田与一像、台南・奇美博物館が週内に修復へ/台湾
(台南 17日 中央社)台南市烏山頭ダムに設置されている日本人水利技師、八田与一氏の銅像が壊されているのが見つかった件で16日、同市の奇美博物館が修復の支援に当たることがわかった。同氏の命日である5月8日には追悼の催しが控えており、銅像を管理する嘉南農田水利会は修復を急いでいる。
銅像が破壊されたことを知った財団法人台南市奇美文化基金会董事長(会長)の許文龍氏は、修復に協力するよう同博物館に指示し、関係者と彫刻家が16日午後、視察に向かった。同博物館職員によると、同ダムの八田像を模倣した作品が3体あり、同美術館に所蔵されているそのうちの1体の胸像を切断し、破壊された頭部に接着して修復を行うという。作業は1週間以内に完了する見込み。
許氏は合成樹脂や電子部品などを傘下に持つ奇美グループの創業者。芸術にも精通しており、日本統治時代の台湾に貢献した日本人を胸像の製作によって顕彰してきた。2015年には、後藤新平や新渡戸稲造の胸像を寄贈した拓殖大学から名誉博士号が贈られている。

非常にありがたいものです。

日本と台湾が仲良くなることを嫌う人間がいる、そしていつも暴力的な手段に出てくるっていうのは許せませんね。

このことに負けずに日本と台湾の歴史を学んでいきましょう。
それが日台友好につながります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/04/22 06:00
コメント:
日本人の銅像を取り壊して回ったのは日本が台湾から去った後に毛沢東の共産党軍との戦いに負けて敗走してきた蒋介石の国民党軍でしょう。この番組では、まるで日本の統治に台湾人が反感を抱いていたみたいに言ってますが、台湾の人達は日本人が知らない兵隊さんの為に廟を建てて軍神としてお祀りしてくれたり、統治時代の建造物や神社、日本庭園などを修復しながら大事に使ってくれているようですし、台南の地名は忘れましたが統治時代の駅舎が最近再建されたようです。もし日本への愛や感謝が無ければ人口比からすればあんなに多額の義援金を集めて下さったりは無かったと思います。全ては先人方のお陰だと思います。

管理者のみに表示