韓国大統領選の行方は

efb005d2-s.jpg
朴槿恵元大統領離任に伴う韓国の大統領選がピークを迎えております。
北朝鮮からの攻撃も激化しているようですし、次の大統領は非常に厳しいかじ取りを迫られることでしょう。
そして韓国の未来を決めかねないこの選挙、日本では全く報道されていませんね。
なんてったって民進党は森友問題で忙しいし、朝日新聞は捏造報道で手一体のようですからね(笑)
与党などの良識のある人々は北朝鮮への対応できりきり舞いです。

でも在日朝鮮人は関係があります。
韓国大統領選 あすから在外国民の投票開始=日本は16投票所
【ソウル聯合ニュース】韓国大統領選(5月9日投開票)の在外国民投票が25日に各国の在外公館などで始まる。30日まで。日本では大使館や総領事館など16カ所が投票所となる。先月30日にまでに選挙人登録を済ませた有権者と2012年の前回大統領選などの際に登録した人が投票できる。
 投票所は韓国大使館、駐札幌総領事館、駐仙台総領事館、駐新潟総領事館、 駐名古屋総領事館、駐大阪総領事館、駐神戸総領事館、駐広島総領事館、駐福岡総領事館の9公館のほか、東京都の韓貴協ビル、在日本大韓民国民団(民団)豊島支部会館、横浜市の神奈川韓国会館、京都市の民団京都本部会館、和歌山市の民団和歌山本部会館、岡山市の岡山韓国会館、愛知県の民団岡崎支部会館。このうち韓貴協ビル、民団豊島支部会館、民団京都本部会館、民団和歌山本部会館、民団岡崎支部会館の投票期間は28~30日。投票時間はすべて午前8時から午後5時までとなっている。投票所では在留カードや特別永住者証明書など身分証明書の提示が必要。

先月の25~30日までの短い間ですが在日朝鮮人の方々はちゃんと参政権を持っており、投票が可能なのです。
つい最近から始まった在外朝鮮人による投票、棄民と言われて久しい在日朝鮮人にもちゃんと選挙権が存在するのです。
これで日本に外国人参政権を訴えることもないでしょう。誇り高き朝鮮人は祖国への権利を得たのです。

でもなんだか参政権を行使する為に必要な手続きを行わない人が居るようです。
韓国大統領選の在外選挙登録者数 約30万人で過去最多
【ソウル聯合ニュース】5月9日に投開票される韓国大統領選で、中央選挙管理委員会は10日、在外選挙の登録者数が在外有権者(約197万人)の14.9%に当たる29万4633人となり、過去最多を更新したと発表した。
 海外留学生や駐在員らの国外不在者は24万7336人、海外永住者などの在外選挙人は4万7297人だった。
 在外選挙の登録者数は前回の2012年大統領選(22万2389人)に比べ32.5%、昨年の国会議員総選挙(15万4217人)に比べ91.1%増加した。
 在外公館別では在日本韓国大使館が1万5807人で最も多く、ニューヨーク総領事館(1万3716人)、ロサンゼルス総領事館(1万3631人)などと続いた。
 国別では米国が6万8244人、中国が4万3912人、日本が3万8009人などだった。
 在外投票は4月25日から30日までの在外選挙管理委員会が指定した期間に、在外公館が204カ所に設置した投票所で実施される。

45万人と言われている在日朝鮮人、そのうち3万8009人というのは非常に低い値ですね。
本来もらえない参政権を欲しがっていた人間は少数であったと言う事の表れなのでしょうか?
8%程度の非常に少ない人間しか選挙に興味がないと言う事でしょうか?それとも何でも欲しがるお子様のような考えで運動していたのでしょうか?
世界を見ても日本の投票への参加率は低いですけど、輪を掛けて低いですね。
登録して人がこれだけなのですから実際に投票する人はもっと少ないことでしょう。

民団は必死になって投票を呼び掛けています。
<前期地方団長会議>大統領選こぞって投票を
平昌五輪、積極支援へ…地域ネットを拡大
 2017年度前半期全国地方団長・中央傘下団体長会議が11日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、第19代大統領選挙の投票促進や次世代育成運動、ヘイトスピーチ根絶運動、民団財産の保全活用等、団務示達を確認した。平昌五輪への対応についての意見交換や本国奨学金の説明もなされた。

規約改正、議論進める
 会議の冒頭で呉公太団長は、「昨年は次世代育成事業や民団の歴史を紹介する写真展を本国で開催するなど、創団70周年をアピールできた。6月には『ヘイトスピーチ対策法』が可決、施行された。冷え込んだ韓日関係の中で、この法が成立しなかったら、在日韓国人はどうなっていたか。皆さんの努力に感謝する」と述べた。
 さらに「5月9日に全世界が注目する韓国大統領選挙が実施される。25日からの在外投票には全国の民団が一丸となって、一人でも多くの団員に投票を働きかけてほしい。焦点は2つ。慰安婦を象徴する少女像問題で悪化している韓日関係をどうするか。大統領立候補者は『韓日合意』の見直しまたは破棄を求めているが、残念だ。もう一つはわが国の安保問題だ。団員それぞれの考え、立場で投票をしてほしい。今年度は次世代育成と韓日関係改善に全力を尽くそう」と呼びかけた。
 呂健二議長は「創団70年の歴史を踏まえ、民団の現在の求心力を見つめ直す時期に来ている。日本国籍者の3機関長就任について、宣言・綱領・規約に照らし合わせ、規約委員会で論議を重ね、責任をもって総合的に判断したい」とあいさつした。韓在銀監察委員長は「世界情勢が正確に判断できる大統領の選出と、その強い指導力による韓国の再生、冷えこんだ韓日関係の早期改善を望む。韓国の危機状況に対し、内外国民が結束、団結する時だ。本国情勢が厳しい時期だからこそ民団が一致団結して難局を打破しよう」と訴えた。
 続いて激励辞に立った李俊揆駐日大使は「韓国が先進諸国の仲間入りできたのも、民団の貢献が大きい。変化していく在日同胞社会の求心体として、民団は世代交代にともなう次世代育成と同胞和合で強い組織づくりと韓日の懸け橋の役割を願う」と求めた。大統領選挙については、「候補者らの『韓日合意』の再交渉や破棄発言があるが、大統領当選後は韓日関係改善に向けて大使館も政府も民団とともに努力しよう」と結んだ。
 丁海龍常任顧問は「韓国が厳しい情勢に置かれているが、祖国は私たちの生きる源だ。民団としてやらねばならない課題を結実させるために、中央は地方本部の結束、地方は支部の結束を図り、目標に向けて努力しよう」と強調した。
 団務示達では、第19代大統領選挙の投票促進について、民団は「不偏不党」の精神で4月の支部総会・大会を通じて広報を徹底し、前回第18代の投票率67・8%を上回るため全力を尽くすよう確認した。次に在日同胞社会の大統合として、地域同胞のネットワーク化のための集中戸別訪問活動は、2015年の愛媛、16年の静岡本部に続き、3度目になる。9月に1本部を選定し、全国の幹部や実務者らが8泊9日の活動に入る。地域同胞指導者ワークショップは6月下旬から7月上旬にかけて、全国3ブロックで組織幹部を対象に実施する。規約改正に関する意見聴取などが主なテーマ。
 民団財産保全活用では、本部・支部会館の恣意的な売却防止を防ぐとともに、個人名義になっている会館を「民団財産」に変更するため、専門家らで構成する「民団財産保全委員会」を立ち上げるほか、今年度の支部総会・大会で所有権名義の実態調査を実施することにした。
 意見交換では、慰安婦問題の「韓日合意」に関連し、民団として要望活動をしていない「国民の党」への働きかけを問う声があった。呉団長は「16日に大統領候補者が出そろったら、全選挙事務所を訪れ、民団の意見を伝える」と回答した。
 また、平昌五輪を平和の祭典に位置付け、東京五輪につなげる「韓日共同の祭典に」との意見に対して、体育会の崔相英会長は「大統領選挙が終われば、平昌五輪ムードに変わるだろう。五輪に対する募金を免税扱いにしてもらうよう現在交渉中だ。金額の問題ではなく、在日韓国人が支援していくことに意義がある」と答えた。
 会議ではこのほか、在日韓国人本国投資協会から在日韓国人学生が本国に修学した際の奨学金についての説明がなされた。

因みに韓国では選挙当日は会社は休みであり、仕事を理由に投票しないことは許されておりません。
会社でも投票に行くことを求められており、確認も行われているそうです。
あまりにも低い投票率を改善するための苦策とも言えるでしょう

日本の投票率を上げるためにも韓国の制度を適応しても良いと思いますが、衆議院選挙のように解散があると予定が厳しいので難しいのでしょうね。韓国は全国で一気に地方選挙と国政選挙を行うので可能なのでしょう。
日本もこの点だけは見習っていきたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/05/05 06:00
コメント:
No title
選挙後の日本政府(安倍首相)の出方が気になりますね。間違いなく反日大統領が誕生するでしょうから、先ず、慰安婦合意を覆すでしょう。
どう対処するのでしょう。
時間はたっぷりあったのだから充分策は練っているとは思うんですが。いかんせん、反日分子が国内の中枢に蔓延っているし、反日韓国政府に協力する元日本国籍もいるようですから油断出来ません。

しかも、自民党の中にもたくさん反安倍勢力いると聞きます。

とにかく、日本を駄目にしようと奔走する野党や、左翼連中の邪悪な計画を砕くためにも、ほんと安倍首相には健康に気をつけて頑張ってもらいたいです。

管理者のみに表示