意味もなく騒ぐ韓国大統領候補たち

C-zHaCaXYAAXv0W.jpg
GW皆様は如何過ごされましたでしょうか?
私は毎年のことながら知覧へ行き、特攻基地慰霊祭に参加してきました。
毎年、高齢者が減ってきているように見えますが、沖縄を、日本を守るために命を捧げられたご英霊の皆様に慰霊と顕彰の誠をささげてきました。
皆さんも来年の5月3日は鹿児島県南九州市の知覧に伺いませんか?
一生に一度でもいいと思います。

さて、本日は韓国の大統領選挙の投票日ですね。
皆さんは投票先を決めましたか?私は選挙権がありませんので投票できませんね(笑)
韓国の大統領選挙、その候補者の見識不足はひどいもののようですね。
日韓慰安婦合意は「再協議」 各候補、そろって日本批判 歴史の蒸し返しさらに
 慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神に反し、釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が違法に設置され日韓関係が悪化を続けるなか、韓国大統領選挙の主要候補者はいずれも、合意の「再協議」を主張している。
 世論の約6割が日韓合意の破棄を、8割近くが慰安婦像の撤去反対を支持する現状で、合意履行を訴えれば選挙戦からは確実に脱落する。外交上の約束であろうが、日本に従っていては支持は集められない。このため、次期政権での日韓合意の履行は、選挙の争点にすらなっていない。
 それどころか、保守系の旧与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジョンピョ)候補は釜山の慰安婦像を訪れ、「慰安婦問題はナチスのユダヤ人虐殺と比肩される反人倫的犯罪だ。そんな犯罪は合意対象にはならない」と発言した。日本批判は“した者勝ち”となっている。
 その半面、対日関係では「ツートラック戦略」で各候補はほぼ一致している。慰安婦や独島(竹島)などの「歴史問題」と、経済などの「現実問題」は切り離して臨むべしとの主張だ。
 現在、支持率トップの左派系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補は、日韓合意の破棄を主張する一方で、早くから対日ツートラックを主張。特に経済での日韓協力の必要性を、各候補は感じているようだ。
 日本を批判しつつ経済的な協力は得たいという。ただ、釜山の慰安婦像設置の対抗措置として日本政府が1月から続けている通貨交換協議の中断と経済協議の延期に、韓国の政府や財界は相当頭を痛めている。
 日韓関係の閉塞状況への懸念もある。中道左派の第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補は「次期政権では元慰安婦と話し合い、意見が反映されなければならない」と言う。その一方で、「1998年の金大中(ジュンキム・デジュン)元大統領と小渕恵三元首相による韓日共同宣言の時のような、良好な関係を目指すべきだ」と明言している。
 「日本は隣国であり、問題があるほど対話が必要」(安氏陣営の白鶴淳(ペク・ハクスン)世宗研究所首席研究委員)と対日関係改善の必要性は認識している。文氏の外交諮問団の鄭義溶(チョン・ウィヨン)団長も28日、長嶺安政駐韓日本大使に「日本は民主主義や人権など核心的な価値を共有する隣国だ」と早期の首脳会談開催に期待を示す文氏のメッセージを伝えた。ただ、国益のための日韓関係の重要性は分かっていても国民感情は無視できない。
 選挙戦が後半に入った28日、日本の朝鮮半島統治時代に労働を「強制された」という徴用工の像をソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置する計画を発表した市民団体は、大統領選での文氏支持を同時に表明した。
 文氏が政権を取る可能性が高いと判断したとみられ「当選すれば元徴用工の対日補償交渉を求める」と断言している。日韓合意で「最終的かつ不可逆的な解決」が確認された慰安婦問題どころか、別の“解決済み”の問題が蒸し返されている。次期政権での日韓関係は楽観視できない。(ソウル 名村隆寛)

ここに約束事を守れない人々がいます。
それに対して日本がなぜ譲歩しなくてはならないのでしょうか?領事館前の捏造慰安婦像はウイーン条約違反の行為であり、在韓日本人を守ることを韓国政府が止めた証拠でもあるのです。
日本大使館前の捏造慰安婦像では強く出なかった政府与党も今回は三下り半を突き付けました。
日韓合意を破るのであれば韓国政府側が一方的に破るだけです。
そのことに関して日本が出来ることは断交しかありません。約束を守れない政府に対して話し合いをしたところで又破るだけです。
結局、北と南は全く同じ考えの持ち主ってことが世界中に広がるだけのことです。
というか、日本のマスコミが隠している事実が公になるだけのことであり、すでに韓国は世界中で嫌われる存在となっています。
日本も断固として韓国に対して要求を突き付けていきましょう。

候補者だけではなく政府も馬鹿げたことを言っています。大統領がいないのにこのような捏造問題に口を突っ込むとは馬鹿な政府ですね。
韓国政府が「慰安婦報告書」を発刊 日本の慰安婦像移転要求を「合意の曲解だ」と批判
 【ソウル=桜井紀雄】韓国女性家族省は3日、慰安婦問題の経緯や現状をまとめた民間の「研究報告書」を4日に発刊し、ホームページに掲載すると明らかにした。同省は2014年から政府事業として「慰安婦白書」の編纂(へんさん)を計画していたが、事実上中止する方針を示していた。
 韓国政府は、慰安婦問題の「不可逆的解決」をうたった15年の日韓合意を維持する立場で、白書に代わって民間報告書の形を取ることで日本への刺激を避けたとみられる。ただ、大統領選候補らはそろって合意の見直しを主張しており、次期政権で蒸し返させる可能性がある。
 聯合ニュースによると、報告書は「日本政府が慰安婦の強制動員に関与し、法的責任がある」との韓国側の立場を示し「日本の加害行為は人道に対する罪に当たる」とも主張している。
 日本側が合意に基づき、10億円の拠出に伴って在韓日本大使館前などからの慰安婦像の撤去を求めている点に関し、「合意の曲解であり、誤読だ」とも批判している。一方で、「報告書の内容は、研究陣の意見であり、女性家族省の公式的な立場ではない」とも強調しているという。

ようは一研究者の発言を見て反応を確かめようとしているとしか思えませんね。
此処までなめられていいのでしょうか?
慰安婦問題は朝日新聞が行った捏造です。朝日新聞もそのことを認めています。捏造に対して断固として反論することが必要です。
戦勝国連合も日本に強くなっては困るのか捏造調査を基にした報告書をいまだ撤回していません。
差別主義を払しょくさせるために行った大東亜戦争がそんなに憎いのでしょうか?悔しいのでしょうか?
西洋は口ばかりで本質が見えていません。そこは日本がしっかりと発言していきましょう。

果たして誰が韓国の大統領になるのでしょうか?
そして北朝鮮への対応はどのようになるのでしょうか?非常に興味が尽きませんね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/05/09 06:00
コメント:

管理者のみに表示