まともな議論が出来ない野党たち

jieitaikaiken-2-600x338.jpg
安全保障法制、テロ等準備罪、憲法改正、スパイ防止法様々な法律が日本国民を守るために必要な時代となっております。
特に憲法改正は自衛隊の皆様を縛り、危険なところで守ってくださいとお願いしているのにその立場を保証しないという誠にいい加減な事になっております。
体を張り汗をかく人は尊敬させる、これは当たり前の事だと思いますが、どうも野党野合連合はその認識に掛けていると言わざるえません。

安倍総理は国会で総理大臣としてではなく、自民党総裁として質問を受けた模様です。
安倍首相、憲法改正の考え問われ「読売新聞をぜひ熟読して」と答弁、野党から批判
午後には民進党の長妻昭議員が、安倍晋三首相の憲法改正発言について「その真意を教えてほしい」と問うた。安倍首相は憲法記念日の5月3日、憲法9条を2020年までに改正し、自衛隊の存在を明文化する考えを示している。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】
読売新聞のインタビュー(4月26日に実施)や保守団体「日本会議」が主導する集会で明らかにしたものだ。
安倍首相はこう答えた。
「私が今回ビデオメッセージなどを通じ、自民党総裁として憲法改正への考えを公にしたのは、国会で政党間における議論を活性化させるため」
「なぜ急に」。そう長妻議員が聞くと、こうも答えた。
「いよいよ、憲法審査会において議論が佳境に入っていく時を迎えていく」
ただ、肝心の「真意」については「この場には自民党総裁としてではなく、内閣総理大臣として立っている」として答弁を控え、こう語った。
「どうぞ憲法審査会において活発な議論をしたらいかがでしょうか」
長妻議員は「国会で自分の主張を言わず、報道やビデオでバンバン言うことに違和感を覚える。締め切りを設けるのもいかがかと思う」と発言。
自衛隊を「国防軍」とすることなどを明記した自民党改憲草案を「取り下げるのか」と問いただした。
これに対する安倍首相の答弁はこうだ。
「自民党総裁としての考え方は読売新聞に相当詳しく書いてあるから、ぜひ熟読していただきたい」
この発言に委員会室は騒然となったが、安倍首相は続けた。
「党総裁としての考えをここで縷々述べるべきではなく、そこで知っていただきたいということ。その中で、草案との考え方についても説明している。そもそも、新聞記事などを発端に質問をされている」
「草案は自民党の考え方を申し上げたもので、取り下げる取り下げないの問題ではない。これがそのまま通るとは考えていません。憲法審査会の中でだんだん議論が収れんしていくもの
答弁後、委員長から安倍首相に「新聞社の件など不適切でありますので、今後気をつけていただきたい」との呼びかけが。長妻議員も「長年国会で質問しているが、自分の発言は読売新聞で読めという答弁は初めて」と苦言を呈した。
安倍首相は読売新聞のインタビューで、自衛隊について「多くの憲法学者は『違憲』と言っている」と主張。
「自衛隊を合憲化する」ために、9条の「1項、2項を残し、その上で自衛隊の記述を書き加える」との持論を述べている。
また、自民党の改憲草案については、「党の目指すべき改正はあの通りだが(中略)改正草案にこだわるべきではない」と指摘。
憲法改正の国民投票を実現するために、「党として責任を果たしていくことを考えるべき」とし、自衛隊について「どのように記述するかを議論してもらいたい」と語っている。
憲法学者はどれほど自衛隊を「違憲」としているのか。安倍首相は「ある調査によれば(中略)7割以上が違憲の疑いを持っていた」と述べている。
朝日新聞が憲法学者122人を対象に実施したアンケート(2015年6月)によると、自衛隊の存在が憲法違反にあたる、またはその可能性があると答えたのは77人(63%)。41人(33.6%)は憲法違反にはあたらない、または当たらない可能性があると答えている。
長妻議員は集中審議で、横畠裕介内閣法制局長官に「自衛隊は違憲なのか」と質問した。
答弁の内容はこうだ。
「政府としては、自衛隊は一貫して我が国を防衛する立場の最小限度の実力組織で、憲法に違反していない。平和安全法制が施行され、付与された新たな任務を含め合憲であります」

議論を活発化させるために、自衛隊のあり方を議論の俎上に載せるために無茶な第三項追加を行ったとも取れますね。
自民党の憲法草案を読んだことありますが、憲法の事にそこまで詳しくないのですべては読み取れませんでした。
自民党の党是は憲法改正、自主憲法制定にあります。憲法を自分たちの手に取り戻すことが独立国として最低限必要な事です。
憲法審議会が下らない議論で延び延びにならないことを願うだけです。

さて、議論が出来ないと言われている代名詞である二重国籍は議論に自分が参加できていないことを国民に訴えます。
民進蓮舫代表「耳傾けようとしない」首相の姿勢批判
 民進党の蓮舫代表は7日、東京都渋谷区で街頭演説し、「我々は反対だけ(という対応)はしない。協力できることは協力するが、残念ながら今の政権は野党の声に耳を傾けようとしていない」と述べ、安倍晋三首相の政治姿勢を批判した。
 蓮舫氏は、9日の参院予算委員会集中審議で、首相と相対する予定。学校法人「森友学園」の国有地格安取得問題についても触れ、「特定の人だけ、総理の友達だけが、総理夫人の知人だけが、国有地を9割ディスカウントで払い下げを受けた」と指摘。「そんなことはないというなら、安倍昭恵さんは堂々と、会見をすべきだ。国会で説明をしていただきたいが、ずっと避けられ続けている」と述べ、首相や昭恵夫人の対応にも疑問を投げかけた。
 この日は、7月の都議選を意識した演説でもあった。蓮舫氏は、同党の渋谷区の候補者が区議出身であることに触れ「実績がある人でないと、議会で都知事とどう向き合うのか、どう質問するのか(分からない)。今から都政とは何か勉強しているひまは、これから4年間ありません。すぐ仕事ができる人を選んでほしい」と訴えた。
 築地市場の豊洲移転をめぐり都議会で百条委員会が開かれたことにも触れ、「なぜ今まで開かれなかったのか。与党が守っていたからじゃないですか」と指摘。「古い古い政治が、古い古い自民党が、これまで知事を守り、知事の言うことを聞き、そのことで陳情を聞かせる。もたれ合いの政治が行われていた」と述べ、「この間、数がある自民党や公明党にいた政治家は、自分たちができなかった仕事をわびるところから始めるべきだ」と、対決姿勢を示した。
 ただ同党では、都議選の公認予定者の離党が相次ぎ、当初予定の36人のうち、14人が離党届を出す異常事態。蓮舫氏に先立って演説した公認予定者は「たとえ議会の中で(民進党が)少数派になろうとも、きちんと筋を通したい」と、複雑な思いを訴えた。

見事恨み節しか言っていません。こんなんで議論できるのでしょうか?的を得た指摘なら回答すると思いますが、二重国籍がまともな話をした記憶がありません。
筋を通すと言えばまずは二重国籍問題にケリを付けて、さんざん嘘を積み重ねたことに対して国民に謝罪、議員辞職してから質問をしてください。
それが筋を通すってもんでしょう。

筋を通すって話でどこかの国会議員は法律を規則を守らずに反対活動を行っているそうですね。
社民・福島瑞穂氏「『しばいたろか』で犯罪」 自由・山本太郎氏「トンカチ買ったら準備罪」 全国で“共謀罪”反対デモ、山手線内でプラカード強行
 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に反対するデモ活動が23日、「共謀罪の創設に反対する百人委員会」の呼びかけにより、東京や福岡など全国約20カ所で一斉に行われた。JR山手線の車両内では、プラカードを首からさげるなどのパフォーマンスも行った。東京都新宿区の新宿駅西口では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らがマイクを握り、「共謀罪は現代の治安維持法」などと訴え、テロ等準備罪成立の危険性をあおった。
あまりにも下らないのでリンクを確認してください。はずはテロ等準備罪が適応される前に犯罪で捕まるから、それが前提であるってことが馬鹿げています。特定秘密保護法が公務員だけが対象なのに一般の人も対象になるとか嘘を積み重ねていた事と重なりますね。
如何にいい加減な事を言い続けているかよくわかります。

このような野党では議論が深まりそうにありません。いろんな議論の出来る野党がほしいところです。
心の中心に日本がある国会議員を!野党を求めます。
政治の正常化を行うために教育の正常化を行いましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2017/05/12 06:00
コメント:
No title
まともな野党ですが、維新の会が存在していますよ。
維新は与野党を問わず「良い案は良い案。」「悪い案は悪い案。」と国会で議論しております。
そして悪い案は、修正案や対案をキチンと出して国民の為に議論をしようと頑張っております。
これぞ本当の野党だと思っております。
民進党や共産党などの他の野党は、貴殿が仰る通り、中国・朝鮮人の為に頑張ってる売国野党ですが、維新だけは日本の為の日本人の為のまともな政党だと思います。(*^_^*)
当然ですが日本の国会議員なんです
日本国民と日本の国のために議論をすべきです。
立法府である国会の本当の仕事です。
日本のマスコミも国民への周知を怠っています。
国がなくて(国家が)、国民の生活の議論がどうしてできるのでょうか。
国民主権と言うのであれば、日本国民がそのことをしっかりと認識すべきです。
そうは言っても国会議員の馬鹿もいますのでそんなやつを国会に送らない国民に早くならないといけません。
朝日新聞や毎日新聞、テレ朝やTBS・フジ、NHKを無自覚に信じる視聴者の覚醒が望まれます。
パチンコやテレビ・新聞にすがる国民であってはいけません、自分の感性や情報をもとに判断する日本国民であってほしいと切に願うものです。
自分の生活で忙しいと思いますが、少しの時間でも日本の為になることに力を注いでほしいと願うものです。
気が付いたら中国の支配下になっていた。なんとなく資本主義の米国のなすがままだった。ということの無きよう。
憲法改正の何をするのかをしっかりと政権与党にアタックしましょうね。

管理者のみに表示