捏造慰安婦問題 難しい韓国政府の動き

a6a8669c-s.jpg
朝日新聞が捏造した慰安婦問題
過去、韓国を助けようと譲歩した結果、韓国は付け上がり様々な要求を行うようになりました。
その解決を行うために合意した日韓合意、これにてすべての責任は韓国側にあり、韓国国内の問題となりましたが、
韓国自身の能力不足により現在も揺れに揺れています。

最初に捏造話を書いた作者は無くなっておりますが、その息子がこのような話をしております。
慰安婦「強制連行」偽証の吉田氏長男が「謝罪碑」取り消し 「耐えられない」
 朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した吉田清治氏(故人)の長男が、父親が韓国内に建てた「謝罪碑」の碑文の説明も虚偽だとして、関係者を通じて碑文を書き直していたことが11日、分かった。長男は「父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることにこれ以上、耐えられない」と説明している。長男は、ジャーナリスト、大高未貴氏の新著『父の謝罪碑を撤去します』(産経新聞出版、6月2日発売予定)で、経緯などについて詳細に語った。
 吉田氏の虚偽証言は、朝日新聞が1980~90年代初頭にかけて集中的に紙面で取り上げた。
 また、同氏の著書『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけた96年の国連のクマラスワミ報告にも引用された。
 謝罪碑は昭和58年、吉田氏が著書の印税で韓国・天安市の国立墓地「望郷の丘」に建立し、朝日新聞は2度にわたって記事を掲載した。
 同年12月24日付朝刊では、吉田氏が碑の除幕式で「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて…」と書かれた碑文を読み上げ、式典参加者らの前で土下座したことを記事と写真で伝えた。
 大高氏の新著によると、長男は「父が私費を投じて建てた碑であれば、遺族の権限で撤去が可能だ」と考えた。今年3月、長男から依頼を受けた元自衛官の男性が撤去を試みたが、コンクリートに埋まってできないため、碑の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと) 日本国 福岡」と韓国語で書かれた別の碑を張り付けた。「雄兎」は吉田氏の本名。碑文の変更は現地の施設管理者にも届けられた。
 朝日は平成26年に吉田氏の関連記事18本を取り消した。長男は大高氏に対し、「朝日新聞が間違いだったと発表したわけですから、それに沿って間違いは正さなければなりません。朝日新聞社は謝罪碑の間違いを正さないでしょうから、正すことができるのは私しかいません」と語った。
 碑文を書き換えた元自衛官の男性には、5月初旬までに韓国の警察から3回電話があったという。

このような形で慰安婦を強制連行したとする朝日新聞の根拠は失われています。
戦勝国連合も現実をしっかりと見据えた話をしてもらわないといけません。
朝日新聞の捏造した慰安婦問題、その問題は日本国民を侮辱し、自ら立てないように行われた工作であったというのが適切な表七のでしょうね。

先日大統領に就任した韓国の文氏、彼もこの捏造話をどのようにして解決に導いていくのか非常に難しいかじ取りを迫られています。なんてったって日本に要求することは国際社会上難しいのですが、韓国国民は無責任にも日本に再度要求を突き付けようとしています。
「韓国の信頼低下を覚悟せねば」「合意の覆しできない現実」 日韓首脳電話会談で韓国紙
【ソウル=名村隆寛】安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領が11日に行った電話会談では、慰安婦問題をめぐる日韓合意の再交渉や慰安婦像への直接の言及はなかったが、12日付の韓国紙は「両首脳の韓日関係の出発点をめぐり正面衝突したようなもの」(朝鮮日報)と見解の相違を報じた。
 ただ、朝鮮日報は、日本側が再交渉に応じない立場を説明し、「その場合、韓国政府が一方的に『合意破棄』を宣言し得る。しかし、この場合、韓日関係の破綻はもちろん『国家間の約束破棄に伴う(韓国の)信頼低下』を覚悟せねばならない」と報じた。
 同紙は社説でも「一方的な破棄をすれば逆風も大きくなろう」と指摘。その上で、「文大統領は『歴史問題が両国の足を引っ張ってはならない」とも述べ余地を残した。韓日関係が韓米同盟にも影響を及ぼす点で、軽く考えてはならない」と合意破棄を戒めた。
 一方、ハンギョレ紙は 文氏が再協議には言及せず、「共同努力」を強調したことについて、「韓日両国がこの問題で葛藤を深める代わりに共に解決法を模索していこうという意味にとれる」と解釈した。その上で、「政権が変わったからといって国家間の合意を一方的に覆すことはできない現実を反映した発言とみられる」と分析した。
 同紙は「今は日本側に言う前に、国内的にこの問題に対する交通整理をするのが先だ」とする趙世暎(チョ・セヨン)東西大学日本研究センター所長の談話も紹介した。

日本との合意を守ると韓国国内からの突き上げが大きくなり、日本に再度保証を求めるも最終的な解決と合意した合意文に違反することになり、韓国の少ない国際的信用がますます小さくなります。
そのような状況下で北朝鮮の挑発も続いていると言う事も忘れてはなりません。
日本の信用を失うと言う事は亜細亜諸国からも見捨てられ、アメリカからも見捨てられるって事になります。
第一、10億円を日本からもらって作った人権団体は活動しているのでしょうか?
ウイーン条約違反などを見ていると全く機能しておりませんね。
慰安婦財団、日本の拠出金を流用 韓国側が運営費カット
慰安婦問題の日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」が、厳しい状況に追い込まれている。今年度の運営費が国会審議で全額削減されたため、日本政府が財団に拠出した10億円の一部を充てざるを得ない事態に陥っている。財団の理事10人のうち2人が辞任し、財団の事業の推進力は失われつつある。
 財団は昨年7月の設立。事務所の賃借料など運営にかかる費用は韓国政府が全額支出し、日本政府が拠出した10億円はすべて元慰安婦の支援事業などに使われることになっていた。
 財団関係者によると、韓国政府は16年度、運営費として約1億5千万ウォン(約1500万円)を支出。17年度は約4億ウォン(約4千万円)を政府予算案に計上したが、朴槿恵(パククネ)前政権下で最大野党だった「共に民主党」が反発。国会審議で全額削減され、財団は「やむを得ず(日本からの)拠出金の一部を使うことになった」としている。
 一方、財団は理事長を含めて10人の理事で構成されていたが、2人がすでに辞任した。財団関係者によると、日韓合意や財団に対する批判が高まったため辞任したという。理事の辞任によって財団の運営に直接の影響があるわけではないものの、文在寅(ムンジェイン)大統領は合意の再交渉が必要だとの考えを示しており、財団が事業を継続するのは難しくなるおそれもある。(ソウル=東岡徹)

共に民主党といえば現大統領の政党ですね。なんか自分で自分の首を絞めているとしか思えませんね。
韓国政府が運営しなければ合意を破棄できるとでも思ったのでしょうか?
韓国の責任において運営して可哀想な慰安婦たちの支援事業を行ってください。
もし失敗しても日本には何の責任もありません。合意内容を速やかに実行しましょうね。
慰安婦のおばあさんたちの平安な生活のためにも全国に於いてある捏造慰安婦像を撤去しましょうね。

世界的にも評価の高い日韓合意、これを如何にして守っていくのか?
韓国政府の難しいかじ取りはますます重要になってきますね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/05/17 06:00
コメント:
No title
捏造慰安婦については、初めは、「敗戦でお金と替えてもらえる票が紙切れ同然になり、窮している元売春婦を助けよう」という動きが悪用されたという話も聞きました。福島瑞穂が、慰安婦でもなんでもなかったおばあさん達にセリフ指導をしているVTRもありましたね。政府には、証拠となるものをきちんと示して英霊の名誉を晴らしてもらいたいです。朝日新聞も、捏造を認めたくせに、謝罪はしていません。こちらも国会で追求するべきと思います。

管理者のみに表示