日本破壊を目論む民進党


陛下のご負担を軽減する為に検討されている譲位問題
それを日本解体への道筋にしようとしている輩がいます。
そのような人間が集まっている政党は共産党だけだと思っていましたが、民進党もその勢力であるようですね。
付帯決議案「女性宮家」を明記 自民が譲歩
 天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り、衆院の佐藤勉議院運営委員長(自民)は29日、安定的な皇位継承に向け、女性皇族が結婚後も皇族に残る「女性宮家」の創設を検討することを盛り込んだ付帯決議案を各党に示した。民進党に加え、これまで慎重だった自民党が「女性宮家」を明記することを容認する方針を固め、「女性宮家創設」の文言が決議案に明記される見通しになった。
 佐藤氏の案は「女性宮家の創設等」と明記することで民進党の主張に配慮する一方、政府が検討を始める時期については、自民、公明両党が主張していた「法施行後速やかに」とした。国会への報告については「速やかに」としたが、期限は区切らない内容。各党は30日の議運委理事会で協議する。自民、公明両党は佐藤氏の案を受け入れる方向だが、民進党は「なるべく早く期限を区切って結論を出すべきだ」(野田佳彦幹事長)としており、検討開始時期と国会報告の期限が残る論点となる。
 自民党は「女性宮家を設けると、将来の女系天皇につながりかねない」との慎重論が党内保守層に多いため、女性宮家の明記に慎重だった。自公両党は26日、「女性皇族の婚姻等による皇族数の減少等に係る問題について、法律の施行後速やかに検討を行い、その結果を国会に報告する」との案を提示。秋篠宮さまの長女眞子さま(25)が婚約されることが明らかになったことも踏まえ、皇族減少対策の必要性を指摘しつつも、女性宮家の創設は明記を避けていた。
 しかし自民党の竹下亘国対委員長は29日の党役員会で、退位法案について「今週中に(衆院で可決して)参院に送付できるよう全力を尽くす」と強調。自民、民進両党は付帯決議案の内容で合意することを審議入りの前提にしており、法案の早期成立のために自民党が譲歩した形だ。
 一方、民進党は「政府は特例法成立後速やかに、女性宮家の創設等を検討し、1年をめどとして国会に報告する」との決議案を示している。女性宮家の創設を明記した上で、今国会で法案が成立した後、1年をめどに政府の検討結果を報告するよう求めるものだ。
 大島理森・衆院議長(自民出身)らが主導した3月の国会見解は、検討の開始時期を「法施行後速やかに」としていたが、民進案は時期の前倒しも要求。法案は陛下が退位する日を施行日とするため、施行が想定される2018年末まで政府が検討を始めないのは遅すぎるとし、結果の報告時期も1年程度に区切るよう主張している。【光田宗義、樋口淳也】

そもそも女性宮家自体の定義も決めていないのに何言っているのでしょうか?女性天皇は判ります。歴史上それなりにいらっしゃいましたし、万世一系にもかないます。しかし女系天皇は許されません。歴史に反する行為であり、我が国の伝統文化の破壊を目論む輩が言い出しているだけにすぎません。
もし、外国から茶々が入ってもそれを含めた日本を大切にしています。歴史を大切にしています。下手な博愛ではなく真の愛情をもって国を営んでいます。とでも回答すればいいだけです。下手な配慮は差別に繋がります。

このような我が国の歴史の重みを知らない人間はどのような事を抜かしているのでしょうか?
政局に御皇室を利用する民進党の野田の発言です。
民進 幹事長「女性宮家」検討明記なければ審議応じず
民進党の野田幹事長は記者団に対し、天皇陛下の退位に向けた特例法案の取り扱いについて、衆参両院の正副議長の取りまとめに基づき、付帯決議に「女性宮家」創設を検討することが明記されなければ審議に応じられないという考えを示しました。
天皇陛下の退位に向けた特例法案の付帯決議をめぐり、民進党は女性宮家の創設について、政府が1年をめどに国会に検討結果を報告することなどを盛り込むよう求めていて、法案の審議が行われる衆議院議院運営委員会で詰めの調整が行われています。
これに関連し、民進党の野田幹事長は千葉県船橋市で記者団に対し、「ガラス細工で作ったのが全体会議での文書で、それをそもそも論でさかのぼって直そうというのでは物事は進まない」と述べ、衆参両院の正副議長のもとでまとめた国会としての考え方に基づき、付帯決議に「女性宮家」創設を検討することを明記すべきだという考えを強調しました。
そのうえで、野田氏は「法案自体は対決法案ではないが、次の議論をするための環境整備につながる話だ。われわれに『妥協しろ』と言っても、そう簡単ではなく、お互いに納得できるものを作り上げる努力をしていくしかない。それができない限りは審議できない」と述べ、付帯決議に「女性宮家」創設を検討することが明記されなければ、法案の審議に応じられないという考えを示しました。
いつもの審議拒否で譲歩を求めているそうですが、認められないことは認められません。
女性宮家なんて皇室の歴史にありませんし、万世一系の原則から外れる行為です。意味わかってこのような無茶難題を吹っかけている民進党は我が国の敵です。
何をしたくてこのような条件を吹っかけてきているのかはわかりませんが、このような条件をのむ必要はありません。
自民党はいい加減、原理原則を貫き、このような馬鹿げた話に乗ることを止めてください。
どうせいいつもの審議拒否です。今更譲歩しても仕方ありません。

自民党ではこのような考えが大多数を占めています。
「女性宮家より旧宮家復活や養子が先」衛藤補佐官
 女性宮家の創設は、原理もちゃんとしていないのに時期尚早。女性宮家は将来、女性天皇までいいんですよ、女系天皇までいいんですよという意味で言われているのか、皇室の人数が少なくなったからご公務(の負担軽減)に対して言われているのか。ご公務(の負担軽減)に対してなら、女性宮家をつくらなくても、別の形でいろいろ検討できる。
 女性宮家より先に検討すべきことがある。旧宮家の復活もある。あるいは(旧皇族からの)養子もあるかもしれない。幅広い男系による安定的な皇位継承を検討することは十分可能だ。いますぐからでも(検討を)やらなければならない。(BSフジの番組で)

これが歴史の重みを知る人間の発言です。大東亜戦争で分断された我が国の歴史を持つ人間ではこのような深い検討は出来ません。
昔から万世一系を守るために様々な事が行われてきました。それをたかが70年程度で形成されたブームで破棄する必要はありません。伝統を守りつつ継続できるように考えていきましょう。我が国の歴史は2600年以上、その中間である聖徳太子が憲法を作って1300年、常に話し合いで解決を模索してきた我が国の歴史、それを踏まえた議論を行っていきたいものです。


日本は常に新しい歴史を積み上げてきました。
今ある歴史は過去の積み重ねであり、営みの結果です。それを知らずして何が出来ようか。
考えてみましょう
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2017/06/01 06:00
コメント:
現代は国盗り物語の真っ最中であります。特に皇室は現在9分通り最後の仕上げにかかっています。 後世の人々はこの歴史的事実を建国記念日として讃えるのでしょうか?
昭和天皇陛下御夫妻が懐かしいです。
No title
女性宮家は女性天皇、即ち愛子天皇への布石です。自民党が受け入れたのは公明党の後押しかも。池田大作は北朝鮮系帰化人とか。創価の朝鮮人を愛子さまの婿として皇室にいれようとしているのでしょう。

管理者のみに表示