日本軍による初の海外護衛派兵

18698469_1273382692785171_6462589882484443267_n.jpg
安倍晋三 平成29年5月28日
「大日本帝国海軍第二特務艦隊戦死者之墓」にお参りをいたしました。
第一次世界大戦中、第二特務艦隊は、ここマルタを基地として、船団護送のため働きました。ちょうど100年前です。駆逐艦「榊」が魚雷を受け大破、多数の乗員が命を落としました。
お墓には、遺骨や、遺灰が納められています。万感の思いを込め、御霊の平安をお祈りしました。
日本は、世界から信頼されていますと、申し上げました。日本はこれからも、国際協調に基づく、積極的平和主義を貫きます。墓前で、誓いました。

安倍総理はG7の忙しい中、第一次世界大戦の際に地中海にて護衛任務に就いた日本兵の皆様の慰霊と顕彰の為に地中海のマルタへと足を運びました。
わずか4時間という時間でしたが、歴代総理初の事であり、大東亜戦争にて分断した歴史を持つ人間では到底発想も出来ないことです。歴史に責任を負うとはこのことでしょう。
我が国の積み重ねた歴史を忘れない、このことの重要性が分かっていない人はかわいそうなほど薄っぺらい結論しか出せません。
靖国神社を憎み、新しい慰霊場を作ろうとする人には到底わかりようもないことなのかもしれませんね。
産経新聞だけが唯一伝えています。
安倍晋三首相、マルタの日本海軍戦没者墓地で献花
 【タオルミナ(イタリア南部)=杉本康士】安倍晋三首相は27日夜(日本時間28日未明)、訪問先の地中海の島国マルタで、第一次大戦中に死亡した日本人戦没者の墓地で献花し、黙祷(もくとう)をささげた。
 首相はフェイスブックで「万感の思いを込め、御霊(みたま)の平安をお祈りしました。日本は、世界から信頼されていますと、申し上げました。日本はこれからも、国際協調に基づく、積極的平和主義を貫きます。墓前で、誓いました」とつづった。
 旧日本海軍は1917年6月、英国の要請を受けて駆逐艦8隻をマルタに派遣。中東に展開する英軍艦艇など788隻を護送した。ドイツ軍のUボートと35回交戦し、駆逐艦「榊」が魚雷攻撃を受けて大破、艦長ら59人が死亡。旧海軍水兵の遺体は「英国軍墓地」の一角に埋葬されている。

第一次世界大戦での日本と言えばどうしても支那における義和団事件での柴五郎中佐の奮闘が浮かびます。
歴史の教科書にはその事しか書いていないような気がしますね。支那における住民のどう猛さや残虐性が浮き彫りとなり、日本兵の圧倒的な強さが光ります。しかし、地中海での日本兵の活躍もまたすさまじいものです。

三年前の記事です。
「地中海で戦ったこと忘れないで」甦る日本艦隊への評価 地中海の小国マルタ 第一次大戦開戦100年
 地中海に浮かぶ小島マルタで第一次世界大戦中、英国の同盟国として参戦した日本海軍の功績を評価する動きが広がっている。忘れ去られた史実に光を当てようという試みだ。第一次大戦の開戦からちょうど百年となるのに合わせ、現地を訪れて日本人の足跡を探った。(マルタ 内藤泰朗、写真も)

戦利品はUボート
 マルタの港に停泊する日本海軍の艦船。敵から接収した潜水艦Uボートの甲板に並ぶ水兵たち。マルタの首都バレッタにある国立戦争博物館には、そんなモノクロ写真が展示されていた。「1917~19年のマルタにおける日本帝国海軍」と題するコーナーができたのは数年前のことだという。
 英国はドイツとの戦況が悪化する中、日英同盟を結んでいた日本に地中海への艦隊派遣を要請した。17年3月に駆逐艦8隻を派遣し、6月には先遣隊がマルタに到着した。
 英国は当時、同盟国でありながら影響力拡大を図る日本を警戒し、不信感を解いてはいなかった。しかし、博物館にあった解説は、「日本艦隊の艦船数は最大時には17隻に達し、日本の海上支援の意義を否定する英国の見方は今日までになくなった。日本は大戦で重要な役割を果たした」と評価していた。

「誇らしい物語」
 18年春には、ドイツが欧州の西部戦線で大攻勢を開始し、英軍は中東などに展開する部隊を大量輸送する必要が出てきた。日本の艦隊は、788隻の連合国側の輸送船や病院船を護送し兵員70万人を輸送。敵のUボートと35回交戦し、駆逐艦「榊」が魚雷攻撃を受けて大破し、艦長ら59人が死亡するなどの犠牲も出た。
 一方で日本艦隊は、Uボートの攻撃を受けた船から7千人以上を救出。人々に感謝され、戦後はUボート7隻を戦利品として日本まで運んだという。
 「日本艦隊の働きがなければ、英国は苦境に追い込まれていたかもしれない。そうした史実が知られていないのはおかしいと思い、コーナーをつくった。日本が地中海で果たした役割を忘れてはいけない」。国立戦争博物館のデボノ学芸員(35)が強調した。
 第一次大戦に関連する小説を多数出版している英国出身の作家、C・W・ニコル氏は、編集に当たった「日本海軍地中海遠征記」(片岡覚太郎著)で、艦隊の地中海派遣は「日本人だれもが誇らしく思っていい物語だ」と記している。

薄れる存在感
 日本人水兵たちが眠る旧日本海軍戦没者墓地は、バレッタの港を望む小高い丘にある「英国軍墓地」の一角にあった。
 白い慰霊塔には66人の名前が刻まれ、清掃も行き届いていた。第二次大戦の爆撃で破壊されたが、戦後に再建され、今も多くの日本人が訪れるという。昭和天皇も皇太子時代の21年に訪問された。
 第一次大戦で戦勝国となった日本はその後、孤立の道を歩んで米国と衝突。第二次大戦では、かつて共に戦った英国やマルタとたもとを分かち、敵同士となった。
 父親の代から在マルタ日本名誉総領事を務めるミフスッド氏(70)は、墓地や日本ゆかりの場所を案内しながら、マルタで日本の存在感が薄れ、中国が電力エネルギーや港湾分野に投資して急速に影響力を拡大していると明かした。
 「日本と歴史的なつながりがあるマルタに、もう少し足を運んでほしい」。名誉総領事の日本人に向けたメッセージだ。

この戦いにより日英同盟が結ばれ、アメリカは日本を目の上のたん瘤として嫌うようになったと言われています。
第一次世界大戦ではアメリカは何も得るものがありませんでした。存在感を示せなかったのです。
日本は第一次世界大戦にて列強に対して存在感を大いに示し、世界平和へのかじ取りを行っていきました。

その後の歴史は皆さんの知る通り、アメリカは不況となり日本に対する圧力を増やして、日本は資源不足へと陥り、アメリカの経済制裁にて降服するか、戦争するかの究極の二択を迫られるようになります。
歴史はその時の決断の積み重ねです。
しっかりとした歴史認識、2673年の歴史の積み重ねであることを自覚しましょう。
それだけに一つ一つの決断が重くなりますがそれは歴史に対する責任です。
慰霊と顕彰を忘れずに奉っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/06/02 06:00
コメント:

管理者のみに表示