特定亜細亜の意向に従うAFC

hennnakao.jpg
韓国のスポーツ界は腐っているのでしょうね。日本に対してエルボーを喰らわせたサッカー選手に対して韓国メディアは擁護を繰り返しております。
しかも、アジアサッカー連盟は特定亜細亜の意見ばかり採用し、全く中立ではありません。
AFCは喧嘩を吹っかけられ怪我をした日本の選手にも罰金刑を通告しました。
浦和にも罰金、済州選手には6カ月出場停止 ACL乱闘
 5月31日にあったサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦の浦和―済州(韓)で乱闘騒ぎが起きた問題で、アジア・サッカー連盟(AFC)は9日、6カ月の出場停止など、済州3選手に処分を科したと発表した。また、試合後の小競り合いにクラブ関係者が加わったとして、済州に約440万円、浦和に対しても約220万円の罰金処分を科した。
 騒動は、終了間際の反則を巡る小競り合いがきっかけ。試合が終わると両チームの選手、スタッフがピッチ内でもみ合いになった。
 すでに警告2枚で退場処分を受けていながら、試合後に再びピッチに戻って主審を押すなどした済州DF趙容亨が、練習試合を含め6カ月の試合出場停止と罰金(約220万円)という重い処分となった。
 試合中にベンチからピッチに乱入し、浦和MF阿部にひじ打ちをして退場となったDF白棟圭は、3カ月の出場停止と罰金(約165万円)、試合後に浦和選手をたたいたDF権韓真は、AFCの大会での2試合出場停止と罰金(約11万円)の処分を受けた。
 試合は浦和が延長戦の末3―0で勝ち、2戦合計3―2で準々決勝に勝ち上がった。浦和はAFCに対して、意見書を出していた。


実際に動画を見ると韓国選手が日本選手を追い回しているようにしか見えませんね。
何故、この事件で浦和に非があるとAFCは判断したのでしょうか?
どう見ても日本が被害者です。

韓国側の主張はいつもと同じような他人の批判です。
“資格停止6カ月”の厳罰に済州が不服 「退場自体が誤審」と主張しAFCに控訴へ
警告2枚で退場後、浦和との乱闘騒動に加わったチョ・ヨンヒョンが最も重い処分に
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ戦で、前代未聞の蛮行に出た済州ユナイテッド(韓国)と選手に、アジアサッカー連盟(AFC)から厳罰が下された。後半に警告2枚を受けて退場しながら、試合後の乱闘騒ぎで浦和の選手やスタッフに水をかける行為を行ったDFチョ・ヨンヒョンに、最も重い6カ月の資格停止処分が下されたが、韓国メディアは「退場自体が誤審だった」と主審のジャッジにクレーム。済州側が処分の重さに不服を唱え、控訴する方針を固めたと韓国紙「スポーツソウル」が報じている。
 5月31日に行われたACLラウンド16の浦和との第2戦で、済州は数々の暴行を働いた。浦和が延長戦に入り3-0として、2戦合計スコアで1点リードした試合終了間際、両チームの選手が小競り合いを起こしたところで控え選手のDFペク・ドンギュがビブスを着たままピッチに乱入。仲裁に入っていた浦和MF阿部勇樹にジャンピングエルボーを見舞い、前代未聞の退場劇となった。
 さらに試合終了後にも済州の選手やスタッフが暴力行為を働き、浦和DF槙野智章は済州の選手たちに追いかけられながらロッカールームに引き上げた。その際には、DFクォン・ハンジンが浦和スタッフに飛び膝蹴りをして、試合後にもかかわらずレッドカードを提示されている。また、試合中にはチョ・ヨンヒョンが2枚のイエローカードを提示されて退場処分を受けており、合計3選手がレッドカードを受ける事態になっていた。
 世界各国のメディアが韓国チームの蛮行を非難するなか、「スポーツソウル」紙はAFC規律委員会が済州に下した厳罰について詳細を伝えている。
「済州側の主張が参考にされてない」と主張
 最も重い処分を受けるのはチョ・ヨンヒョンで、6カ月間の資格停止と制裁金2万ドル(約220万円)となり、阿部に暴行を働いたペク・ドンギュは3カ月間の資格停止と制裁金1万5000ドル(約165万円)、クォン・ハンジンには2試合出場停止と制裁金1000ドル(約11万円)の処分となる。また、済州に対しては、4万ドル(約440万円)の制裁金が科されると報じていた。
 阿部にジャンピングエルボーを見舞ったペク・ドンギュよりも、チョ・ヨンヒョンの方が重い処分となった理由は、退場後にグラウンドに侵入して主審に抗議したうえに、浦和の選手やスタッフに水をかける行動に出たためだという。
 これに対して済州は、「浦和側の主張がほとんど認められたなか、済州側の主張はほとんど参考にされていないと思われる」とAFCの決定を不服とし、控訴する方針を固めたと、同紙は報じている。
 そのうえで、「(チョ・ヨンヒョンが)ペク・ドンギュよりも処分が厳しいことに釈然としない指摘もある。チョ・ヨンヒョンの退場自体も誤審だった」と驚きの主張を展開。チョ・ヨンヒョンは後半36分に、浦和FW興梠慎三に対する背後からのファウルで2枚目のイエローカードを受けて退場となっていたが、この判定が誤審だったと、突如指摘し始めた。
 AFCによる処罰が明らかとなり、事態は収束の方向に向かうと思われたが、済州側の猛反発によって、この問題はまだ長引きそうだ。

どう見ても日本に非はありません。なのに罰金を科させるというのは納得できません。
喧嘩を吹っかけられた方が悪いという理論でしょうか?そのような理論は何処にもありませんし、通用しません。
非常識です。

世界各国では韓国が非難されています。
「正気を失った」 ACL浦和戦で韓国クラブが晒した醜態、英メディアが一刀両断
 AFCチャンピオンズリーグ16強第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッドで、前代未聞の退場劇と試合後の乱闘騒ぎが起きた。済州の控え選手がピッチに乱入し、浦和の元日本代表MF阿部勇樹にジャンピングエルボーを見舞い、試合後には日本代表DF槙野智章を追いかけ回し、浦和のスタッフに暴行を仕掛けるなどの蛮行を展開。英メディアも韓国クラブのあまりの醜態を見かねた様子で、「正気を失った」と一刀両断している。

済州の蛮行、仏メディアも特記事項として批判 「言い訳の余地もない無様なものだった」
 特集では浦和の華麗な逆転劇をこうレポートする一方、済州の蛮行についてもクローズアップしていた。
「韓国人選手たちのあからさまな状況は特筆する必要がある。すでに醜悪な雰囲気だった済州は2枚のレッドカードを受けた。言い訳の余地もない無様なものだった」


「祝福する相手のハンティングを始めた」
「最後のホイッスルの後、済州からの来訪者のヒューズが焼け切れた。浦和はAFCチャンピオンズリーグの114分に、森脇良太の決勝弾で3-0と勝利したことを祝うなか、韓国人は彼ら勝利者に攻撃を仕掛けた。祝福する相手のハンティングを始めた」
 済州のレッズ選手、スタッフへの暴行を「ハンティング」との言葉で非難している。そして、韓国チームの完全な逆恨みと指摘した。
「済州ユナイテッドのプロ選手たちは、自分たちが“バッドルーザー”であることを証明した。ファーストレグでの2-0勝利のリードを守りきることに失敗した、自分たちを責めるべきだ」
 記事では厳しい論調で、済州の蛮行を批判している。イタリア、ドイツ、イングランド、アメリカという各国メディアが、すでに前代未聞の暴行劇を大々的に報じているが、その波紋は世界に広がっている。


日韓戦の「乱闘事件」、中国でも注目=“暴行”加えた韓国側を「人として負け」と非難、浦和へは「よく我慢した」と称賛
この試合では済州のチョ・ヨンヒョンがラフプレーで2枚目のイエローカードを受けて退場になったほか、試合終了間際には小競り合いに飛び出してきて浦和の阿部勇樹に肘打ちを見舞った控えのペク・ドンギュが、試合終了後に再び起きた混乱ではクォン・スンヒョンが、それぞれレッドカードを提示され、退場処分となった。済州のチョ・スンファン監督は「レッズ側からわれわれを刺激する行為があった」と主張し、「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要」と苦言を呈した。
この騒動はACL参加国の中国でも注目を集め、中国のスポーツメディアのほか、人民網や環球網といった主流メディアも取り上げている。主流メディアでは客観的に事態を伝えるところが多いが、中国のポータルサイト・今日頭条などで発信する多くの自メディア(個人や小規模のメディア)は、「恥ずかしすぎる」「暴力で腹いせ」「済州は試合に負け、人としても負けた」など、済州側を批判する論調が大半を占めている。
また、試合後に浦和の柏木陽介が、うなだれる済州の選手を慰めていたシーンを取り上げ、「どうしてこれほどまでに差が大きいのか。浦和の選手は相手を慰めたのに、済州の選手は狂ったように相手を追い回し殴る」と伝えるところもあった。
中国のネットの論調も、「本当に韓国は負けを認めない国だ」「中国サッカーより恥ずかしいのでは?」「韓国はスポーツでは昔からこう」など、大半が済州側を非難するものだ。また、「日本のホームスタジアムで日本の選手を追い回すとは…本当に恐れ入る」といった声や、「良い。これぞ韓国」と皮肉る声も。このほかにも、「日本のサポーターは優しすぎる。もし中国なら韓国選手を絶対にスタジアムから出さない」といった意見や、「日本の選手の対応は賢明だった」「浦和はよく我慢した」とたたえる声も寄せられている。
なお、この件についてはアジアサッカー連盟(AFC)が調査を行うとしている。

支那ですらこのような論調で話しております。

AFCが浦和に対して罰金刑を処するなら何がいけないかを明確にしてからですね。
日本が挑発したというのであればその証拠を出してもらいましょうか?
一方的に殴られた方が悪いというなら聞く耳を持つ必要はありません。
AFCの釈明を聞いてみたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/06/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示