辻本清美に天罰を

19023528_1371164382964609_1878294798228905378_o.jpg
様々な意見、空論、議論、対立があった譲位に関する法案が可決しました。
様々な対立がありましたね。私としては憲法の上に陛下がいらっしゃる、憲法の枠外に皇室典範があるのが望ましいと思います。
そして憲法には天皇陛下を元首とし、中心となっていただくことを明記したほうが良いと考えております。

今回の法案には付帯決議がついております。
その中に我が国の歴史史上存在しなかった女性宮家を検討するという文言が書かれています。
譲位法案 自民、民進が合意した付帯決議案全文
 一、政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等について、皇族方の御年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに、皇族方の御事情等を踏まえ、全体として整合性が取れるよう検討を行い、その結果を、速やかに国会に報告すること。
 二、一の報告を受けた場合においては、国会は、安定的な皇位継承を確保するための方策について、「立法府の総意」が取りまとめられるよう検討を行うものとすること。
 三、政府は、本法施行に伴い元号を改める場合においては、改元に伴って国民生活に支障が生ずることがないようにするとともに、本法施行に関連するその他の各般の措置の実施に当たっては、広く国民の理解が得られるものとなるよう、万全の配慮を行うこと。
 右決議する。

安定的な皇位継承に女性宮家はなんの寄与もしません。萬世一系の伝統を知らない人は二日本にはいないはずです。
その無駄な作業を行う必要がどこにあるのでしょうか?
女性天皇と女系天皇、女性宮家の問題を混同している人が多いと思います。
女性天皇は問題ありません。天皇から代々受け継がれた歴史があるからです。
しかし、結婚して子供を産んでもその子供は天皇にはなれません。常識です。
それを差別というなら勝手にして下さい。男性はどこまで行っても男性であり女性にはなれません。その逆もしかりです。
それを覆そうとする差別主義者は黙っていてください。

この付帯決議に女性宮家を入れたのは二重国籍率いる民進党と言われています。
何故、民進党はそのような暴挙に出るのでしょうか?
それは民進党が日本国民のために政治をしない政党であるからではないでしょうか?
高槻市でテロリストを匿っている辻元清美がこんなことを言っていたらしいです。
辻元清美氏の反省に疑問 12年の著作に「憲法から天皇に関する規定をはずす」とある 規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか
 「過てば則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(な)かれ」。過ちがあれば、ぐずぐずせずに改めよと孔子は言った。また、「過ちて改めざる、是(こ)れを過ちと謂(い)う」とも戒めている。その意味で、8日の衆院憲法審査会で民進党の辻元清美元国土交通副大臣が、自身の過去の言動について反省を表明したのは潔かった。
 ▼辻元氏は、昭和62年出版の著書で皇室について「ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇とあの一族の気持ち悪さ」などと記していた。これに関して8日の憲法審では、約30年前の学生時代の発言だったと強調した上で、「考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べた。
 ▼人の思想や考え方はうつろいやすいものだし、知識や経験が深まるにつれ、昔の自分を恥ずかしく思うこともごく普通の話である。「憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない」。辻元氏は憲法審でこうも語っていた。
 ▼ただ、一抹の疑問も残る。何も30年もさかのぼらずとも、辻元氏は衆院議員となった後の平成10年出版の著書でもこう書いている。「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」「天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗がある」
 ▼同様に、12年出版の著書にも「憲法第一章の天皇に関する規定、第一条から八条までを削除したらいい」「正確には『天皇制廃止』ではない。憲法から天皇に関する規定をはずす」とある。憲法に規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか。
 ▼孔子はこうも慨嘆している。「自分の過失を認めてわれとわが心に責めることのできる人を、わたしは見たことがない」。たとえどうであれ、小欄は個人の思想と良心の自由を尊重するものだが。

個人としての思想としては言う自由はあります。しかし、、国会議員は公人です。その公人が言うには甚だ不適切としか言いようがありません。
はっきり言って国会議員失格であり、日本人失格です。このようなことを平気で言う人間を誰が国会議員にしたのでしょうか?
このようなばかげた人間を国会議員にしてはいけません。
辻元清美氏の言いぶりは、30年前も現在も聞くに堪えない! 「選良」と思えぬ野党議員の振る舞い
 日本国憲法19条は「思想及び良心の自由」をあまねく保障している。しかし、「選良」と呼ばれ、国家を愛する国会議員のそれとはにわかには信じられない記述を改めて紹介したい。
 民進党の辻元清美衆院議員の著書にこう書かれているという。
 辻元氏が民間国際交流団体「ピースボート」を設立し、政界進出する前の昭和62年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)に、皇室について「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ」と記している。
 さらにスポーツと関連させて「人生訓とか道徳を押しつけたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」とし、「悪の根源」とまで断じているそうだ。8日の衆院憲法審査会で、日本維新の会の足立康史衆院議員が指摘した。
 足立氏は、「天皇制廃止」を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判したが異論は無い。
 これに対し辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた上で、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べ、著書の内容を撤回したという。
 「若気の至り」と言いたいようだが、「ブレない」のが信条でなかったか。
 6月3日にアップした、このコラムに書いたが、期せずして民進党の蓮舫代表もまた「空気を吸うのがつらい」との発言をしていた。この政党の常套句なのか、奇妙な一致と言うべきか-。
 蓮舫氏は5月31日の会合で、学校法人「加計学園」(岡山市)問題をめぐり、安倍晋三首相が理事長との関係を追及されていることを念頭に、「委員会で同じ空気を吸うのがつらい」と発言した。
 さらに蓮舫氏は「これだけ女性がいるとなんて気持ちがいいんでしょうか。それに比べて国会はなんと息苦しいのか」と話した。
 会合の司会は辻元清美元国土交通副大臣だった。「もう、国会うんざりですわ。安倍晋三の顔を見るだけでいやになるというか」と話した上で、「考えられないような政治の私物化。今、アベトモファースト。安倍さんの友達がファーストになっているんではないでしょうか。『アベトモ政治』に終止符を打ちたいと思っている」などと批判していた。これでは30年前の『清美するで!!~』の頃と変わらぬ言いぶりでないか。
 おなじみ民進党の菅直人元首相は加計学園問題をめぐり、「安倍総理は裸の王様」「政権の秘密警察化を阻止しなくてはならない」-と地元(衆院東京18区)向けに製作したビラを配布、各選挙区での利用を呼びかけた。
 菅氏自ら「ちょっとどぎつい」と評する内容で、安倍首相が加計問題で嘘をついており「国民を蔑視している」と批判。菅義偉官房長官に関しても、官邸に集まる情報を利用して「政敵」の前川喜平・前文部科学事務次官への個人攻撃を繰り返していると非難した。 そのうえで自民党を東京都議選で大敗させるべきだと呼びかけているという。
 「国民蔑視」は根拠が不明で、「裸の王様」はご自身も散々呼ばれていたと記憶する。
 5日の参院決算委員会では、民進党の平山佐知子参院議員が、首相の獣医学部新設計画への関与をただしたが、笑止千万だった。
 首相が「私が関与した証拠を見せてほしい」と問うと、平山氏は「友人が学部を新設したいなら、そうなればいいなと私なら思う」と応じ、首相に「そうしたいなということを前提に質問されても困るんですよ…」と一蹴された。
 根拠は自身の「願望」でしかなく、聞いてるこちらが恥ずかしくなった。
 同じ野党の自由党の森裕子参院会長の振る舞いもひどかった。
 森氏は8日、所属する参院農林水産委員会の質疑を中座、加計学園問題を審議していた参院内閣委員会の傍聴席にわざわざ姿を見せ、政府側の答弁にヤジを飛ばした。
 森氏は産経新聞の取材に対し、内閣委で自らが資料を提供した民進党議員が質疑に立つため「内容を確認にいった」と説明し、加計学園問題をめぐり「まともに答えていない政府側の説明は許せなかった」とも語ったそうだが、どうして静粛を守れないのか。私憤がルールをもねじ曲げている。
 こうした愚行が積み重なり、18日に会期末を迎える国会は延長を余儀なくされる。政局が目的化して、国益を見落としている「選良」たちなのだった。

皇室を破壊し、日本を破壊することをもくろむ民進党幹部たち、こいつらに国会議員としての資格を与えてはいけません。
こいつらは日本の敵であり、社会の敵です。テロリストと思想的になんら変わりがありません。

日本の良さは長きにわたり育まれた伝統・文化・相手を思いやす気持ち、力を合わせて乗り越えようとする姿勢だと私は思います。
批判しかできないような人々に任せるわけにはいきません。日本を取り戻しましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/06/16 06:00
コメント:
辻元
どんな理由であれ、日本に住み、日本の恩恵を受けているのなら、
日本人の魂や文化を尊重し、敬意を払うべき。それが人間というもの。

それは、どんな国籍とか関係ない。
ちゃんと敬意を払ってくれる人にはそれなりにこちらも敬意を払う。
それが日本人。

それさえできず、たんに気に入らないからと日本を貶める事しか頭にない
のなら、自分の国で思いっきりやればいい。賛同者もいっぱいいるだろうに。

しかも我々の税金で生活しているのに、その日本国民の象徴を貶める行為は
盗人猛々しい。

通名を使うの止めてください。気持ち悪いから。
日本人を貶めるために、国籍まで変えて、貴方の人生はなんですか。
お気の毒に。そんな邪悪な心では日本を思い通りになんかできませんよ。

管理者のみに表示