戦勝国連合の方から来た差別主義者の傀儡

DA0SoJpV0AAClu_.jpg
最近、戦勝国連合の意思決定が可笑しなことになっています。
何故なら、事務総長が認めているテロ等準備罪や日韓合意に対して反対の意見を言う戦勝国連合の報告者がいるようです。
彼らは日本を貶めれば仕事したことに出来るという事で大いに盛り上がっているようですが、化けの皮がはがれてしまっていますね。
その彼らに対して日本政府も主張をしているようです。
「日本政府がメディアに直接・間接的に圧力」 デービッド・ケイ氏が国連人権理事会で対日報告 日本は強く反論
 【ジュネーブ=原川貴郎】国連人権理事会の「表現の自由」に関する特別報告者、デービッド・ケイ氏は12日午後(日本時間同日夜)、スイス・ジュネーブで開会中の同理事会で日本の状況について報告した。ケイ氏は「特に懸念する」として、
(1)政府当局からのメディアに対する直接的または間接的な圧力
(2)一部の歴史問題に関する限定的な言論空間
(3)安全保障分野に関する情報へのアクセス制限-の3つを挙げた。
 これに対し、日本政府は伊原純一・在ジュネーブ国際機関日本政府代表部大使が、ケイ氏の報告の直後に「わが国の説明や立場に対し、正確な理解のないまま記述されている点があることは遺憾だ」などと英語で強く反論した。
 伊原氏は発言の冒頭、「日本国憲法は表現の自由を保障しており、わが国は言論の自由、報道の自由を最大限尊重している」と強調した。ケイ氏が報道の独立性に懸念を示したことについては「政府が報道機関に対して違法・不当に圧力をかけた事実はない。放送法により放送の停止などを命令したことは一度もなく、圧力に使ったこともない」と訴えた。
 歴史教育をめぐっては、ケイ氏は教科書検定に対する政府の介入があると主張して慰安婦問題に言及し、「第二次大戦中の慰安婦虐待」との表現を用いた。一方、伊原氏は日本の教科書検定制度は「専門的・学術的な調査審議に基づくもので、政府が介入する余地はない」と反論した。
 また、ケイ氏は沖縄における反米軍基地運動について、政府がデモを制限しているとして改善を求めた。伊原氏は「デモを含む表現の自由は最大限保障されている。デモへの不必要・不適切な制限は行われておらず、法執行機関は適切に職務を遂行している」と反論した。

まず、メディアが嘘を言わなければ、捏造記事を流している実態について戦勝国連合は知らなければなりません。
最近では籠池さんが補助金不正受給で訴えられましたよね。それを担いでたのはメディアです。吉田所長の発言を捏造した吉田事件もありましたよね。従軍慰安婦なる虚構を作り出し、貯金がある奴隷という摩訶不思議な状態を調べようとしませんよね。
これだけ嘘偽り、捏造記事を作成しているメディアに対してなんの懲罰も与えていない日本政府、この状態でそのようにして圧力をかけれるのでしょうか?教えてほしいものです。
街頭行動についても規則を守っている人間に対してなんの制限も行っていません。
しかし、不法に道路を占有したり、暴力を振るったり、障害物を使って通行禁止にしたり、勝手に検問して道路を封鎖したり、他人の土地に無許可で潜入して伐採等をしてる暴力集団に対して制限を行うのは治安維持の観点からも必要な行為です。
何故、それが分からないのでしょうか?
政府や一般の人の声を聴かずにある一定の活動家からの声しか聴かない報告者に何が出来るのでしょうか?

沖縄からはこのような声が聞こえてきます。
「沖縄を訪れずにリポートを書く…」在仏ジャーナリストも疑問視 我那覇真子氏らが沖縄シンポジウム、国連人権理事会開催中のジュネーブで
 国連人権理事会が開催されているスイス・ジュネーブで13日夜(日本時間14日未明)、沖縄の真実を伝える活動を続けている沖縄県名護市の専門チャンネルキャスター、我那覇真子氏らが、沖縄の言論状況などをテーマしたシンポジウムを開いた。内外のジャーナリストら約20人が参加し、活発な意見交換が行われた。
 我那覇氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の反対派リーダー、山城博治被告=傷害などの罪で起訴、保釈=が15日に人権理事会で演説することに関し、「被害者のふりをしている人たちが、実際は加害者であるという真実をぜひ知っていただきたい」と述べた。地元メディアの偏向報道で、沖縄の世論がミスリードされているとも説明した。
 パネリストの一人で農園などを経営する依田啓示氏=沖縄県東村在住=は、米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事をめぐる反対派の妨害活動の実態を説明した。反対派が工事妨害するために展開する道路上の「検問」によって、地元住民が平穏な生活を脅かされ、プライバシーなど人権を侵害されていると報告した。
 山城氏とそのグループの過激な言動を説明する資料として、山城氏らが沖縄防衛局職員に暴行する場面や、米軍関係者の車を取り囲み「米軍、死ね」と繰り返し絶叫する場面の動画が上映されると、参加者らは一様に顔をこわばらせた。
 シンポジウムではこのほか、長崎純心大の石井望准教授が、18世紀のフランスの地図など史料を紹介しながら、中国による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権主張に根拠がないことを説明した。
 我那覇氏は、国連人権委員会の特別報告者のデービッド・ケイ氏が、沖縄を訪れることなく、沖縄での反基地運動について報告していたことも報告した。
 質疑応答では、フランス在住のジャーナリストが「沖縄を訪れずにリポートを書き、人権理事会で報告するなんて…。ジャーナリストとしてどう理解してよいか分からない」とケイ氏の姿勢を疑問視した。

結局、活動家の声だけを拾い集めている報告者がいて、その報告者は日本をたたく道具を探しており、その道具を提供している反日団体ヒューマンライツナウがあるという事ですね。
人権、人権と叫ぶ団体は非常に怪しいというのが一般常識になりつつあります。
後ろめたい人間ほど人権、人権と叫び他人の思想を犯している事に気が付かないのでしょうか?
自分の人権さえあれば他人に何しても問題ないとでも思っているのでしょうか?
はっきり言って異常です。日本は世界で差別が少ない国の一つです。古来より差別が非常に少ないと言われています。
身分制度とか言うのがあってもそこに上下はなく、役割分担を行っているというだけでした。
食事に至っては農民の方が贅沢をしていた時期もあり、ヨーロッパのような状態ではなかったのです。
皆が一生懸命働くことに意義を持ち、誇りを持っていたのです。

で、どこに差別があるのでしょうね。
大東亜戦争に負けて拝金主義が広がってきたから差別が生まれてきたと考えれると私は思います。
敗戦利得者、これが日本を捻じ曲げていると私は考えます。
このような状態は何としてもなくしていかないといけません。
戦勝国連合の不当な内政干渉を跳ね返しましょう。
出来ることからコツコツとやるのが良いと思います。
積み立てていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/06/22 06:00
コメント:

管理者のみに表示