国民の生活を守らない左翼たちの声

19149470_1383887461695727_6488242557947201586_n.jpg
もりかかけかよくわかりませんが、安倍政権の足を引っ張り国民の命を守らないパヨクたちの連鎖の声が聞こえてきそうです。
テロ等準備罪が成立しました。
大変喜ばしいことですね。
テロ等準備罪にて国民の安全が少しでも守られるようにしていきたいものですね。
しかし、左翼はテロ等準備罪を共謀罪とレッテルを張り付け反対しております。しかもその反対理由に森友学園や加計学園の問題を絡ませております。何を言っているのでしょうか?籠池さんは補助金不正受給で裁判にかけられました。
獣医学部の問題は圧倒的に足りない人材を育成するために作られます。パヨクの全面降伏といってもよさそうですね。

さて、内閣府の調査が終わったようです。
内閣府調査 「官邸の最高レベルが言っている」伝えた認識なし
山本地方創生担当大臣は閣議のあと、記者団に対し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり内閣府で改めて調査を行った結果、内閣府が「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えた認識はなく、安倍総理大臣からも、そうした指示などはなかったと説明しました。また文部科学省が15日公表した文書などのうち、萩生田官房副長官の関与を指摘するメールを含めて8種類の文書などが確認されたことを明らかにしました。
内閣府は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐって文部科学省が行った追加調査を受けて、職員からヒアリングを行うなどして、改めて調査を行いました。
これについて山本地方創生担当大臣は閣議のあと、記者団に対し、文部科学省が公表した萩生田官房副長官の関与を指摘するメールを含め8種類の文書などが確認されたとする調査結果を明らかにしました。
そのうえで山本大臣は「内閣府から文部科学省に個別の項目や個別のプロジェクトについて『官邸の最高レベルが言っている』とか『総理のご意向』などと伝えた認識はなく、また総理からもそうした指示等はなかった」と述べました。一方、山本大臣は「総理が常々、特区諮問会議等で『スピード感をもって実現すべき』という旨を発言されていることから、事務方が関係省庁との議論を行う際でもこうした発言に言及させていただくことはあったとの報告を受けた」と述べました。そして山本大臣は、記者団から内閣府と文部科学省の受け止めが違うことについて質問されたのに対し、「常々、安倍総理大臣は、『スピード感を持って規制改革を断行するように』と言っているので、その辺を踏まえての発言を文部科学省がどう受け止めたかということだ」と述べました。
また山本大臣は、萩生田官房副長官の関与を指摘するメールについて、作成したのは文部科学省から内閣府に出向してきている職員で、特区の担当ではなかったとしたうえで、「ある意味で隠れて親元に報告していた。『課内で飛び交っている話を聞き、確認しないまま書いた』と話している」と述べました。
さらに山本大臣は、獣医学部の新設を認める際の条件について、「私の判断で『獣医学部は存在しない地域に限る』という原案を示した。文部科学省などとやり取りをする中で、私が『広域的に』という文言を入れようと判断した。萩生田副長官に適宜、報告は行っているが、副長官から、『こうしろ、ああしろ』ということは一切なかったと聞いている」と述べました。
そのうえで山本大臣は、「新しい事実が出てくれば別だが、一応調査は尽くした。この結果を受けて、しっかりとルールにもとづいてやっていることを改めてわれわれは再認識した。いずれにしても、こうした形で国民の疑念を晴らして改革を断行していく」と述べました。

官房長官「役所間では常に激しいやり取り」
菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「安倍総理大臣は、公の場や皆さんの前でも、『しっかり積極的にやってほしい』などの指示をしている。責任者として、方向性が決定したものについては、スピード感を持って行うようにというのは当然の指示だ」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は、内閣府と文部科学省の主張が食い違っていることについて、「役所間では常日頃から、さまざまなことで激しいやり取りがある。そういう中で、法律に基づき、国家・国民のために必要なことをお互いに主張するのは当然だ」と述べました。
一方、菅官房長官は、記者団から、当初、怪文書と指摘したことを撤回すべきではないかと質問されたのに対し、「大臣も副大臣も政務官も知らない文書で、出どころや信ぴょう性がよく分からないため、不可解な文書だと認識した。現在は、今回の追加調査の結果、複数が所在するということなので、当時の状況とは違ってきている」と述べました。

自民・高村副総裁「野党は『げすの勘ぐり』」
自民党の高村副総裁は、党の役員連絡会で、「『加計学園』の獣医学部新設については、岩盤規制に政治主導で穴を開けた立派な決定だったということが本質だ。しっかり説明して、野党の一部にある『げすの勘ぐり』を払拭(ふっしょく)していただきたい」と述べました。

民進 蓮舫代表 高村発言こそ「げすの極み」
民進党の蓮舫代表は党の代議士会で「実質上の国会の閉会日を前に文部科学省や内閣府が調査結果を出したのは『国会では審議をしてもらいたくない』ということであり、立法府が総理大臣官邸の下請け機関になったと言わざるをえない。自民党の高村副総裁が、『行政がゆがめられた』という国民の不信の声を代弁した私たちに対し、『野党の一部にある、げすの勘ぐりを払拭してもらいたい』と発言したが、それこそ『げすの極み』ではないか。行政がゆがめられたかどうかをただしていく努力を引き続き行っていきたい」と述べました。

公明・井上幹事長「衆院で閉会中審査も」
公明党の井上幹事長は、記者会見で「文部科学省の追加調査で、類似の文書や同一の文書があったと確認されたので、それが1つの出発点になる。松野大臣は、文書があったことを踏まえても、なお、『行政がゆがめられた事実は無い』と明確に言っているので、私はそういうふうに受け止めている。必要があれば、衆議院でも、閉会中に予算委員会を開催することも検討していいのではないか」と述べました。

民進・山井国対委員長「国民誰もが信用しない」
民進党の山井国会対策委員長は、記者会見で、「国会の最終日に、逃げ切りのための『見つからない』という結果は、国民をばかにした行為だ。文部科学省の調査結果と食い違っているということは、どちらかがうそをついているということだが、文部科学省が、うそをつく理由はないのではないか。国民の誰もが内閣府の調査結果を信用しない。真相究明をしっかりすべきだ」と述べました。
民進と共産が閉会中審議求める
参議院予算委員会の理事会で、民進党と共産党は学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる文部科学省と内閣府の調査結果が公表されたことを受けて、真相究明が必要だとして、国会の閉会中も委員会で審議を行うよう求め、引き続き与野党の筆頭理事が協議することになりました。

民進党は国民の声を代弁しているわけではなくある特定の既得権益の代弁者に成り下がっております。
獣医師会が玉木や福山などに政治資金を出していたことが判明しております。
私が思うに自治労と民進党などが自作自演を行い、仕事をしたくないといっているだけに過ぎないような気がします。

実際、現場からはこのような声が上がっております。
「公務員獣医師不足」の本質議論されず 「実情を知って」と現場からは切実な訴え
 学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、野党や一部メディアが「公務員獣医師の不足」という本質からかけ離れた議論を展開していることに、同学部を誘致してきた愛媛県では畜産関係者らがいらだちを募らせている。獣医師不足の解消を望む現場からは「実情を知ってほしい」との切実な声が上がっている。
 「鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫が複数の農場で発生したら、現状での対応は厳しい」。愛媛県畜産課の担当者は深刻な表情で語る。
 同県によると、県に所属する獣医師は16日現在で109人。公務員獣医師を毎年募集しているが定員割れは珍しくなく、平成20~29年度では計47人の募集に採用は40人。29年度に限ると8人の募集定員までいかず、採用は5人だった
 県は獣医師確保に向け、獣医学部のある大学への勧誘などに取り組んでいる。だが、同課の担当者は「獣医師不足は全国的な問題だ。公務員獣医師を目指す少ない希望者の奪い合いになっている」と漏らす。
 約550頭の牛や豚の飼育をする県畜産研究センターで働く獣医師は、ブランド牛「愛媛あかね和牛」の品種改良や繁殖に向けた研究開発などを行っている。獣医師の数は、10年前は10人いたが、昨年からは4人になった。
 二宮幸誠センター長は「家畜の防疫処置などを考えると、4人は最低ラインだ」と説明する。その上で「獣医師不足の解決策が獣医学部の新設なのだが、国会では誰が関与したかの手続き論に終始していることは疑問だ」と指摘する。
 家畜の伝染病予防などに取り組む県中予家畜保健衛生所の担当者は「鳥インフルエンザは人への健康被害も懸念される。予防や発生したときに封じ込むのが獣医師の仕事だ」と強調し、「私たちは縁の下の力持ち。その業務を担う獣医師が足りていないことを理解してほしい」と訴える。(今仲信博、写真も)

民進党は本当に人の命を、働いている人を守らない政党ですね。
本来、この件を持ってきたのは民進党の人間です。誘致まで動いていたのも民進党です。そしてほぼ確定していたのにつぶそうとしていたのも民進党です。
安倍総理を日本を破壊したいといってこのようにまじめに働いている人を絶ぼさせようとするのが民進党です。
メディアも同罪です。公文書ではなく怪文書であり、本当に言っていても法律違反にならないことをグダグダと時間をとってわめいているメディアたち、いったいそのような暇が何処にあるのでしょうか?
いい加減にしてもらいたいものです。

民進党のやるべきことはまず自らの党首である二重国籍に対して戸籍謄本を公表することからです。
できないなら何もしないでいただきます。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/06/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示