本当に大丈夫なのか?大韓民国

a6a8669c-s.jpg
日韓関係があまりよろしくありませんね。
日本としてはあれだけ譲歩していたにも関わらず韓国が一方的に糾弾してくる様をみると非常に腹が立ちます。
しかもただし知識はなく、大抵日本のパヨクたちが捏造した情報を信じて日本を糾弾しています。
何がやりたいのでしょうか?非常に不思議です。

さて、日本と韓国の仲を裂こうとする人が居るそうです。
それを特定亜細亜に近い政治家二階が韓国政府に忠告しました。
「悪巧みする連中は撲滅を」 安倍首相特使の発言が物議
日本の安倍晋三首相の特使として10日に来韓した二階俊博・自民党幹事長が「(韓日関係に関して)悪巧みをする連中は、見つけたら撲滅するように」と発言した。
 二階氏はこの日、来韓直後に全羅南道木浦市に移動し、金大中(キム・デジュン)ノーベル平和賞記念館で韓国の国会議員らと会い「両国を遠い位置に持っていこうとする勢力が韓国にも日本にも少数だが存在している。韓国にも一握りだけでもいるかもしれないが、見つけたら撲滅してほしい」と述べた。二階氏はまた「両国がお互い友情を持ってずっと仲良くやろうと考えている人々のほうが何倍も多い。自信を持って(両国関係に対する)認識を新たにしてもらいたい」と述べた。
 二階氏が言及した「悪巧みをする連中」とは、旧日本軍慰安婦問題をめぐる韓日合意の再交渉を主張する人々を指すものと思われる。朝日新聞は「二階氏は日韓友好を訴える文脈で語ったが、慰安婦問題などの懸案を両国が抱えているだけに、発言が波紋を呼ぶ可能性がある」と書いた。二階氏は12日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会い、安倍首相の親書を手渡す予定だ。
 二階氏は11日、木浦市の児童養護施設「共生院」を訪問した。共生院は、日本植民地時代に朝鮮総督府官吏の娘として木浦に入り、同院の設立者である尹致浩(ユン・チホ)氏(1909-52)と結婚して韓国に定住した尹鶴子(ユン・ハクチャ、日本名:田内千鶴子)さん(1912-68)が、韓国人の孤児3000人を育てた施設として知られる。

この二国間を離そうとしている人々はどんな人なのでしょうか?
日本と韓国が不仲になれば得をする勢力は特定亜細亜の二国でしょうね、中共と北朝鮮です。
北朝鮮と韓国は元は同じ国、大東亜戦争にてソ連とアメリカの両国に分割統治された国です。
日本が戦争に負けなければこんなことにはならなかったはずですが負けてしまったことは申し訳ないと思います。
しかし、かと言って分断されたのは日本の責任ではありません。恨むべき理由が違いすぎます。

さて、韓国にもオリンピックを共同開催しようと発言する親北の人間がいます。
その人間もまた日本のパヨクたちの主張を情報源にしている偏った考えの持ち主のようです。
福島第1原発事故死者数の韓国大統領は「事実誤認」 日本政府、韓国側に申し入れ
 日本政府は、韓国の文(ムン)在(ジェ)寅(イン)大統領が東京電力福島第1原発事故の死者数を「計1368人」などと発言したことに関して、事実の誤認があるとして、東京にある韓国大使館などに「正しい理解に基づかず、極めて残念だ」と申し入れた。外務省関係者が27日、明らかにした。
 文氏は19日の脱原発を宣言した演説の中で東日本大震災に言及し「福島原発事故により2016年3月現在、計1368人が死亡した。放射能の影響による死者やがん患者の数は把握すら不可能な状況だ」と発言した。
 政府の韓国側への申し入れは22、23両日。東京とソウルで行った。

放射線で亡くなった方は一人もおりません。津波でさらわれた方はおります。それがすべてだと思います。
第一福島原発の復興はメディアの取材はともかく着実に前に進んでいる事を知らないのでしょうか?
福島第1、敷地の95%で全面マスク不要 廃炉作業の環境改善
 2011年に事故を起こした福島県の東京電力福島第1原子力発電所で廃炉作業の環境が改善している。東電は21日、発電所内の一部を報道陣に公開した。除染が進んだことなどで、顔全体を覆う全面マスクなど特別な装備を着用せず、一般的な服で立ち入れる地域が発電所の敷地の95%まで広がった。
 原子炉建屋から約200メートル離れた海岸沿いで視察用のバスを降りると、東電職員は「今春まではここも一般服では来られなかった」と説明した。草木を伐採したり地表を舗装したりしたことで、放射性物質を含む土などが舞い上がるリスクが大幅に下がった。
 事故直後は所内全域で全面マスクが必須だったが、不要な地域は13年5月時点で30%、14年5月で65%と広がっていた。東電は「発電所の周辺に汚染物質が拡散する可能性の低下にもつながる」と説明する。
 一方、安全問題の根本解決に欠かせない核燃料の除去はこれから本格化する。原子炉内部で溶け落ちた燃料(デブリ)の状態はなお把握できておらず、ロボットなどによる調査が続く。1、2号機に続いて3号機の調査も近く始まり、東芝などが開発した水中を泳げるロボット「ミニマンボウ」が投入される予定だ。

これだから認識の低い人が上に立つのは止めた方が良いと思うのです。
皆が一生懸命活躍しているのにそれを揶揄し、時には否定する、しかしその理論は破たんしており妄想のみで現実を見ていないともいえるでしょう。

「慰安婦=性奴隷」説がはっきりと捏造であることが決定しました。
慰安婦著書「捏造」 著者の中央大名誉教授の敗訴確定
 慰安婦に関する著書を「捏造(ねつぞう)」と言われ、名誉を傷つけられたとして中央大の吉見義明名誉教授が桜内文城元衆院議員に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は、吉見氏の上告を退ける決定をした。6月29日付。請求を認めなかった東京高裁判決が確定した。
 確定判決によると、桜内氏は平成25年5月、日本外国特派員協会で開かれた橋下徹前大阪市長の記者会見に同席。吉見氏の著書が話題になった際「既に捏造であるということがいろんな証拠によって明らかとされている」と発言した。
 1審東京地裁判決は「発言は意見表明にとどまる」と判断。東京高裁は「吉見氏の著書が捏造だと述べた発言と認定できない」とし、いずれも吉見氏敗訴とした。

慰安婦と言う人たちが居たことは事実です。それは否定しません。しかし軍隊に強制された従軍慰安婦という存在はありえません。それを捏造と言うなら言えばいいのです。しかし、歴史の事実を捻じ曲げることはしてはいけません。

韓国の内政、外政、様々な困難があるでしょう。
日本を巻き込まないで頂きたいものです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/07/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示