安倍総理を支える麻生太郎

麻生太郎
先日、麻生さんが始めた秋葉原での街頭演説にて、左翼の活動家がマスコミと共謀して行われた抗議活動
通常、公職選挙法では街頭演説を妨げてはならないとされており、反対活動や騒音による妨害などは慎むようにとの法律があり、実際にうるさいからと言って妨害した人が逮捕されている事件は少なくありません。
しかし、マスコミと共謀したしばき隊などの反日左翼活動家は法律を守らずに妨害活動、その抗議として安倍総理が『このような人々』と言われましたね。まるで失語を誘導する民進党のような妨害方法です。
この妨害に対してメディアの中からも常識的な話を出す人がちらほら出てきました。
宇治原史規 安倍晋三首相の「こんな人たち」発言報道に「フェアじゃない」
4日放送の「ちちんぷいぷい」(毎日放送)で、ロザンの宇治原史規(うじはら・ふみのり)が、安倍晋三首相の発言を取り上げた「こんな人たち」報道に苦言を呈した。
番組では、賛否両論を巻き起こした安倍首相の発言を取り上げた。2日の東京都議会議員選挙最終日、秋葉原で演説に立った安倍首相には、聴衆から「辞めろ」「帰れ」コールが浴びせられた。こうした声に対して、安倍首相は「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかない」と応戦したのだ。
安倍首相の当該発言について、菅義偉官房長官は記者会見の席で「まったく(問題)あるとは思いません」「総理は極めて常識的な発言じゃないですか」とコメントしている。
一連の騒動に対して、宇治原は「安倍さんの『こんな人たちには負けるわけにはいかない』というところを切り取って、自分を非難する人たちを『こんな人たち』と呼んでいるという報道がよくなされている」と指摘する。
宇治原は、安倍首相を好きでも嫌いでもない、フラットな見方からの意見として、「(安倍首相の発言は)演説を聞かずに、妨害をするという人たちには『負けるわけにはいかない』という文脈だったと思うんですね」と、発言までの流れを推測。加えて、「総理大臣が、自分に反対する人たちを『こんな人たち』って呼んだよ」という報道に対し、宇治原は「あまりフェアじゃないと思う」と主張した。

どのように見てもマスコミはフェアじゃありませんね。
あの街頭演説を見ていても、遠目からの見ても少数の妨害者が騒いでいたにすぎません。
19702333_670282203161871_4959932906309240200_n.jpg
しかも動員された人間は半数近くが日本国籍を持っていないもしくは一度は逮捕された人間だったと聞きます。
どこまで正しいかわかりませんが、民進党が連れてきた籠池さんが素直に中に入れたことや、マスコミが事前に場所を確保してニュースのネタ作りをしていたのであれば、あれはマスコミの捏造ってことになりますし、都民でもない人間による自作自演を報道したにすぎません。このような報道に対して罰則を加えれるような法律が必要ではないでしょうか?
過去に椿事件というものがありました。それと全く同じことが繰り返されているということです。

さて、安倍総理のことは置いて於いて、先日最大派閥となりえる「志公会」が創設されました。
その中で麻生さんは安倍総理を支えると発表しました。
麻生太郎会長「安倍政権を力強く支えていく」 新派閥「志公会」設立記者会見詳報
 自民党の麻生派や山東派などが合流した新派閥「志公会」が3日、正式に発足し、都内のホテルで記者会見を開いた。会長に就任した麻生太郎副総理兼財務相は「安倍(晋三)政権を力強く支えていく」と述べ、派閥として安倍政権支持の姿勢を強く打ち出した。記者会見の詳報は次の通り。

 麻生太郎会長「本日、新しい政策集団として『志公会』を立ち上げる。名称については真言宗高野山、東山大僧正からお話をいただき、志を高く持たねばならないという話もあった。
 国会議員として議員になるのはただの手段であって、自分の立てた志を果たすために議員になっているわけなので、志を高く持たねばならない。志の在り方としては、基本的にどの方向に志を持つのかは個々人の話だが、公というものをきちんと腹に収めてやってもらいたいという思いもあったので志公会という名前にした次第だ。
 新たな政策集団を立ち上げる趣旨については、過日の5月15日の合意文書に書いているし、あのときも話したので重ねて申し上げるつもりはない。とにかく数を拡張する、数合わせ等々に興味があるのではないということも過日説明した通りだ。
 われわれは今、安倍政権を力強く支えていくことが国益につながっていくと、そう思っている。ここにいるほとんどの者は今から約5年前、自民党の総裁選にあたって、マスコミでは3番目といわれた安倍晋三を抱えて1番にした。あのときの主力メンバーが今ここにいるメンバーでもある。
 高村(正彦)先生、甘利(明)先生等々、多くのメンバーが当時から一緒にやってきた仲間だ。新しく政策集団として立ち上げたが、今の安倍政権をど真ん中で支えていくということには一点の乱れもない。
 今、都議選等々いろいろな話が昨日の選挙の結果としていわれているが、私どもは少なくとも国政の中において引き続き安倍政権をきっちり支えていく。その真ん中で頑張っていく。その決意を新たにしている」
 山東昭子会長代行「いよいよ新しい政策集団が誕生したわけだが、今国民が政治家に求めているものは何だろうか。一番はやはり信頼であると思っている。
 4月の時点で1億2693万人といわれている日本の人口。その中で国会議員は選ばれた722人。であるからこそ、やはり国会議員としての一挙手一投足が本当に重要になってくる。
 ときには、せっかく多くの皆さん方の協力によって築き上げた自民党政権を揺るがせるようなことにもつながりかねない。
 たった一人の政治家の重みは、一人一人がきちんと考え、行動するということ。これが一番大切ではないかと思っている。そんなことで新たな政策集団、あらためて国民のために、国益を考えながら政策立案に全力を尽くしていきたい」
 佐藤勉会長代理「私ども昨年来、麻生先生、そしていろいろ紆余曲折あったが谷垣(禎一)先生のもとでのいろいろな情報等々を鑑みて合流にこぎつけた。
 私は当然、吸収合併という思いをしていたら、麻生会長が、派閥をつくった上で合流をするというご意思だった。少ない私どもを一つの派閥として認め、合流というのはこの政界長くあっても今回が初めてだという思いに非常に共感をする。二大政党制がなかなかうまくいかなくなった中で、私どもの派閥がどういう役割を果たすかが非常に重要ではないか。
 いろいろな場面で、間違いなくこの集団が力を発揮するという思いの中で麻生会長、山東先生を中心とするこの会でしっかりと私ども、頑張っていかなければいけないとこの集団に参加した。
 若輩の私を集団に組み入れていただいた皆さま方に心から感謝を申し上げ、その恩に報いるためにも、この集団をきらりと光る集団にしたい」
 --都議選の結果、自民は厳しい状況にある。今だからこそ志公会が取って代わって自民党を引っ張っていくという考えは
 麻生氏「取って代わっての定義は?」
 --今後、内閣改造・党役員人事を見据えて政権の中枢として引っ張っていこうと
 麻生氏「今でも政権の中枢にあるのが、ここにいるメンバーのほとんどだという自覚はある。5年前に初めて安倍内閣ができるというのを予想したときは、おたくの新聞(朝日新聞)では確か安倍は3着だったよな? 君が書いたのではないかもしれないが、そう書いてあったろ? 結果的には1着になった。その1着を支えたのはここにいる60人が支えてきたと。俺たちはそう思っている。
 だから今でもど真ん中。これからもど真ん中。新しい派閥ができたから変わるというわけではない」
 --都議選の結果をどう受け止めているか
 麻生氏「国会議員の発言が地方選挙に大きな影響を与えたことは間違いない事実であって、それは謙虚に反省せにゃいかんし、受け止めなければいけないということははっきりしているのでは。
 明らかに国会議員の影響で都議会議員が被害ということにもなろうかと思う。それは事実だから、端的に自分で反省すべきところは反省すべきであって。気の緩みとかいろいろな表現もあると思うが、やっぱり5年前、当時野党で安倍総裁を生んだあの時代と比べ、5年近くたっているが気分的な緩みがあるのではないか等々、真摯に受け止めるということはみんなよく使う。真摯という言葉がどういう意味で使っているのかよく分からんところがないわけではないが、私どもはそういった点は率直に認めた上できちんとした今後の対応をしていかなければいけない」
 山東氏「安倍首相はやはり高い支持率に守られてきた。答弁不足、答弁に納得ができないという世論の、いわゆる森をちょっとよく見なかったのではないか。その結果がこの選挙に表れているという気がする。本当に原点に返って、しっかりと自民党が立ち直っていかなければいけない」
 佐藤氏「結果は謙虚に受け止めなければいけないと思う。少なくとも国対で長く仕事をしてきた者としては、こういう会を通じて後輩の指導育成をしっかりとやっていくということをやらなければ、なかなかああいう発言等々収まっていかないのでは。
 言論を封じるということではなくて礼儀をしっかりと持っていただく。そして国会議員としての矜持をしっかりと持っていただくという教育の場を、私どもがしっかりと担っていくということではないかと思っている」
 --大宏池会構想という話もあって、岸田派との連携や合流は
 麻生氏「大宏池会の定義って? 大宏池会って、宏池会知らないだろ、基本的に? その若さだと。よほど勉強していない限り知っているはずないから。大宏池会の定義は?」
 --昔分かれた河野グループや谷垣グループなど、そういう勢力がもう一度結集するという…。今回ちょっと枠組みは違うかもしれないが、岸田派との合流はどう考えているか
 麻生氏「大宏池会というのではなくて、この派閥と岸田派が合併するかしないかと聞いた方がわかりやすいやね。大宏池会という誰かが使っているようなことをいい加減に使わない方がいいよ。知らないんだからね。知らないことは知らないと謙虚に反省してだな。
 岸田(文雄)さんのところがどうされるかについては、私どもとして今、岸田さんがどう考えているかはよく分からないので何ともお答えのしようがない。ただ現在、岸田さんと直接合併の話をしているということはない」
 --昨晩、安倍首相と菅(義偉)官房長官、麻生氏、甘利氏で会食したようだが、新派閥について総理と長官から何か言葉はあったか。安倍政権を支えていくというが、具体的にどういう政策で支えていくのか
 麻生氏「派閥立ち上げにあたっては『期待しているからね』と励ましてもらった。それ以外にはない。
 2つ目は、ど真ん中で支えるというのは政権が安定したが故にわれわれはこれまでの経済政策をこれだけうまくやれた。これは世界が認めている。(質問者の)産経新聞はどうか知らないけど。資産デフレーションによる不況からの脱却にわれわれは主眼を置いてやってきて、それがこれだけうまく成功できたのは経済政策に継続性が持たせられた(からだ)。
 すなわち経済政策を安定して続けることができたということは政権が安定したから。それに尽きる。政権の安定以上に経済政策に貢献した政策はなかったといってもいいくらいだ。
 基本として今、政権の真ん中にあってきちんとした経済政策を引き続き継続させていくことで国民生活のより安定、より繁栄というものをやっていくということだと理解してもらえればいい」


あのどん底だった時に頑張った谷垣さん、東日本大震災の時に一人で被災者支援を行った安倍さん、今回の九州の豪雨で人知れず連絡体制を作り被災地支援を行っている麻生さん、様々な人がおります。
その人々は日本を護るために様々なことをしております。
確かに賛同できない政策もあります。官僚が邪魔する場合もあり、今回の獣医学部創設は文科省の反乱と言ってもよいでしょう。
しかし、憲法改正→自主憲法制定を行わなければ日本はこの先立ち行かなくなります。
何としても私たちも安倍総理を支えていきましょう。
安倍総理ではなくてもその心の中に日本を持っている人を選んで支援・支持していきましょう。
それが日本を取り戻すことの意味だと私は思います。
精一杯、応援できる、応援したい人を支えて行きましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/07/12 06:00
コメント:
No title
麻生氏は女性宮家賛成派のようです。
安易に応援してはいけない気がします。

管理者のみに表示